Facebook Twitter RSS
コンバージョンボタンの位置を変えただけでクリック率が7%から10%まで大幅に改善した事例のご紹介

コンバージョンボタンの位置を変えただけでクリック率が7%から10%まで大幅に改善した事例のご紹介

この記事のタイトルとURLをコピーする
コンバージョンボタンの位置を変えただけでクリック率が7%から10%まで大幅に改善した事例のご紹介
https://webkikaku.co.jp/blog/improvement/test-cv-button-position/
facebook twitter hatena Pocket

今回は弊社で実際に行ったホームページ改善事例のご紹介です。

ランディングページのような長いページの場合、定石として「コンバージョンボタン(以下CVボタン)は複数個設置したほうが良い」といったことを耳にしたことがある方も多いと思います。実際に試してみるとコンバージョン数が変わってくるので、CVボタンの複数設置はとても大切ですが、最近ある疑問を抱えました。

「複数設置するCVボタンも、設置する場所を変えることでクリック率が変わってくるのかどうか」

これまではコンテンツの切れ目に何気なくCVボタンを設置することが多かったのですが、もしボタンの位置を変えるだけで、CVボタンのクリック率が変わってきたら?そう思い、早速弊社サイトでテストをしてみましたので、今回はその改善の様子をお伝えします。

今回テストを行ったサイト

俺たち株の初心者!天才株式投資家の厳しいけど為になる知識

今回実験を行ったサイトは「俺たち株の初心者!天才株式投資家の厳しいけど為になる知識」というサイト内にある

人気のSBI証券!特徴から口座開設方法まで徹底紹介します
http://orekabu.jp/sbi-securities/

というエントリー。ランディングページではありませんが、全長約18000ピクセルもあります。ランディングページというよりも記事広告に近いでしょうか。読み物的な要素もありますので、あまりCVボタンが多すぎても良くないのではないか…と仮説を立て、CVボタンをエントリー内の2箇所に設置することにしました。

実験を行った設置箇所は全部で5箇所。この中から最適な2箇所を探します。

CVボタンを配置したテスト箇所

  • ①目次の上部
  • ②小見出し→1,最強の株式売買ツール!SBI証券のHYPER SBI
  • ③小見出し→5,NISA口座を持つならSBI証券!一部手数料が無料の小見出し
  • ④証券会社開設の箇所
  • ⑤記事下の箇所

↓記事全体像
実験した記事全体像

テスト内容・結果(数値)

1,初期状態

初期状態

計測期間:9/12-9/15
CVボタン設置箇所:④、⑤
クリック率:7%(④…5%、⑤…2%)

初期状態では、「ユーザーが全て記事を読了してくれる」という前提で、最もオーソドックスな記事の深い位置にCVボタンを用意していました。初期状態では7%のクリック率でしたが、これを基準として色々と試してみます。

2,ページ上部にもCVボタンを設置

ページ上部にもCVボタンを設置

計測期間:9/26-9/30
CVボタン設置箇所:②、④
クリック率:8.83%(②…4.77%、④…4.05%)

まず最初に行ったテストは、ページ下部に2つのCVボタンがあるよりも、読了しなかったユーザーのためにページ上部にもCVボタンがあるほうが良いのではないか、という仮説に基づき②の箇所にCVボタンを変更してみました。

結果は約2%近くクリック率が上昇しました。たった1度、CVボタンの位置を変えてみただけでも大きく数字が変わることがこの時点でわかりましたので、さらに様々なテストをすることが決まりました。

3,思い切ってページ上部のみにCVボタンを設置

思い切ってページ上部のみにCVボタンを設置

計測期間:10/4-10/7
CVボタン設置箇所:①、②
クリック率:9.03%(①…7.87%、②…1.16%)

ページ上部に設置したCVボタンのクリック率が良いのかもしれない、という仮説を今度は新たに立てました。そこで思い切って「ページ上部のみにCVボタンを設置してみたらどう変化するのか」というテストを行いました。

結果としては8.83%から9.03%にクリック率が改善されました。これは意外な結果です。記事を読了してくれたユーザーが基本的にクリックをするものだと考えていましたが、詳細を見ずにCVボタンをクリックするユーザーのほうが多いことがわかりました。

ただ、このテストで気になったのが、①の箇所のクリック率は目を見張るものがありますが、逆に前回のテストではクリック率の良かった②の位置のクリック率が大幅に悪くなっています。この状態は初期のCVボタンの配置と似ていて、初期状態ではページ下部の2箇所近くにCVボタンを配置していました。

4,ページ最上部は固定、最適な2箇所目を探す

ページ最上部は固定、最適な2箇所目を探す

計測期間:10/17-10/21
CVボタン設置箇所:①、④
クリック率:9.6.%(①…6.5%、④…3.1%)

前回のテスト結果を受けて我々は新たに「ページの位置によりユーザーのニーズは変化しており、近い位置にCVボタンを設置しても、あまり効果的ではない」という仮説を立てました。

そこで圧倒的にクリック率の高かった①を固定しつつ、最適な二箇所目を探してみます。まずは初心に返りページの下部にCVボタンを移動。すると、これまでで最高の数字である9.6%という結果に。どうやら仮説は正しかったことが証明されました。

5,ページ中部は悪化

ページ中部は悪化

計測期間:10/25-10/28
CVボタン設置箇所:①、③
クリック率:7.4%(①…6.26%、③…1.11%)

前回のテストが良かったのですが、もう少しテストを続行してみることにしました。次はページ下部ではなく中部に設置してみたらどうなるのか、というテストです。結果は前回よりも2.2%もクリック率が悪化しました。

まとめ

今回のテストの結果は、ページ上部とページ下部の2箇所にCVボタンを設置することが最も良い結果となりました。ただ、内容からお分かりいただける通り、ユーザーにはページ内容に添った温度感があり、その温度感に対して適切な位置にCVボタンを設置することが重要です。

今回ご紹介したページでも引き続き様々なテストを続行しています。大切なのは一度完成したページを完璧と思うこと無く、テストを繰り返し最善を探し出すことです。一つの改善では少しの成果になりがちのため、なかなかタスクの優先度として低くなりがちではありますが、つもり重なれば大きな成果に繋がることもあります。

この記事をきっかけの一つとして、なかなか改善が出来ていないという企業の方が、成果への一歩を踏み出すことになれば幸いです。

この記事のタイトルとURLをコピーする
コンバージョンボタンの位置を変えただけでクリック率が7%から10%まで大幅に改善した事例のご紹介
https://webkikaku.co.jp/blog/improvement/test-cv-button-position/
facebook twitter hatena Pocket

東京・名古屋を中心に、中小企業に特化したホームページ制作会社。マーケットやビジネスモデルに合わせ一社一社に合わせたウェブ制作・リニューアルのご提案しています。
1000サイト以上のウェブマーケティング支援で獲得したノウハウで、リニューアル後に過去最高の成果を生み出したお取引先は多数。勘ではなくロジックに基づいたホームページ制作と柔軟な対応力で多数のお客様にご評価頂いております。

どのようなお悩みでも構いません。ホームページを有効的に活用できていないと考えているご担当者の方、まずは一度弊社にご相談くださいませ。

ご提案依頼・ご相談はこちら
公式facebook、twitterから情報を受けとる
いいね!する フォローする
前のページ
次のページ
人気の記事

まだデータがありません。

ホームページ制作 リスティング広告
ページトップ