ETCカード
ETCカードの解約方法!注意点もあわせて解説

ETCカードは長距離ドライブの必需品です。クレジットカードに入会する際に一緒に作れるので、何枚かお持ちの方も多いでしょう。

しかしいざカードを作ってはみたものの、思ったほど使わなかったなんてことは誰にでもよくある話ですよね。そのまま放置している方が殆どだと思いますが、不要なETCカードは解約する方がいいのでしょうか?

今回は、気になるETCカードの解約について徹底解説します!ETCカードを持て余している方はぜひご参考になさってください。

ETCカードの解約方法はカンタン!カード会社別手続き方法一覧

カード類は使っている間はとても便利ですが、いざ不要になるとその処理に困りますよね。解約方法を調べるのも面倒なので、そのまま放置している方が殆どだと思います。

でもETCカードの解約方法って、実は意外とカンタンなんですよ。

クレジットカードを退会すればETCカードも自動解約

そもそもETCカードはクレジットカードに帰属するものですから、元のクレジットカードを退会すればETCカードも自動的に使えなくなります。

しかし今回ご説明するのは、クレジットカードはそのまま継続利用し、ETCカードの方だけを解約する方法です。

なおETCカード+クレジットカード一体型のカードの場合、ETCカードのみの解約は不可能です。このタイプは、両方継続もしくは両方解約のいずれか一方しか選べません。

多くのカード会社は電話で解約を受付けている

一般的な分離型のETCカードを解約したい時は、紐付くクレジットカード会社で手続きを行います。

この通り、殆どのカード会社は電話でETCカードの解約を受け付けています。

カード会社 ETCカード解約受付
三井住友カード FORYOUデスクに電話
ワイジェイカード ワイジェイカードコンタクトセンターに電話
イオンカード コールセンターに電話
楽天カード 自動音声専用ダイヤルに電話
クレディセゾン ・インフォメーションセンターに電話
・セゾンカウンターに来店
JCBカード MyJCB(インターネット)で解約
American Express サポートセンターに電話

例外としてセゾンカードは店舗カウンターでも手続きできるほか、JCBカードはオンラインでの解約が可能です。

カードを用意して自分で電話をかける

電話は必ず自分でかけてください。ETCカードの解約手続きは本人にのみ可能です。手続きにはETCカードのカード番号が必要なので、手元に解約するETCカードを用意しましょう。

  • 本人が電話をかける(代理人はNG)
  • 解約したいETCカードを用意する
  • 紐づくクレジットカードも用意する

またカード会員であることを確認するために、クレジットカードのカード番号が必要な場合もあります。なのでETCカードに紐づくクレジットカードも併せてご準備ください。

ETCカード裏面にカード会社と連絡先が記載されている

クレジットカードを何枚も持っている人は、ETCカードをどのクレジットカードで発行したのか忘れてしまった方もいるかもしれません。

そんな人もETCカードの券面を見れば、どのカード会社から発行されたものかがわかります。以下は三井住友カードで発行されるETCカードです。この通りクレジットカード会社の名前がしっかり記載されていますね。

三井住友ETCカード

もしも表側にカード会社の名前が入っていなくても、裏面を見ればカード会社や連絡先がちゃんとプリントされています。

利用明細書を見れば紐づくカードがわかる

でも同じカード会社発行のクレジットカードを何枚も持っていたら、これだけではカードを特定できませんよね。

その場合は、それぞれのクレジットカードの利用明細を確認してください。ETCカードの利用履歴が残っていれば、それが紐づくクレジットカードです。

これでもわからない場合は、カード会社に問い合わせた上で解約手続きを行いましょう。

ETCカードはハサミを入れて廃棄する

ETCカードの解約そのものは至ってカンタンで、その場で全ての手続きが完了してしまいます。

後日こちらから書類やETCカードなどを送り返す必要もありません。なので後に残ったETCカードは自分で処理することになります。

解約後のETCカードは、一般的なカード類の処理方法と同様、磁気テープやICチップ部分にハサミを入れて切断した上で、お住まいの地域のゴミ分別方法に応じて廃棄してください。

