ETCカード
ETC障害者割引の申請手続きと登録方法!割引制度の仕組みを徹底解説

障害を持つ方にとって、車は移動手段として欠かせないものです。でもガソリン代など交通費が家計の負担になることもあるでしょう。

そこで本人もしくは介護者の運転で高速道路を使う際に、通行料金が割引になる制度をご紹介します。

このETC障害者割引は値引率が高く、障害のある方とそのご家族にはぜひ知っていただきたい制度の一つです。

「割引制度について詳しく知りたい」「ぜひ割引を利用したい」という方に、この割引の概要と使い方を詳しくご説明しますので、ぜひ最後までお付き合いください。

ETC障害者割引って?利用できるケース&制度の概要

ETC障害者割引は、障がいをお持ちのご本人だけでなく、家族にとっても大きな意味のある制度です。

まずはETC障害者割引とはどういうもので、どういうケースに利用されるのかを見ていきましょう。

障がい者の運転もしくは同乗時に適用される

ETC障害者割引とは、有料道路の料金に対する割引制度です。この割引は障がい者が運転する場合だけでなく、家族などが運転する車に本人が同乗する際にも適用されます。

ただし以下のように、状況によって割引対象が変わることにご注意ください。

ETC障害者割引の対象者 運転手 車の所有者
身体障がい者手帳を持つ人すべて
(第2種障害者)
障がい者本人 ・障がい者本人
・配偶者など同居親族
重度の障がい者
(第1種障害者)
・介護者 ・障がい者本人
・配偶者など同居親族
・日常的に介護している人

身体障がい者本人が運転するなら、必ずETC障害者割引を受けることができます。しかし介護者が運転する車に本人が同乗する場合は、障害の重いケース(第1種障害者)しか割引になりません。

1人につき1台の車しか登録できない

ETC障害者割引は登録制で、事前に手続きすることで初めて割引が使えるようになります。福祉事務所などに申請すれば、障がいのある方1人に対して1台の車に割引が適用されます。

家族で複数の車を保有している場合も、ETC障害者割引を申請できるのはこのうちの1台だけです。

【ETC障害者割引に申請できるもの】

・「障がい者1人に対して」
・車:1台
・車載器:1台
・ETCカード:1枚

ETC走行するには車載器とETCカードの登録も必要ですが、割引はそれぞれ申請した1台と1枚にのみ適用されます。

これ以外の組み合わせでは、ETC障害者割引は適用されませんのでご注意ください。

割引適用されると通行料金が半額になる

ではETC障害者割引が適用されれば、通行料がどのくらい割引になるのでしょう?その割引額は基本料金の50%(半額)です。割引後の金額は10円未満は切り上げとなるため、正確に言うと「最大50%オフ」ですね。

当然のことですが、ETC障害者割引は様々なETC割引の中でも極めて高い割引率となっています。

ETC走行しなくても障害者割引は適用される

実はこのETC障害者割引は、ETCシステムの拡大を見込んで平成15年12月に制度改正されたものです。

それまでは料金所の係員に、障がい者手帳を提示した上で、割引証を提出する必要がありました。現在はETCノンストップ走行でも障害者割引になりますが、従来の様に障がい者手帳を提示して割引を受けることも可能です。

それぞれの手続きや利用方法については、次章で詳しくご説明しましょう。

病気や怪我で障がい者手帳を交付される人には、高速道路の料金が50%割引になる制度があるって知ってる?このETC障害者割引は、家族など介護者の運転でも適用されるんだよ。
交通事故で車椅子生活になった人も知ってるし、これは決して他人事じゃないな。ETC障害者割引があれば家族の負担も軽くなるだろうから、こういう制度は誰でも知っておくべきだ。
ETC障害者割引には申請が必要で、1人に対して車1台、車載器1台、ETCカード1枚を登録することになっている。この申請は委任状があれば代理人でもできるよ。

