スマホ決済
Amazon Pay(アマゾンペイ)の使い方とおすすめクレジットカード

最近は色んな電子決済が流通していますが、今回はその中からAmazon Pay(アマゾン ペイ)を取り上げます。

Amazon Payはスマホ決済の一種で、様々なECサイトや実店舗でもスムーズに代金を支払えます。でもこれだけでは他の決済方法と比べて本当に便利なのかどうか分かりませんよね。

そこでこれからAmazon Payのメリットとデメリットを詳しく見ていきます。併せて紐付けしやすいクレジットカードも幾つかご紹介しますので、ぜひあなたのキャッシュレス・ライフにお役立てください。

Amazon Pay(アマゾンペイ)とは!?早わかり登録方法と使い方

Amazon Payとはどういう決済方法で、どこでどんな風に使えるのでしょう?また利用する前には、何か特別な手続きが必要なのでしょうか?

Amazon Pay

ここではAmazon Payの利用手順を一からご説明します。電子決済初心者の方、また一度もアマゾンを使ったことのない方も、是非ご一読ください。

Amazonアカウントを使って買物できる

アマゾンでは書籍以外にもあらゆるものが揃いますから、何でもアマゾンで買うという人も大勢います。

でも時には他のサイトを使いたくなることだってありますよね。そんな時に最適なのがAmazon Pay(アマゾンペイ)です。

Amazon Payなら、初めて使うECサイトでも簡単かつ安全に決済できますよ。また実店舗でも、スマートフォンを使ったコード決済が可能です。

設定は不要!すぐにECサイトで買物できる

Amazon Payは、アマゾンの利用者であれば新たな設定や準備は一切必要ありません。

ECサイトでAmazon Payで決済したい場合は、以下のどちらかを選択すればいいだけです。

  • ログイン画面で「Amazonアカウントでログイン」
  • 購入時画面で「Amazonアカウントでお支払い」

次にIDとパスワードを設定・入力して会員登録すれば、後はAmazonのアカウントを使ってスムーズに商品を購入できます。またサイトによっては会員登録せずに、ゲスト会員としてAmazon Payで購入できる場合もあります。

オンラインショッピング決済登録画面

いずれの場合もAmazonに登録した個人情報をそのまま使用するので、あなたはいちいち住所やカード番号などを入力する必要がありません。

対応するECサイトは多数

以下がAmazon Payに対応するECサイトの一例です。

  • ダンボールワン
  • プレミアムバンダイ
  • タカラトミーモール
  • トイザらス・ベビーザらス
  • FUJIFILM プリント&ギフト
  • コジマネット
  • ショップジャパン
  • アディダス
  • 出前館
  • 成城石井.com
  • コロムビアミュージックショップ
  • フォレスト出版
  • PONY CANYON
  • ソニーミュージックショップ
  • アディダス
  • 劇団四季
  • ふるさとチョイス
  • フジテレビオンデマンド
  • JTB
  • NEXCO中日本オンラインモール
  • ユザワヤ
  • SHIPS
  • MARC JACOBS

Amazon Payに対応するサイトは徐々に増えていますので、初めて使うサイトでは、「Amazonアカウントでログイン」もしくは「Amazonアカウントでお支払い」ボタンがあるかどうかを必ず確認してください。

実店舗でもスマホで簡単決済!

Amazon Payは実店舗でも使えますよ。これにはQRコードを使用しますので、必ずスマートフォンをご準備ください。

そして「Amazonショッピングアプリ」をダウンロードして起動すれば、対応店舗では以下の手順で代金を支払うことができます。

1. 「メインメニュー」→「プログラムと特典」→「すべてを見る」
2. 「Amazon Pay」をタップ
3. 表示されたQRコードを提示
4. 読み取ってもらって清算

Amazonショッピングアプリをまだご利用でない方は、ぜひこれを機会にダウンロードしてみてください。このアプリはアマゾンの商品を比較したり、購入後に配送状況をチェックするのにも便利ですよ。

Amazon Payのスマホ払いは小規模店舗が対象

Amazon Payのスマホ払い(QRコード決済)は、一例としてサマンサタバサ直営店舗やホテル雅叙園東京が導入済みです。

他店舗にも順次拡大中ですが、コンビニやドラッグストアでは使うことができません。これはAmazon Pay(QRコード決済)が、そもそも小規模店舗をターゲットにしているからなんですね。

