簡単に更新ができるだけじゃない CMS・WordPress・MovableTypeの導入・構築

CMSはWebコンテンツ管理のスタンダード

CMSは現代のWebサイトコンテンツ管理において無くてはならない存在になっています。これまでCMSを利用せず久しぶりのリニューアルを検討している場合には、少々聞き慣れない言葉かもしれません。CMSとは Content Management System (コンテンツマネージメントシステム)の略称で、名称の通りWebサイトのコンテンツ管理を簡単にするシステムのことです。世界で最も普及しているのは WordPressと呼ばれるCMSで、私たちがもっとも構築を得意としているCMSの一つでもあります。お知らせや実績など定期的なWebサイトの更新が必要な際に、業者に依頼をするフローを挟んでしまうとコスト・スピード面を憂慮しなければなりませんが、CMSを利用することでインハウスでコンテンツを管理することが可能になります。また加速的なスピードで発展するスマートフォンを始めとしたマルチデバイスに対応する点でも優れています。

正しい知識でCMSのセキュリティと向き合う

CMS導入の際、しばしば不安視されるのはセキュリティです。しかし正しい知識と技術があればWebサイトの構築程度でしたら恐れる必要はありません。世間ではWebサイトへの攻撃でニュースとして取り上げられることがありますが、ほとんどの場合が初歩的な設計ミスか、基本的な知識も備わっていなかったために起こってしまった事例です。WordPressは世界で最も普及していますので、ハッカーも標的とすることが多くあります。しかし必ずアップデートを定期的に行い、不用意にプラグインを利用しないなどの対策を取ることで、セキュリティに関して心配することはありません。また公開サーバーとCMSサーバーを分けることができるCMSで構築するという選択肢もあります。大規模な人数での管理が必要な場合には、権限付与や承認フローが備わったCMSもあります。私たちは正しい知識と技術で、お客様に最適なCMS導入をアドバイスいたします。

WordPress構築・プラグイン開発

私たちが最も得意としているのがWordPressによるWebサイト構築です。また管理の利便性を更に向上させるためのプラグイン開発も行っています。WordPressは開発者が多くコストパフォーマンスに優れた開発が可能であったり、マネジメントの利便性も年々向上しており、最近ではGoogleも開発に関与するまでになりました。
ベンダーロックインという言葉をご存知でしょうか。Webサイトを構築する際にオリジナルのCMSであったり、普及の進んでいないCMSを選定してしまうことにより、結果としてリニューアルや更新を依頼できる制作会社の選択肢を狭めてしまい、業者変更ができず身動きが取れなくなってしまう状態のことを指します。ベンダーロックインは企業のビジネスに大きなリスクを与えます。広く普及しているWordPressを利用することでベンダーロックインを回避することができるというメリットもあります。

Movable Type構築・他CMS

WordPressに次ぎ日本で利用されているCMSのMovable Typeの開発も私たちは得意としています。Movable Typeは公開サーバーを分けられるといったセキュリティに配慮された機能を持ち、静的にHTMLを出力する特徴は近年Googleが推奨するWebサイト表示スピードの高速化とマッチしています。
またその他にも、WebRelease2やNORENなどのCMS導入のご相談も承ることが可能です。

CONTACT

Webサイト制作のご相談やご質問、ご不明点などございましたらこちらよりお問い合わせください。
「ホームページ制作について」とお伝えください。担当者にお代わりいたします。

東京オフィス

営業時間|9:00~17:00(土・日・祝除く)

03-5456-0610
名古屋オフィス

営業時間|9:00~17:00(土・日・祝除く)

052-414-6600