ETC障害者割引には事前登録が必須!登録方法&使い方

ETC障害者割引には申請が必要です。事前に福祉事務所や市町村の福祉担当課で手続きしますが、その際には障がい者手帳以外にも忘れてはいけないものが幾つかあります。

次にETC障害者割引の申請方法や使い方をご説明しましょう。

事前に担当福祉課や福祉事務所で申請が必要

ETC障害者割引は申請しない限り適用されません。ただ障がい者手帳を持っているだけでは、何度料金所を通っても割引にはならないのです。

割引適用のためには事前に福祉事務所まで行って車両・車載器・ETCカードを登録し、障がい者手帳に必要事項を書き込んでもらう必要があります。

この手続きは本人だけでなく、代理人が行っても構いません。ただしその場合は必ず委任状をご持参ください。

ETC走行にはETCカードとセットアップ証明書が必要

以下はETC障害者割引の申請に必要なものの一覧です。

通行方法 申請に必要なもの
ETCを使う ・申請書(福祉事務所にて記入)
・身体障害者手帳又は療育手帳
・登録する車の自動車検査証
・運転者の運転免許証
①ETCカード(未成年以外は本人名義のもの)
②ETC車載器セットアップ申込書・証明書
ETCを使わない ・申請書(福祉事務所にて記入)
・身体障害者手帳又は療育手帳
・登録する車の自動車検査証
・運転者の運転免許証

もしも車のローンが残っている場合は、割賦契約書又はリース契約書も併せてご持参ください。また代理人による申請では委任状もお忘れなく。

ETCを使わない場合は申請が簡単

ETC走行しないという方は、ETC障害者割引の申請にETCカードや車載器セットアップ証明書は不要ですし、手続きもその場で済んでしまいます。

しかしETCが使えないと、料金所ではその都度係員に障がい者手帳を提示し、料金を清算しなくてはなりません。

同じ申請するなら、ノンストップで料金所をスルーできる便利なETC無線走行がおすすめです。

ETCを使う場合は申請に時間がかかる

ETCを使う場合は、申請時には3種類の必要書類に加えて、①ETCカードと②車載器のセットアップ証明書が必要です。

窓口では障がい者手帳に必要事項を書き込んでもらい、最後に「ETC利用対象者証明書」を受け取ります。

手帳への記載

そしてこれを「有料道路ETC割引登録係」に郵送し、後日確認の書面が郵送されれば、晴れて割引料金にてETCノンストップ走行できるようになるのです。

ETC利用対象者証明書を郵送しなくてはならない

以下にETC利用を前提にしたETC障害者割引の申請手順をまとめました。

① 申請書と必要書類を窓口へ提出
② 必要事項を障がい者手帳に書き込んでもらう
③ 「ETC利用対象者証明書」を発行してもらう
④ ③を「有料道路ETC割引登録係あて」に郵送する
⑤ 「登録結果通知書」が送付される

障がい者手帳への記載だけなら、申請は②で完了します。でも少々手間がかかっても、便利なETCを使わない手はありませんよね。

ETCカードは本人名義のものが必要

なおETCカードは、障がい者本人のものが必要です。もしもクレジットカードをお持ちでなければ、クレジットカードに新規入会し、同時にETCカードを追加発行してください。

通常カードが手元に届くまでには1週間から2週間程度かかるので、これにはETC障害者割引の申請よりもずっと前から取り掛かる必要があります。

ここで、年会費無料で手軽に作れるおすすめのETCカードを厳選してご紹介いたしましょう。

年会費無料高還元!JCB CARD W

JCB CARD Wは年会費無料で作れる高還元カードです。JCB CARD Wはカード本体もETCカードも両方無料ですから、一切コストがかかりません。

さらに、基本還元率も1%と高く、ETC利用分もお得にポイントを稼ぐことができます。国内でもJCB優待で飲食店やホテルなどを優待価格で楽しめますから、日常生活もお得に楽しめる1枚です。

年会費無料にも関わらずスペックも高いカードですから、メインカードとしても大活躍してくれること間違いなしの1枚ですね。

JCB CARD W

公式サイトへ

カードの詳細へ

女性に一押し!JCB CARD W plus L

女性の方にはJCB CARD W plus Lがおすすめです。こちらのカードも年会費は無料、基本還元率が1%と高く、JCB CARD Wと同じ特典が利用頂けます。勿論ETCカードも無料で発行が可能です。

JCB CARD Wとの唯一の違いは、JCB CARD W plus Lの場合、女性のキレイを応援するLINDAリーグや低価格で加入できる女性疾病保険などのオプションが利用できる点ですね。