Amazon Pay

あなたもふと入った店舗のレジで「Amazon Pay」の表示を見かけたら、ぜひQRコード決済を試してください。

Alexa音声ショッピングもAmazon Payで

またAlexaアプリで音声ショッピングの設定を有効にすれば、「アレクサ、赤十字で千円寄付して」といった要領でAmazon Payが使えますよ。対応するスキルは以下の通りです。

  • 日本赤十字社
  • 出前館
  • ふるさとチョイス
  • JTBおでかけチケット
  • 京橋ワイン
  • リンベルショップ
  • PIZZA SALVATORE CUOMO
  • メガネスーパー
  • VEGERY
  • ニッポン放送ラジオリビング
  • ニッポン放送 ラジオ・チャリティ・ミュージックソン
  • ニッポン放送 義援金
  • ミラショーン オンラインストア
  • カジタク家事代行

アマゾンのアカウント取得は簡単

ここでまだアマゾンを使ったことのない方のために、「Amazonアカウント」の取得方法を簡単にご説明しておきましょう。まずアマゾンのトップ画面から「新規登録」を選択します。

Amazon Pay新規登録画面

次の画面では以下の情報を入力します。

  • 名前、ふりがな
  • メールアドレス
  • ログイン用パスワード

入力が終わったら「Amazonアカウントを作成」をクリックしてください。登録したメールアドレスに確認メールが届くので、そこに記載されたコードを次の画面に入力します。これでAmazonアカウントの取得は完了です!

Amazonはプライム会員もおすすめ

Amazonアカウントに登録された情報は、トップページの「アカウントサービス」メニューからいつでも変更が可能ですし、その内容はAmazon Payにも同期します。

Amazonには無料会員・有料のプライム会員の2種類があり、入会時にはいずれか好きな方を選ぶことができます。これも好きな時に変更できるので、初めての方は無料会員からスタートするとよいでしょう。

  通常会員 Amazonプライム会員
年会費 無料 ・年間プラン4,900円(税込)
・月間プラン500円(税込)
特典 ・送料無料
・お急ぎ便、お届け日時指定便
・Prime Video:対象番組が見放題
・Prime Reading:対象Kindle本が読み放題
・Prime Music:広告なし、オフライン再生可
・Prime Photos:画像の共有
・その他特典多数

Amazonプライム会員にはこれ以外にも多数の特典が利用できるので、動画や音楽を楽しみたい方なら料金を支払う価値はありますよ。長く使う場合は年間プランの方が割安ですが、数ヶ月で飽きそうなら月500円の月間プランがおすすめです。

Amazonプライム会員には1ヶ月の無料体験期間がありますので、ぜひ一度使い心地を試してください。もちろん無料体験期間中またプライム会員になった後でも、いつでも無料会員に切り替えが可能です。

アマゾン会員なら、誰でもすぐにAmazon Payが使えるって訳ね。実は今ドラマや映画が見放題のプライム会員に興味があるんだけど、有料だし迷ってるの。
学生はPrime Student会員を申し込むといいよ。体験期間終了後の年会費は2,450円(税込)、月会費は250円(税込)と一般の半額になって経済的だよ。

Amazon Pay(アマゾンペイ)におすすめのクレジットカード

次にAmazon Payに登録して損のないクレジットカードをご紹介しましょう。どのカードもポイント還元率が高く、Amazon Payを使えば使うほどポイントが貯まりますよ。

年会費無料で高還元!JCB CARD W

「JCB CARD W」は、JCBプロパーカードの中では最も高い還元率1%の貴重な1枚です。しかも年会費永年無料ですから、コストパフォーマンスは最高です。

Amazon Payでは、JCB CARD Wを登録することによって以下のようにポイントが貯まります。

  • 通常利用:1%(Oki Doki ポイント)
  • プライム会員登録+Amazonギフト券にチャージ:1.5%※
  • ※内訳:0.5%(Amazonポイント)+1%(Oki Doki ポイント)

更にJCB CARD Wなら2%もの高還元でAmazonを利用することができますので、Amazonと相性抜群のクレジットカードです。

JCB CARD Wは39歳以下の方限定のカードですので、39歳以下の方は今のうちに作っておきましょう。

年会費が無料にも関わらず、旅行保険も付帯しますし、還元率が高いカードとしてメインカードとしても大人気の1枚です。

JCB CARD W

公式サイトへ

カードの詳細へ

JCB CARD W plus Lは女性におすすめ

JCB CARD W plus Lは、JCB CARD Wに女性向けオプション保険サービス(加入自由・有料)がついたバージョンです。

年会費無料・申込年齢39歳までなど基本スペックは共通ですが、こちらの券面は淡いピンクの花柄地模様です。

Amazon Payでのポイントの貯まり方は、JCB CARD W plus Lを使うとこうなります。

  • 通常利用:1%(Oki Doki ポイント)
  • プライム会員登録+Amazonギフト券にチャージ:1.5%※
  • ※内訳:0.5%(Amazonポイント)+1%(Oki Doki ポイント)

