ランディングページとは?LPの役割やメリットについて初心者向けに解説します!

インターネット集客 最終更新日:2020/02/14 公開日:2016/08/31

ランディングページとは

「ランディングページを作って広告施策をしましょう!」と営業されたものの、ランディングページとはどのようなものなのか、普通のウェブサイトと何が違うのかよくわからない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は悩めるWeb担当者のあなたに、わかりやすくランディングページについて解説いたします。

ランディングページの正しい意味

ランディングページとは本来の意味とは違う意味で普及してしまっているWeb業界用語です。しかしまずは本来の意味でのランディングページを理解する必要があります。

ランディングページを直訳すると、ランディング(着陸する)ページです。着陸するという言葉のとおり、

「ユーザーが外部からWebサイトに最初に訪問(着陸)したページ」

という意味になります。

トップページに最初に訪問すればトップページがランディングページとなり、会社概要に最初に訪問すれば会社概要がランディングページとなります。

(Webサイト訪問のユーザーの動き)
経路がどこであれ、最初に訪れたページがランディングページ

GoogleAnalyticsの管理画面でも、ランディングページというメニューがありますが、

Analytics画面でのランディングページメニュー

これは、ユーザーがあなたのWebサイトに訪問する際、最初に訪れたページからどのような動きをしているのか分析するためのメニューというわけです。

ランディングページという言葉のWeb業界での認識

しかしWeb業界でしばしば使われるランディングページという言葉の意味は少し違います。この場合のランディングページとは、人により微妙にニュアンスは異なりますが、

「広告施策用に制作する、1ページで完結する縦長のページ」

という意味になります。略してLPと呼ばれることもあります。

ある程度Web広告について勉強されている方であれば一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。検索結果に出てくる広告をクリックしてみると出現する、いかにも広告っぽいページのアレです。

ランディングページサンプル

↓ほかにもたくさん見たいという方はコチラ
「ランディングページ集めました」
http://lp-web.com/

広告施策の効果を高めるために普及しているページ制作手法なのですが、これがランディングページという言葉でWeb業界では認識されています。

ランディングページを制作する意味は?

ではなぜ広告施策のために縦長の1ページを制作することが有効とされているのでしょうか。意味は大きく3つあります。

1,ユーザーが欲しい情報を見せることができる
2,ユーザーに見てもらいたい情報を見てもらいたい順序で見せることができる
3,SEOを気にすることなくコンテンツ(デザイン)を構成できる

1,ユーザーが欲しい情報を見せることができる

最もポピュラーなWeb広告の施策として検索連動型広告があります。ユーザーの検索キーワードに紐付いて広告を出稿することができるので、例えば私たちのようなホームページ制作をしている会社の場合、ランディングページを使って下図のようなアプローチが可能です。

ユーザーによって表示を出し分ける

どのキーワードに対しても、全て同じページを使ってユーザーと接触することは決して賢い選択とは言えません。検索キーワードによりユーザーの需要も大きく変わりますので、それに応じてランディングページの構成を変えてあげることで効果の高いアプローチが可能になります。

2,ユーザーに見てもらいたい情報を見てもらいたい順序で見せることができる

一般的にはホームページを制作する際、ユーザーに閲覧してもらいたい情報を複数のページにして構成すると思います。しかし、複数ページで構成すると、全てのページを見てもらえなかったり(見逃してしまう)、ストーリー性が希薄になるということがありますが、ランディングページではこのような点を解消することができます。

臨んだ順番でページ遷移しない例

テレビ通販を思い出してもらうと理解できると思いますが、「売る」ためには商品を説明する順序がとても重要です。ユーザーに信用してもらい、購入したいと考えてもらうためのストーリーをランディングページであれば実現しやすくなります。

3,SEOを気にすることなくコンテンツ(デザイン)を構成できる

デザインをリッチにしようとすればするほど、プレーンテキストではなく画像を多用するサイトになります。しかしGoogleのクローラは画像の内容まで読み取ることはできませんので、デザイン性を重視するとSEOに弱くなる傾向があります。(altタグに記載してある文字は読み取ります)

しかしランディングページは広告に特化したページですので、SEOを気にすることなくデザインをすることができます。結果的に広告効果も高めることができます。(もちろん本当に効果があるかどうかは内容によります。)

まとめ

以上でランディングページの解説は終わりですが、どのようなものかご理解いただけましたでしょうか。Web業界だけに限らないとは思いますが、業界用語というのがたくさん出てくるうえに、カタカナが多くなるのでWeb担当者初心者の方は調べなければならないことが多いと思います。

ただ、ランディングページに関してはまだまだ必要な施策の一つだと思いますので、ぜひ有効な使い方を見出して企業の競争力アップのために活用してみてください。

CONTACT

Webサイト制作のご相談やご質問、ご不明点などございましたらこちらよりお問い合わせください。
「ホームページ制作について」とお伝えください。担当者にお代わりいたします。

東京オフィス

営業時間|9:00~17:00(土・日・祝除く)

03-5456-0610
名古屋オフィス

営業時間|9:00~17:00(土・日・祝除く)

052-414-6600