女性のメインカードとして大活躍してくれること、間違いなしの1枚と言えるでしょう。

JCB CARD W plus L

公式サイトへ

カードの詳細へ

ETCカードをお急ぎの方におすすめ!セゾンカードインターナショナル

ETCカードをお急ぎの方には、ETCカードも即日発行に対応しているセゾンカードインターナショナルがおすすめですね。

セゾンカードはカード本体だけでなくETCカードも一緒に即日発行に対応できる唯一のカードで、年会費も無料です。

また、お出かけに役立つ多数の優待が利用できる点の魅力の1つと言えるでしょう。ここで、セゾンカードの飲食に関する優待の一部を抜粋してご紹介しておきますね。

  • ステーキのどん:飲食代10%OFF
  • donイタリアーノ:飲食代10%OFF
  • どん亭:飲食代10%OFF
  • 中納言:料理代10%OFF
  • 鉄板焼ひかり:料理代10%OFF
  • 日本料理浮橋:料理代10%OFF

ここでご紹介した優待はほんの一部で、セゾンカードは飲食店だけでなくレジャー施設なども優待価格で楽しめます。この優待だけでも入会する価値があるほどのサービスです。

年会費も無料ですし、ETCカードの発行を急いでいる方にはセゾンカードインターナショナルがおすすめですよ。

セゾンカードインターナショナル

公式サイトへ

カードの詳細へ

非無線走行も可能

ETCカードと車載器を登録すれば、非無線通行でもETC障害者割引が適用されます。

何らかの事情でETCレーンを使えない場合は、係員のいるレーンで障がい者手帳とETCカードを提示して清算してください。これで同じ様にETC障害者割引が適用されますよ。

ETC障害者割引には事前に申請が必要なんだな。障がい者手帳にスタンプを押すだけだと思ったら、後で郵送したりと手続きが面倒そうだね。
確かに少々手間がかかるけど、一度登録すれば高速道路の料金所をノンストップで走行できるんだから手続きする価値はあるよ。ただし2年ごとの更新を忘れないでね。

ETC障害者割引ではここに気をつけて!他の割引との併用や注意点

最後はETC障害者割引における注意点です。深夜割引やマイレージなどとの併用ができるのかどうか、またレンタカーが使えるかどうかなど、疑問点を調べてまとめました。

深夜割引や休日割引とは併用できない

ETC障害者割引は一律50%と割引率が高いので、他の割引と併用すればほぼ0円で高速道路を走れるかも?なんて思った方も多いでしょう。

しかし残念ながら、以下割引とETC障害者割引との併用はできないことになっています。

  • 併用× 深夜割引
  • 併用× 休日割引
  • 併用× 平日朝夕割引
  • 併用◯ ETCマイレージ

でもETCマイレージは利用できますので、こちらはぜひ登録しておいてくださいね。ETCマイレージなら、支払った通行料に応じてマイレージポイントが貯まりますよ。

レンタカーや代車では割引適用されない

旅行先などでレンタカーを借りることもあるかと思いますが、その場合はETC障害者割引は使えるのでしょうか?

