クレジットカード基礎知識
銀行系クレジットカードは高ステータス!おすすめのカードもご紹介

現在発行されている全てのクレジットカードは、発行元の種類で幾つかに分類することができます。その中の一つ「銀行系クレジットカード」とは、文字通り銀行が発行するクレジットカードのことで、日本全国に数多くの利用者がいます。

一般的には地味で手の出しにくいイメージですが、実はどなたも持っていて損のない1枚なんですよ。その理由をこれからじっくり解説しましょう。

またおすすめの銀行系クレジットカードも併せてご紹介しますので、ぜひ入会時の参考になさってください。

銀行系クレジットカードの特徴とは?審査難易度も要チェック!

銀行系クレジットカードとは、銀行および銀行の系列会社が発行しているカードです。数が多く把握が難しいのですが、カードの特性や審査の傾向などに共通点がないか探ってみました。

銀行の系列会社が発行するクレジットカードは、様々な企業との提携カードまで含めると非常に数が多く、共通点を見つけるのが困難になってきます。そこで今回は、以下の銀行系クレジットカードを中心にご説明したいと思います。

  • 銀行のクレジットカード(キャッシュカード一体型)
  • 銀行系列会社が発行するクレジットカード(提携カード以外のもの)

キャッシュカード一体型クレジットカードもある

下表は銀行系クレジットカードの一例です。

銀行、
銀行の系列会社
銀行系クレジットカード
・三井住友銀行
・三井住友VISAカード
・三井住友VISA SMBC CARDクラシック※
・三井住友VISA SMBC CARDプライムゴールド※
・三井住友VISA SMBC CARDゴールド※
・SMBC JCB CARDクラシック※
・SMBC JCB CARDゴールド※
・三井住友VISAクラシック
・三井住友VISAクラシックA
・三井住友VISAデビュープラス
・三井住友VISAアミティエ
・三菱UFJ銀行
・三菱UFJ
フィナンシャルグループ
・三菱UFJ-VISA※
・三菱UFJ-VISA ゴールド※
・MUFGカード スマート※
・MUFGカード ゴールド
・VIASOカード
静岡銀行 ・しずぎんjoyca※
・joycaゴールドカード※
北海道銀行 ・道銀キャッシュ・クレジットカード Kitaca※
楽天銀行 ・楽天銀行カード※
住信SBIネット銀行 ・ミライノ カード
・ミライノ カードGOLD
・ミライノ カードPLATINUM

上表の中の※印がついたものは、キャッシュカードと一体になったクレジットカードです。キャッシュカード一体型はカード枚数が増えないので管理しやすく、銀行をよく利用する方におすすめです。

ただしこのタイプのカードは、その銀行に口座を持っていない人は申し込むことができません(カード申し込みと同時に口座開設も可)。

一方のキャッシュカード機能のないタイプ(クレジット単体型)は、他行の口座でも登録できるのでどなたでも申し込みやすいのが特長です。

ステータス重視の方におすすめ

どちらののタイプの銀行系クレジットカードにも、以下のように共通する特徴があります。

  • 審査が厳しい
  • ステータスが高い
  • グレードアップできる
    (ゴールド、プラチナ)

勿論カードの種類によって差はあるのですが、流通系や信販系と比べれば、全般に銀行系クレジットカードはステータスが高く、審査基準も厳しい傾向があります。

多くの銀行系クレジットカードはゴールドやプラチナなど更に上のカードを目指せますから、ステータスを重視する方に向いています。また、リーズナブルな価格でステータスカードが持てる点も大きなメリットと言えるでしょう。

銀行系クレジットカードって、なんとなく地味で目立たない印象があるな。同じ持つなら、もっとポイントがよく貯まりそうなクレジットカードがいいよ。
お得度も大切だけど、銀行系クレジットカードはその人の信用度の証明にもなるんだよ。ある程度の年齢になれば、やっぱりステータスの高いカードも1枚は必要じゃないかな。
なるほど。必要に応じて使い分ければいいってことか!それなら取引銀行で1枚くらい作ってもいいかもしれないな。

銀行系クレジットカードってお得なの?メリット&デメリット

次に銀行系クレジットカードのメリットとデメリットを見ていきましょう。ステータスの高い銀行系クレジットカードですが、それ以外にもメリットはあるのでしょうか?