オプション保険はいつでも自由に加入できますので、JCB CARD W plus Lは手頃な保険をお探しの若い女性にもピッタリですよ。

JCB CARD Wplus L

公式サイトへ

カードの詳細へ

オリコカードザポイントは入会後半年間は還元率2%

40歳以上の方にはオリコカードザポイントがおすすめです。オリコカードザポイントも年会費無料、還元率の高さが人気のクレジットカードです。基本は1%還元で、入会後半年間は2倍の2%還元になります。

このカード1枚にはiDとQUICPayがダブル搭載されているため、どこでもポイントを貯めやすいのが特徴です。

Amazonアカウントにオリコカードザポイントを登録すると、Amazon Payの利用で以下のようにポイントが貯まります。

・通常利用:1%(オリコポイント)
・入会後半年間:2%(オリコポイント)
・プライム会員登録+Amazonギフト券にチャージ:1.5%※、2.5%※
※内訳1:0.5%(Amazonポイント)+1%(オリコポイント)
※内訳2:0.5%(Amazonポイント)+2%(入会後半年間:オリコポイント)

入会後半年の間にオリコカードザポイントでAmazonギフト券にチャージすれば、還元率はなんと合計2.5%です!

このうち2%はオリコポイントですので、お好きなものと交換して使いましょう。オリコポイントは500ポイントから、様々なポイントにリアルタイムで交換できますよ。

Orico Card THE POINT

公式サイトへ

カードの詳細へ

Amazon PayにはAmazonギフト券が最適?ポイント獲得術

Amazon Payはアマゾン利用者なら誰でもすぐに使えると言いましたが、実はひとつ外せない条件があります。それが「決済カードの登録」です。

次にAmazon Payで使える決済カードの種類と、それぞれのポイントの貯め方を見ていきましょう。

Amazon Payはカードがないと使えない

アマゾンでショッピングした時の代金は、以下のように様々な方法で支払えることはどなたもよくご存知ですよね。

  • コンビニ(手数料無料)
  • 電子マネー(手数料無料)
  • クレジットカードなど決済カード(手数料無料)
  • ATM
  • ネットバンキング
  • 代金引換

特に手数料のかからないコンビニ払いは便利ですから、クレジットカードを登録しないでアマゾンを使っている方も結構いると思います。

でもAmazon Payを使うなら、必ずAmazonアカウントに「決済カード」を登録してください。なぜならAmazon Payは、これ以外の決済方法には対応していないからです。

Amazon Payに対応する決済カードは以下の通りです。

Amazon Payで使える決済カード

  • クレジットカード(Visa、MasterCard、Amex、JCB、Diners Club)
  • デビットカード(J-Debitは使えない)
  • プリペイドカード
  • Amazonギフト券(一部店舗は未対応)

クレジットカードブランド

決済カードのポイントしか貯まらない

ではAmazonアカウントには、一体どのカードを登録すればいいのでしょうか?これを決めるために、それぞれの「ポイントの貯まり方」を見ていきましょう。

実はAmazon Payで支払うと、対象サイトではポイントが付かず、決済カードのポイントしか貯まらないのです。

利用時+決済時とでポイントを2重取りできないのはちょっと残念ですよね。つまりどのカードを登録するかによって、Amazon Payのお得度が決まってしまうのです。

以下がAmazon Payに登録できる決済カードの種類です。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • プリペイドカード
  • Amazonギフト券

クレジットカードを登録する場合は、クレジットカードの種類によってかなり還元率が変わってきます。

またチャージすることでポイントが貯まるプリペイドカードも、チャージに使用するクレジットカードの種類によって、どれだけポイントが貯まるかが違ってきます。

Amazonギフト券の現金チャージで最大2.5%還元

Amazon Payでポイントを貯めるのに、もっとも効率的な決済方法は「Amazonギフト券」です。

Amazonギフト券還元率

Amazon PayでAmazonギフト券が使えるようになったのは2020年6月1日のことで、まだ全てのショップが対応している訳ではありません。でもAmazonギフト券の有効期限は10年と長いですし、とりあえずチャージしておいても損はないですよ。

