Facebook Twitter RSS
WordPressのURLを静的っぽく「.html」や「.htm」にする方法

WordPressのURLを静的っぽく「.html」や「.htm」にする方法

この記事のタイトルとURLをコピーする
WordPressのURLを静的っぽく「.html」や「.htm」にする方法
https://webkikaku.co.jp/blog/wordpress/wphtmhtml/
facebook twitter hatena Pocket

.html on PAGES

WordPressのURLは基本的に

http://aaa.com/aaa/

というようにスラッシュで終わる形のURLなのですが、それを静的なURLであるかのように、URLの末尾に「.html」を付ける方法です。

プラグインを使用します。

.html on PAGES

こちらをインストールしてください。

インストールが完了したら、有効にするだけで、固定ページの末尾が「.html」になっていると思います。

.htmにしたいアナタも大丈夫

プラグインを編集することで、URLの末尾を「.htm」にすることもできます。

通常「.htm」なんて使う機会がありませんが、例えばリニューアル前のサイトがHTMLで組まれており、しかもそれが「.htm」という拡張子になっていて、ページランクもがっつりついている・・・なんて場合には、やはりそもままURLのパワーを活かしてあげたいですよね。

それでは編集方法です。

管理画面のプラグイン一覧から、「.html on PAGES」の上にカーソルを合わせ、「編集」をクリック。

18行目、19行目あたりの、

 if ( !strpos($wp_rewrite->get_page_permastruct(), '.html')){
		$wp_rewrite->page_structure = $wp_rewrite->page_structure . '.html';

の、「.html」となっている部分を2箇所「.htm」に。そしてもう2箇所。

34行目、35行目あたりの、

	if ( !strpos($wp_rewrite->get_page_permastruct(), '.htm')){
		$wp_rewrite->page_structure = $wp_rewrite->page_structure . '.htm';

こちらの「.html」となっている部分を2箇所も「.htm」に修正してあげてください。

修正が完了したら、「ファイルを更新」をクリックして完了です。

この記事のタイトルとURLをコピーする
WordPressのURLを静的っぽく「.html」や「.htm」にする方法
https://webkikaku.co.jp/blog/wordpress/wphtmhtml/
facebook twitter hatena Pocket

東京・名古屋を中心に、中小企業に特化したホームページ制作会社。マーケットやビジネスモデルに合わせ一社一社に合わせたウェブ制作・リニューアルのご提案しています。
1000サイト以上のウェブマーケティング支援で獲得したノウハウで、リニューアル後に過去最高の成果を生み出したお取引先は多数。勘ではなくロジックに基づいたホームページ制作と柔軟な対応力で多数のお客様にご評価頂いております。

どのようなお悩みでも構いません。ホームページを有効的に活用できていないと考えているご担当者の方、まずは一度弊社にご相談くださいませ。

ご提案依頼・ご相談はこちら
公式facebook、twitterから情報を受けとる
いいね!する フォローする
前のページ
次のページ
ページトップ