Facebook Twitter RSS
さくらインターネットのサーバーで運営しているサイトがAdwordsの審査で403と通知された際の対処法

さくらインターネットのサーバーで運営しているサイトがAdwordsの審査で403と通知された際の対処法

この記事のタイトルとURLをコピーする
さくらインターネットのサーバーで運営しているサイトがAdwordsの審査で403と通知された際の対処法
https://webkikaku.co.jp/blog/ppc/adwords403/
facebook twitter hatena Pocket

images2

先日、Adwordsへ出稿した広告が、不承認となってしまいました。

不承認の理由は「リンク先URLで無効なHTTP応答コードが返される」というもの。しかし入力したリンク先URLにも問題はないし、サイトも正常に見ることが出来る。訳が分からずAdwordsに確認すると、403エラーが出ておりサイトを閲覧することが出来ないとのこと。

とは言われたものの、実際に自分のPCではサイトを確認出来るのに、何故かAdwordsからはサイトが閲覧出来ないってどういう事?アクセス制限をした覚えもありませんし、サーバーの設定を見直してみても特に制限をかけていることはありませんでした。

エラー状況が自分では確認できないという手探りな状況で解決策を探すこと小一時間、やっと原因がわかりました!

さくらサーバーが勝手にアクセス制限していた!

該当サイトは、さくらインターネットのレンタルサーバーで運営しているのですが、ここに問題がありました。

関連:レンタルサーバサービスのセキュリティ強化
http://www.sakura.ad.jp/news/sakurainfo/newsentry.php?id=870

このさくらサーバーですが、2014年3月13日よりセキュリティー強化の為「国外IPアドレスフィルタ設定」というものを順次サーバーに設定していっています。

その名の通り、海外IPからはアクセス出来なくするというもので、この機能が実装されたおかげでAdwordsからはサイトが閲覧できなかったようです。

ちなみに、何故日本のGoogleAdwordsがわざわざ海外IPでサイトを閲覧していたのかは、Adwordsの広告掲載ポリシーの1つである、『全てのブラウザ、ユーザー、IPアドレスに、同じようにコンテンツを提供しなければならない』という部分を検証するためだったと思われます。

関連:リンク先URLについてのポリシー
https://support.google.com/adwordspolicy/answer/1310892?hl=en&ref_topic=1310863&rd=1

なお設定の解除は簡単。サーバー管理画面のサイドバーメニューより選択、無効にするだけ。

kokugai

細かくて面倒くさそうな広告掲載ポリシーですが、内容を把握しておけば、思わぬトラブル時の解決の糸口になってくれるかもしれません。

この記事のタイトルとURLをコピーする
さくらインターネットのサーバーで運営しているサイトがAdwordsの審査で403と通知された際の対処法
https://webkikaku.co.jp/blog/ppc/adwords403/
facebook twitter hatena Pocket

東京・名古屋を中心に、中小企業に特化したウェブマーケティング支援会社。マーケットやビジネスモデルに合わせ一社一社に合わせた集客戦略をご提案しています。リスティング広告から、FacebookなどのSNS広告の運用までお任せ下さい。
1000サイト以上のウェブマーケティング支援で獲得したノウハウで、運用後に過去最高の成果を生み出したお取引先は多数。制作から運用までワンストップでPDCAを高速回し成果を上げることを得意としています。今なら初期費用0円でスタート可能です!

どのようなお悩みでも構いません。ホームページを有効的に活用できていないと考えているご担当者の方、まずは一度弊社にご相談くださいませ。

ご提案依頼・ご相談はこちら
公式facebook、twitterから情報を受けとる
いいね!する フォローする
前のページ
次のページ
ページトップ