現金を使ってAmazonギフト券にチャージすれば、以下のように最大2.5%のAmazonポイントを貯めることができます。

Amazonギフト券チャージ金額別の還元率

2.5%分のポイントが貯まるのは、プライム会員が現金でチャージした場合ですが、通常会員でも0.5%から2.0%分のAmazonポイントを獲得できます。

チャージの手順は以下の通りです。

(1) チャージ画面で5,000円以上の金額を選択
(2) コンビニ・ネットバンキング・ATMのいずれかで支払う

チャージ上限はコンビニ払いが30万円まで、ATMやネットバンキングは各金融機関によって上限額が異なります。

十分な金額をチャージした状態でAmazon Payを使えば、クレジットカードを登録していても、常にAmazonギフト券が優先的に使われます。

プライム会員限定!クレジットチャージで0.5%還元

またクレジットカードでAmazonギフト券にチャージした場合にも、一律0.5%ですがAmazonポイントを貯めることができます。これはプライム会員限定のキャンペーンで、一般会員は対象外です。手順は以下をご参照ください。

(1) キャンペーンのエントリーボタンを押す
(2) エントリーボタンの下の「チャージする」リンクを押す
(3) 5,000円以上の金額をクレジットカードでチャージする

こちらはキャンペーンですので、エントリーすることを絶対に忘れないでくださいね。

AmazonポイントはAmazon Payには使えない

さてこうしてAmazonギフト券のチャージで貯めたAmazonポイントですが、実はAmazon Payの支払いには使うことができません。Amazonポイントは、Amazonでのショッピングの代金に1ポイント=1円として充当して使いましょう。

Amazonポイントの有効期限は、最終購入日・最終ポイント獲得日のどちらか遅い方から数えて1年で切れてしまうので、なるべく貯め混まず、小まめに使い切ることが大切です。

またAmazon Payの利用によって貯まるクレジットカードやデビットカードのポイントも、それぞれのポイントの利用先に応じて、有効期限内に買物・キャッシュバック・交換などに使ってください。

Amazonギフト券+クレジットカードを両方登録すると便利

AmazonアカウントにAmazonギフト券とクレジットカードの両方を登録すると、Amazon Payの支払い画面には以下のように表示されます。

Amazonギフト券+カード両方登録できる

この状態ならAmazonギフト券の残高が足りない時も、クレジットカードを組み合わせて支払うことが可能です。また下の「+新規追加」のリンクから、新たなギフト券コードを追加することもできます。

クレジットカードを登録しておけば、Amazonギフト券に未対応のECサイトでショッピングする際や、またAmazonギフト券の残高不足時にもスムーズに支払うことができるでしょう。

AmazonアカウントにはAmazonギフト券だけでなく、ぜひクレジットカードもしくはデビットカードを登録しておきましょう。

いつもコンビニ決済ばかりで、実はまだAmazonにカードを登録してなかったの。でもAmazon Payを使うなら、やっぱりクレジットカードがないとダメ?
デビットカードやプリペイドカードも使えるよ。でも一番のオススメは、お得なAmazonギフト券とクレジットカードもしくはデビットカードとの併用だね!

Amazon Payはクレジットカードを登録すればすぐ使えます

Amazon Payは、Amazonアカウントを持っている人であれば、どなたでもすぐに利用できます。アマゾン以外のECサイトや実店舗でも簡単に支払えるので、スマホ決済初心者の方にもおすすめですよ。

還元率が最も高いのは現金でチャージしたAmazonギフト券を登録した時で、条件を満たせば最大2.5%のAmazonポイントを獲得できます。

しかし常にAmazon Payでスムーズに決済するには、Amazonギフト券と併せてクレジットカードもしくはデビットカードを登録しましょう。こうすれば、Amazonギフト券が使えないショップや残高不足の時にも対応が可能です。

どのクレジットカードを選べばよいかお悩みのあなたへ

クレジットカードにはレストランやレジャー施設を割引価格で楽しめる優待が利用できるのをご存知ですか?
ポイント還元だけでなく、様々な優待で日常をお得に楽しめるのがクレジットカードなのです
起業してる方のビジネスサポートもしてくれます
ただし、クレジットカードを所有するには審査に通過する必要があります
あなたの状況から所有しやすいクレジットカードを最短2問・最高4問で提案
クレジットカードの種類が多すぎて、どのカードを選べばよいか分からないあなたにもおすすめ
1,000種類以上のクレジットカードの中から、あなたの目的に合った最強のクレジットカードが数十秒で見つかる

自分にあったクレジットカードを見つける自分にあったクレジットカードを見つける

クレジットカードを診断するクレジットカードを診断する
あなたへの最強のカードは?
最短2問であなたの目的にあった最強のクレジットカードが分かる!
PAGE TOP