Facebook Twitter RSS
GoogleAdWordsで地域設定するなら知っておきたいキャンペーンのタイプ「すべての機能」

GoogleAdWordsで地域設定するなら知っておきたいキャンペーンのタイプ「すべての機能」

facebook twitter hatena Pocket

areappc

PPC広告を運用する上ではかかせない「ターゲット地域の設定」ですが、GoogleAdWordsで地域指定をして広告を出している方には是非知っておいて欲しいキャンペーンの機能があります。

それがキャンペーンタイプ「すべての機能」。これを設定しているかいないかで、文字通り重要な機能が制限されてしまっているので要注意です。

まずは設定を変更して、すべての機能を開放!!

新規のキャンペーンタイプで設定する方法

ppc140217_1

既存のキャンペーンタイプを変更する方法

ppc140217_2

キャンペーンタイプを「すべての機能」に変更すると、地域設定欄に「ターゲット地域の詳細設定」という項目が追加されます。

ppc140217_3

「すべての機能」でより細かな地域設定が可能に

細かな地域設定が可能といっても、番地まで指定できるとかそういうことではありません。ユーザーの地域判定の方法をこの3つの中から選べる

  • ターゲット地域にいるユーザー
  • ターゲット地域に関する情報を検索、閲覧しているユーザー
  • ターゲット地域にいるユーザーと、ターゲット地域に関する情報を検索、閲覧しているユーザー
  • それぞれどういったものか、ターゲット地域を”愛知県”、広告キーワードを”ホームページ制作 名古屋”とした場合を例として説明します。

    ターゲット地域にいるユーザー

    そのユーザーのIPや、スマホであればGPSがとらえた所在地などから判別し、設定した地域のユーザーへ広告を配信します。

    愛知県在住の方が「ホームページ制作 名古屋」と検索した場合には広告が表示されますが、大阪に住んでいる方が「ホームページ制作 名古屋」と検索しても広告は表示されません。

    ターゲット地域に関する情報を検索、閲覧しているユーザー

    こちらはその逆で、名古屋に住んでいる方が「ホームページ制作 名古屋」と検索しても広告は表示されませんが、大阪の方が「ホームページ制作 名古屋」と検索すれば、そのユーザーに対して広告が配信される設定です。

    そのユーザーの検索ワードや過去のインターネット利用履歴などから、名古屋に興味を持っているのかどうかを判断して広告が配信されるのです。

    ターゲット地域にいるユーザーと、ターゲット地域に関する情報を検索、閲覧しているユーザー

    そして最後は両方を併せ持つ設定です。一番ターゲットとなるユーザーが多くなる方法で、デフォルトではこの方法が選ばれています。

    具体的にどんなビジネス形態に活かせるのか

    まず「ターゲット地域にいるユーザー」ですが、例えばデリバリーピザの広告はこの設定がいいでしょう。配達地域外にいるユーザーから注文が入っても対応できませんからね。

    そして「ターゲット地域に関する情報を検索、閲覧しているユーザー」の設定を活かせるのが旅行会社。沖縄へのツアーであったとしたら、現地の人やその周辺地域の人が興味を持つことはないでしょうし、沖縄に興味のある人に広告を出せればコンバージョンにかなり繋がりそうですよね。

    最後に、北海道のレストランであれば両方の広告が活かせます。地元の人へも、北海道への旅行を企画している人へも広告は有効です。

    このように業種や職種によっては、かなりの効果が出てくるので設定がデフォルトのままの方は是非一度確認してみてください。

    「すべての機能」はそれだけじゃない

    ターゲット地域の設定だけに的を絞って話を進めてきましたが、キャンペーンの機能制限を取っ払って出来る事は、これだけではありません。

    一歩進んだPPC広告運用をするためには必須な機能ばかりです。詳しくはAdWordsのヘルプサイトに載っていますので是非確認して、活かしてください。

    https://support.google.com/adwords/answer/2567043?hl=ja

    facebook twitter hatena Pocket
    前のページ
    次のページ
    ページトップ