また申し込み時や利用にあたって、注意点がないかどうかもチェックしていきたいと思います。

安心と信頼を積み重ねることができる

銀行系クレジットカードのメリットは、第一に安心と信頼が得られることです。厳しい銀行系の審査をパスした上で、さらにクレジットスコアを重ねて行けば、あなたの信用は着実増えていくことでしょう。

ステータスの割には年会費が安い

銀行系クレジットカードの第二のメリットは、ステータスが高い割には年会費がお安いことです。下表をご覧ください。信販系でグレードの高いカードは年会費もかなりの高額ですが、下3枚の銀行系クレジットカードの方は、ゴールド以上でもこの通りお手頃価格です。

銀行系クレジットカード 分類 年会費(税別)
アメックス ゴールド 信販系 29,000円
アメックス プラチナ 信販系 130,000円
ダイナースクラブカード 信販系 22,000円
三井住友VISAゴールド 銀行系 10,000円
三井住友プラチナカード 銀行系 50,000円
MUFGカード ゴールド 銀行系 1,905円

MUFGカード ゴールドに至っては、なんと2千円を割る年会費でステータスカードを持てるというんですから嬉しいですよね。

銀行口座を開設すると審査に通りやすい

でも銀行系クレジットカードは審査難易度が高いため、申し込みをためらう方もいます。そこでもしも心配なら、事前にその銀行の口座を作ってください。

さきほどクレジット単体型は他行の口座でもOKとお伝えしましたが、やはり審査ではその銀行の顧客が有利です。

  • キャッシュカード一体型・・・その銀行の口座が必要
  • クレジット単体型・・・・・・他行の口座でもOK、但し審査上は不利

特にランクの高い銀行系クレジットカードに入会する際には、事前に口座開設した上で、ある程度の実績を作ってからカードを申し込むことをおすすめします。

銀行利用で優待が使えるカードもある

またキャッシュカード一体型の銀行系クレジットカードとその他一部のカードでは、特典としてその銀行の優待サービスを利用できるというメリットもあります。以下は銀行優待の一例です。

  • ATM手数料が無料になる
  • 住宅ローンなどの金利優遇
  • ローン審査に有利

ただし銀行優待の内容はカードによって異なりますし、中には銀行利用に関するメリットが一切ない銀行クレジットカードもあります。

ATMをよく利用する方や銀行ローンを利用する予定のある方は、銀行クレジットカードの特典内容を事前によく確認しましょう。

クレジット単体型は種類が豊富

同じ銀行に属するキャッシュカード一体型とクレジット単体型は、カードの外見も非常によく似ています。また中身の方も、キャッシュカード機能以外にはそれほど差がありません。

以下は三井住友銀行のクレジットカードですが、基本の3カードは名前も似ていてややこしいですね。

キャッシュカード一体型 クレジット単体型
・三井住友VISA SMBC CARDクラシック
・三井住友VISA SMBC CARDプライムゴールド
・三井住友VISA SMBC CARDゴールド
・三井住友VISAクラシック
・三井住友VISAプライムゴールド
・三井住友VISAゴールド
・三井住友VISAクラシックA
・三井住友VISAプラチナカード
・三井住友VISAアミティエ
・三井住友VISAデビュープラス
・エブリプラス

