これは参考になる!紫を効果的に使用しているハイクオリティな日本のWEBデザインまとめました

ウェブデザイン 最終更新日:2020/02/14 公開日:2013/04/04

紫は、青の持つ落ち着いたイメージと、赤の持つエネルギッシュなイメージ、両方の性質をもった色で、性質が複数有るがゆえに配色バランスを取ることが難しい色です。

紫の一般的なイメージは、

◆連想するイメージ
高貴、優雅、和、神秘的、欲求、エキゾチック、大人っぽい、妖艶、魅力、心配、ミステリー

◆心理的効果
催眠効果、想像力UP、感受性UP、緊張や不安を和らげる

◆連想するもの
ぶどう、茄子、藤、スミレ、菖蒲、風呂敷、着物

などなど。

配色によっては高級感のあるイメージや、インパクトのある元気なイメージを出すことが出来ますが、一歩間違うと下品だったり、かなりどぎついイメージになってしまうことも…。

色の合わせ方が難しいためか、紫系の日本のサイトも数が少ないです。というわけで、今回は紫を上手く使っていくために、効果的に紫を取り入れている日本のハイクオリティなWEBデザインをまとめてみました。(サイト名をクリックするとリンクが開きます。)

同志社大学


同志社大学WEBサイト。白をベースに学校のコーポレートカラーであるロイヤル・パープルを、ナビや画像、テキストリンク色など、ふんだんに盛りこんだデザインです。

京都麻織物


高品質なリネン記事を販売している京都麻織物のサイト。こちらも白ベースですが、ロゴに合わせた淡い紫色を使用しています。

たらこキューピーダンスワールド


「キューピーあえるパスタソース たらこ」のCMで知られる「たらこキューピーダンス」特設サイト。紫は食欲減退の色と言われていますが、そこにあえての全面淡い紫。カラフルに仕上げてあり、かなり印象に残るデザインになっています。

B.DRESSER


ウエディングプランナー視点でスタートしたというドレスショップのサイト。全面写真背景に、リンク色やナビ、ボタンなどにバランス良く紫を使っています。

信州善光寺仲見世通り-長野県長野市


長野県の信州善光寺仲見世通りのご紹介サイト。緑と渋めの紫で和風なイメージを出しています。

LIBERTY OF LONDON FOR AIGLE


フランスのブランド「エーグル」と「リバティ社」がコラボした「LIBERTY OF LONDON FOR AIGLE」のWEBサイトです。全面柄背景で、フッターやタイトル部分などに紫をバランス良く取り入れています。

Little Witch


「メイクがそのままエイジングケアになる」が、コンセプトの化粧品ブランド、「リトルウィッチ」WEBサイト。アイコンやテキストリンクの色にピンク寄りの紫を使っています。

Ecura


身体を仕組みから美しくするボディ・メンテナンス・メニューをとりそろえた研究所、「ECURA(エキュラ)」のWEBサイトです。ボタン・アイコン・図などに紫が取り入れられています。

いかがでしたでしょうか?配色によってポップにもシンプルにもエレガントにもなっていますね。プロモーションの意味も込めたブランドのサイトに使われている事が多く、ベースに使うよりアクセントに使っているサイトの方が沢山ありました。紫を使って出したいイメージに合わせた配色をするために、参考にしていただけたらと思います。

CONTACT

Webサイト制作のご相談やご質問、ご不明点などございましたらこちらよりお問い合わせください。
「ホームページ制作について」とお伝えください。担当者にお代わりいたします。

東京オフィス

営業時間|9:00~17:00(土・日・祝除く)

03-5456-0610
名古屋オフィス

営業時間|9:00~17:00(土・日・祝除く)

052-414-6600