BtoBこそWebマーケティングが効果的です

BtoCビジネスに比べBtoBビジネスのほうが競合数が少ないことが多くあります。これはWebマーケティングで結果を出すための非常に重要な要素です。
例えばSEOの視点で考えた場合、通常検索結果の1ページには10件の結果が表示されますが、どれほどの大企業でも基本的に独占できる枠は10件のうち1つだけです。つまり競合の数の多さが、そのまま難易度に直結するのがSEOの仕組みです。逆に言えば、市場のシェアを独占するような企業が存在しているかどうかの有無に関わらず、競合数が少ないBtoBビジネスでは必然的にSEO難易度が下がります。
つまりBtoBビジネスは検索結果で上位表示できる可能性が最初から高く、また古典的な営業手法に頼りWebマーケティングが疎かになっている企業も多いためリード獲得のチャンスが広がっていることが、これまでの経験からわかっています。

単なる「会社案内」のようなホームページになっていませんか?

これまでWebマーケティングを疎かにしてきた企業によく見られるのが、ただ製品が並べられていたり、サービスが紹介されているだけの、まるで会社案内パンフレットの代わりのようなホームページです。パンフレットを顧客に渡す際には、顧客の課題を把握した営業マンも近くにいて、補足や売り込みもセットで可能かもしれません。しかしホームページの場合は違います。
おもむろに顧客にパンフレットを渡しても満足に見てもらうことができないのと同じで、ただ製品やサービスを紹介しているだけのホームページでは、お客様に御社の魅力を伝えきれないでしょう。顧客がホームページで欲しい情報をスムーズに見つけられる必要がありますし、潜在的なニーズも顧客自らが気付くような仕掛けも必要です。

顧客の温度感に寄り添ったゴールが用意できていますか?

個人で意思決定しサービス利用や購入ができてしまうBtoCビジネスとは違い、BtoBビジネスの場合は企業間で取引を始める際、意思決定までの手順が多くそして複雑です。つまりホームページを閲覧する担当者だけが満足しても、実際にサービスの利用や購入に至るわけではありません。お問い合わせをすることは営業行為を受け入れることにも繋がりますから、迂闊なお問い合わせは避けることもあるでしょう。
ホームページを閲覧してくださる様々な企業担当者の温度感に寄り添ったゴールを提供することがBtoBビジネスのホームページの場合、非常に重要です。

企業担当者のユーザー行動を分析し提案する

BtoBビジネスではどのような企業がお問い合わせするのか、どのようなニーズの顧客が存在しているのか、想像することが容易です。結果として、企業担当者がどのようにWebで新たな取引先となる企業を探すのかも分析することができます。私たちは具体的な数値を元に、どのようなページを作るべきなのかを、優先順位をつけて提案しています。優先順位はお客様が現在抱えている課題・ニーズ・予算から逆算します。

CONTACT

Webサイト制作のご相談やご質問、ご不明点などございましたらこちらよりお問い合わせください。
「ホームページ制作について」とお伝えください。担当者にお代わりいたします。

東京オフィス

営業時間|9:00~17:00(土・日・祝除く)

03-5456-0610
名古屋オフィス

営業時間|9:00~17:00(土・日・祝除く)

052-414-6600