これを見るとクレジット単体型の方が種類が豊富で、女性向けのアミティエや若者向けのデビュープラスなど、多彩なニーズに対応していることが分かるでしょう。

三井住友カードには、これ以外にも様々な企業との提携カードまで含めて全部で数百以上ものラインナップがあり、どなたでも自分に合うカードを見つけることができます。

審査の難易度などデメリットもある

次に銀行系クレジットカードのデメリットを見ていきましょう。銀行系クレジットカードの欠点をまとめると、以下のようになります。

  • 審査が厳しい
  • 年会費無料のカードが少ない
  • 還元率が低い

但しこれらはあくまでも全般的な傾向ですから、個別のカードに全てのデメリット当てはまる訳ではありません。

後ほど実際に銀行系クレジットカードをご紹介しますので、ぜひ実際にご確認ください。

デメリットは解決が可能

また銀行系クレジットカードの欠点は、比較的簡単に解決できるんですよ。審査については、先ほど銀行口座を作れば有利になるとお伝えしましたよね。

次の年会費についてですが、クレジットカードによっては割引もしくは無料にできる場合があります。一定の条件がありますが、どなたでも比較的簡単にクリアできるでしょう。

最後の還元率の低さに関しては、以下のような対策でカバーできます。

  • ポイントアップサイトの利用
  • 提携店の利用
  • 他クレジットカードとの使い分け

そもそも銀行系クレジットカードは信用度やステータスに重きを置くカードですから、ポイント獲得には他のクレジットカードを使い分ける方が合理的です。

銀行系クレジットカードと言っても、別にその銀行の窓口で申し込む必要はないんだね!インターネットから簡単に申し込めるし、他行の口座でも登録できるんなら思ったよりも作りやすそうだな。
そうそう。銀行系って敬遠されがちだけど、案外手の届きやすいクレジットカードなんだよ。利用実績によってローン審査に通りやすくなるというメリットもあるし、誰もが1枚は持っていて損のないクレジットカードと言えるね。

銀行系クレジットカードでおすすめしたい5枚のカード

最後におすすめの銀行系クレジットカードをご紹介しましょう。今回ご紹介するのは全部で5枚。いずれもクレジット単体型(キャッシュカード機能なし)タイプですので、お持ちの銀行口座の種類とは関係なくどなたでも申し込めます。

三井住友VISAクラシックAは低価格で持てる銀行系カード

「三井住友VISAクラシックA」は、信頼ある銀行系カードを低価格で持ちたい方におすすめです。三井住友VISAクラシックAの年会費はネット入会で初年度が無料に、2年目以降も条件を満たせば無料になるからです。

低価格で持てるステータスカードとしても、おすすめの1枚です。旅行保険も充実していて、最高2,500万円の海外および国内旅行傷害保険が自動付帯します。

マクドナルドやコンビニでポイントが5倍になるなど、特定店舗で高還元の上に付帯保険も充実してますので、メインカードとしても一押しの1枚ですね。

三井住友VISAクラシックカード

公式サイトへ

カードの詳細へ

年会費 1,500円(税別)
初年度無料、2年目以降は免除条件あり
スペック ・VISAとMastercardの2枚持ちも可(2枚目は年会費250円)
・ココイコ!で買物がお得
・ポイントUPモールで最大ポイント20倍
・最高2,500万円の海外旅行傷害保険
・最高2,500万円の国内旅行傷害保険
・海外ショッピング補償
(国内はリボ/分割払い限定)
・電子マネーiD追加可能

三井住友VISAカード(デビュープラス)は学生にお得

学生さんなら「三井住友VISAカード(デビュープラス)」がピッタリです。年会費は実質無料で、25歳まではステータスの高い銀行系クレジットカードを無料で持つことができますよ。

このカードは年齢制限があり、26歳になると以下いずれかのカードに切り替えなくてはなりません。年会費の安いクラシックカードも選べますが、上位カードを目指したいならやっぱりプライムゴールドカードですよね。

プライムゴールドカードは、30歳を過ぎた最初のカード更新時にゴールドカードに切り替わります。つまり三井住友VISAカード(デビュープラス)は、以下のような3段階のランクアップが約束されている訳ですね。

なお三井住友VISAカード(デビュープラス)には旅行保険は付帯しませんが、リボと分割払いのみ対象のショッピング補償が付いています。

三井住友デビュープラスカード

公式サイトへ

カードの詳細へ

年会費 1,250円(税別)
初年度無料
翌年度以降も年1回の利用で無料
スペック ・満18歳~25歳までの学生限定(高校生は除く)
・満26歳以降はカードが切り替わる
・ショッピング補償(リボ/分割のみ対象)

MUFGカードゴールドは格安で銀行優待も使える

「MUFGカードゴールド」の年会費は1,905円と格安ですが、さらに条件を満たせば年会費はこの半額に!どなたにも手軽に持っていただけるゴールドカードです。

またMUFGカードゴールドはキャッシュカード一体型ではありませんが、三菱UFJ銀行の時間外ATM利用手数料が無料など、三菱UFJ銀行の金融取引サービスが使えるので、この銀行の口座を持っている方にもおすすめですね。

3種類の会員向けプログラムでポイントアップできるなど、ポイント対策もバッチリです。また充実した旅行保険に加えて国内渡航便遅延保険まで付いていますし、ゴールドなのでもちろん空港ラウンジも使えます。