残念ですが、ETC障害者割引は申請した車両以外では使えません。レンタカーや代車など、他の車では障がい者本人が運転していても割引は適用されないのです。

  • 適用× レンタカー
  • 適用× 代車
  • 適用◯ 登録した車両・車載器・ETCカード

車載器やETCカードも、登録したもの以外を利用すると割引にはなりませんのでご注意ください。

2回目の誕生日までが有効期限

またETC障害者割引の登録には有効期限があることも忘れないでください。

2年の有効期限が切れる前には、必ず福祉事務所で更新手続きを行う必要があるのです。

【ETC障害者割引の有効期限】

・本人の2回目の誕生日まで
・更新は割引有効期限の2ヵ月前から可能
・その後2年ごとの更新が必要
・ETC走行の場合は有効期限の約2週間前までに手続きする

なお更新手続きは、有効期限切れの2ヶ月前から可能となっています。特にETC関連の手続きはあまりギリギリだと間に合わないので、なるべく早めに更新を済ませましょう。

登録内容に変更があれば届出が必要

なおETC障害者割引に申請した内容について変更があった場合は、更新前であっても必ず福祉事務所に届出てください。

例えばナンバープレートが変わった場合は、車載器のセットアップからやり直す必要があります。

【ナンバープレートを交換したら?】

1.車載器を再度セットアップし直す
2.再セットアップの証明書を使って変更申請する

その他引っ越しによる住所変更、車の買い換え、ETCカードの変更(カード更新はそのままでOK)などについても、ちゃんと届出しないと割引は適用されません。

障害者割引は請求時に適用される

ところでETC障害者割引が適用されるタイミングはいつなのでしょうか?料金所の係員に障がい者手帳を提示して料金を支払う場合は、その時点で50%引きの料金を請求されるためタイムラグはありません。

しかしETC走行の場合は、ETC障害者割引は料金の請求時に初めて適用されます。以下において割引適用前の料金が表示されても心配はありません。その場合も、請求時にはちゃんと50%割引になります。

  • 路側表示器の表示や車載器
  • カーナビ等の料金表示
  • 音声案内
  • ETC明細書

違反行為には厳しいペナルティ

ところでETC障害者割引は一律50%オフという大幅な割引だけに、中には悪用する人もいます。障がい者が同乗しないのにも関わらず、半額分の料金を免れようとする訳ですね。

もちろんこれはルール違反で、虚偽の申請が発覚した場合には以下のような処遇が待っています。

  • ETC障がい者割引の適用を2年間停止(障がい者手帳にも記載)
  • 通常料金を返金、さらに割引額の2倍の額を割増金として請求
  • 電子計算機使用詐欺の容疑で逮捕

ETC障害者割引の不正使用は詐欺容疑で警察にも捕まる犯罪ですが、最近は悪用事例が増えているそうです。

不正使用が増えれば割引存続に悪影響も?

新聞報道によると、ある男は仕事用のレッカー車にETC障がい者割引に申請した車載器を移設し、2400回以上もの不正使用を繰り返したのだとか。不正に免れた正規料金は、なんと130万円以上にものぼると言われています。

こういった悪質なドライバーが増えれば、割引制度の存続にも悪影響を及ぼしかねないでしょう。ETC障害者割引の悪用は決して許されるものではありません。

ETCカードを変えれば通常走行もOK

でも家族で1台の車を共有していれば、障がい者が運転もしくは同乗しないことも多々あるでしょう。これも違反になるのでしょうか?

その場合はETCカードを挿し替えればOKです。

ETC障害者割引を申請した車であっても、別のETCカードを使うなら割引は適用されません。家族内でも目的別にETCカードを使い分けて、ETC障害者割引の適正利用を心がけましょう。

ETC障害者割引は料金が50%オフ!本人や家族はぜひ登録を

ETC障害者割引は値引率が高く、有料道路の料金が一律半額になります。運転する人は本人でなくても構いませんが、同乗でも割引適用されるのは重度の障がい者に限られます。

この制度は登録制で、事前に必要書類を揃えて福祉事務所にて申請、発行された証明書を郵送することによって初めてETC通行で割引が適用されるようになります。

ETCを使わない場合は、係員のいるレーンで必要事項が記載済みの障がい者手帳を提示の上清算してください。また障がい者の方が運転もしくは同乗しない場合は、ETCカードを変更して適正利用を心がけましょう。

どのクレジットカードを選べばよいかお悩みのあなたへ

クレジットカードにはレストランやレジャー施設を割引価格で楽しめる優待が利用できるのをご存知ですか?
ポイント還元だけでなく、様々な優待で日常をお得に楽しめるのがクレジットカードなのです
起業してる方のビジネスサポートもしてくれます
ただし、クレジットカードを所有するには審査に通過する必要があります
あなたの状況から所有しやすいクレジットカードを最短2問・最高4問で提案
クレジットカードの種類が多すぎて、どのカードを選べばよいか分からないあなたにもおすすめ
1,000種類以上のクレジットカードの中から、あなたの目的に合った最強のクレジットカードが数十秒で見つかる

自分にあったクレジットカードを見つける自分にあったクレジットカードを見つける

クレジットカードを診断するクレジットカードを診断する
あなたへの最強のカードは?
最短2問であなたの目的にあった最強のクレジットカードが分かる!
PAGE TOP