低価格でゴールドカードを持ちたい方にもおすすめの1枚と言えるでしょう。

MUFGカード ゴールド

公式サイトへ

カードの詳細へ

年会費 1,905円(税別)
初年度無料
2年目以降は登録型リボの利用で半額
スペック ・ATM手数料など銀行優待あり
・プレミアムスタープログラムなどでポイントアップ
・最高2,000万円の海外旅行傷害保険
・最高2,000万円の国内旅行傷害保険
・国内渡航便遅延保険
・ショッピング保険
・国内6空港とハワイの空港ラウンジが無料で使える

MUFGカード・イニシャルは学生は年会費無料

「MUFGカード・イニシャル」は、最初からステータスカードを持ちたい若い方におすすめです。在学中の年会費は完全無料ですが、社会人も年間20万円のカード利用とWEB明細の登録で免除ですから、どちらも実質年会費無料ですね。

しかもMUFGカードのお得なプログラムに加えて、入会後3ヶ月間はポイント3倍に!ただし5年後(学生は卒業後)の初めてのカード更新時には、MUFGカード ゴールドに自動的に切替わります。

以降は年会費が引き落とされるようになりますが、MUFGカード・イニシャルはゴールドが確約された手軽な若者向けカードとしておすすめです。

MUFG Initial(イニシャル)

公式サイトへ

カードの詳細へ

年会費 1,250円(税別)
在学中は完全無料
社会人は初年度無料、
次年度以降は年間利用20万円以上かつWEB明細登録で無料
スペック ・入会後3ヶ月間はポイント3倍
・最高2,000万円の海外旅行傷害保険
・ショッピング保険

ミライノ カード GOLDは家族旅行にもおすすめ

最後は住信SBIネット銀行のクレジットカード「ミライノ カード GOLD」です。住信SBIネット銀行の口座がない方でも申し込めますが、この銀行をご利用ならスマートプログラムが2ランクアップ、そしてカードローン金利が年0.1%引下げになるというメリットがあります。

3,000円というお手軽な年会費ながら、以下のように充実した特典が魅力です。

  • 家族特約つきの充実した旅行保険
  • JCBブランドの海外優待
  • 空港関連の優待サービス

JCBブランドは旅行優待が豊富で、旅行に役立つお得なサービスをたくさん利用できますよ。このカードの最大の魅力は、年会費1万円以上のゴールドカードと同レベル以上の補償額が高い海外旅行保険が付帯する点ですね。

家族で海外旅行に出かける予定がある方にも、ぴったりの1枚と言えるでしょう。

ミライノカードGOLD

公式サイトへ

カードの詳細へ

年会費 3,000円(税別)
年間100万円以上利用で次年度無料
スペック ・住信SBIネット銀行スマートプログラムが2ランクアップ
・住信SBIネット銀行カードローン金利が年0.1%引下げ
・JCBの海外優待
・豊富なエアポートサービス
・海外旅行傷害保険 最高5,000万円 家族特約あり
・国内旅行傷害保険 最高5,000万円 家族特約あり
・ショッピングガード保険(海外のみ、支払い名人設定で国内にも適用)
・QUICPay標準搭載

銀行系クレジットカードは信用度が高くどなたも1枚は持つべきです

銀行系クレジットカードは審査基準が厳しく年会費も高い傾向があり、一般には敬遠する方も多いようです。

しかしローン審査に通りやすくなるなど銀行関連のメリットは貴重ですし、何よりそのステータスと信頼性の高さは他では得ることができません。

ゴールドやプラチナなど上位カードを目指す若い方にも、銀行系クレジットカードは絶対に外せない1枚ですよ。

どのクレジットカードを選べばよいかお悩みのあなたへ

クレジットカードにはレストランやレジャー施設を割引価格で楽しめる優待が利用できるのをご存知ですか?
ポイント還元だけでなく、様々な優待で日常をお得に楽しめるのがクレジットカードなのです
起業してる方のビジネスサポートもしてくれます
ただし、クレジットカードを所有するには審査に通過する必要があります
あなたの状況から所有しやすいクレジットカードを最短2問・最高4問で提案
クレジットカードの種類が多すぎて、どのカードを選べばよいか分からないあなたにもおすすめ
1,000種類以上のクレジットカードの中から、あなたの目的に合った最強のクレジットカードが数十秒で見つかる

自分にあったクレジットカードを見つける自分にあったクレジットカードを見つける

クレジットカードを診断するクレジットカードを診断する
あなたへの最強のカードは?
最短2問であなたの目的にあった最強のクレジットカードが分かる!
PAGE TOP