ETCパーソナルカードの解約には手間と時間がかかる

ETCカードの解約手続きは、特に問題がなければものの数分で終わってしまいます。ただしこれはクレジットカードから追加発行できる一般的なETCカードの場合です。

ETCパーソナルカード

デポジット(補償金)タイプの「ETCパーソナルカード」だと、解約にはもっと時間がかかります。こちらはクレジットカードを使用しないため、解約方法も異なるのです。

ETCパーソナルカードは解約すると返却が必要

ETCパーソナルカードの解約手続きは以下手順をご参照ください。

  • ①ETCパーソナルカード事務局に電話する
  • ②折り返し電話に応じる
  • ③解約書を送付してもらう
  • ④解約書に必要事項を記入し、カードと一緒に返送する
  • ⑤デポジットは1ヶ月半~2ヶ月で指定口座に返金される

ETCパーソナルカードの場合、解約後はカードを返却せねばなりませんし、デポジットが返金されるまでには1ヶ月以上を要します。

使っていないETCカードをどうやって処分しようか迷っていたんだが、手続きがこんなにカンタンに済むとは知らなかったよ。
デポジット方式のETCパーソナルカード場合はちょっと面倒だけど、一般的なETCカードならカード会社に電話をかけるだけで解約できるんだよ。
このまま放ったらかしでもいいかなと思ってたけど、クレジットカードと繋がっていることだし、不要なETCカードはキチンと処理した方がよさそうだな。

ETCカードを解約しないとどうなるの?放置による2つの弊害とは

ところで不要となったETCカードを、解約せずそのまま持ち続けるとどうなるのでしょうか?

特に問題がなければ、わざわざ解約する必要はないかもしれません。しかし一方で、見過ごせないトラブルの可能性も考えられるのです。

①使わなくても年会費を毎年請求される

使用しないETCカードを解約せず放置することによる第一の弊害は、無駄な年会費が毎年引き落とされてしまうことです。と言っても全てのETCカードに年会費がかかる訳ではありません。

年会費制のETCカードは全体から見ればほんの一部で、多くは年会費も発行手数料もかからない完全無料タイプです。中にはカード発行手数料として、入会時に一度だけ代金を納めるタイプのETCカードもあります。

こういうことは外見からは判断がつかないので、お持ちのETCカードが以下のどのパターンに当てはまるのか、今一度カード会社のサイトでご確認ください。

ETCカード 年会費 発行手数料
A社 無料 無料
B社 無料 1,000円
C社 500円 無料

新規入会するなら、ETCカードが完全無料のA社がおすすめです。

なお年会費がかかる場合も初年度だけ無料だったり、また2年目以降も年に1度使うことで無料になる場合もあります。しかし年会費と発行手数料どちらも有料というETCカードは存在しません。

年会費のかかるETCカードは解約した方がいい

発行手数料のかかるETCカードの場合、最初に一度だけ手数料を支払えば、後は何年使っても維持費はかかりません。

しかし年会費は、使っても使わなくても毎年必ず請求されるので、使わないETCカードを長く放置すればするほど無駄な費用がかかってしまうのです。

クレジットカードを使用しないETCパーソナルカードの場合、解約すればデポジットの残高を返金してもらえますが、年会費や発行手数料はETCカードを解約しても戻ってはきません。

年会費のかかるETCカードはできるだけ早く解約した方がいいですし、必要ならば完全無料のETCカードに切り替えるべきです。もちろん年会費や手数料がかかってもかからなくても、ETCカードの機能に何ら変わりはありません。

②盗難による不正使用の危険性

また不要なETCカードを長期間放置すれば、盗難や不正使用の危険性が高まるという問題もあります。

ひょっとしてあなたは使わなくなったETCカードを車載器に入れっぱなしにしていたり、また車のダッシュボードに放り込んだままにしていませんか?

これでは盗まれたって分からないですよね。クレジットカードの利用明細をこまめに確認していなければ、ETCカードが不正使用されたとしても気づくこともできないでしょう。

不正使用は期限内に申告しないと補償を受けれない

ETCカードを盗まれた場合、ただちにカード会社に通報すればカード犯罪を未然に防ぐことができます。万が一不正使用されてしまっても、その分の請求は取り消されますからあなたが損害を被る心配はありません。

しかし不正使用に気づくのが遅れると、この補償を受けることができないのです。いずれにしてもETCカードを車内に放置して盗難に遭えば、管理義務を怠ったとして補償の対象にはならないでしょう。

使わなくなったETCカードは管理が難しいので、やはり早めに解約する方が無難ですね。

使わないETCカードを放置したところで特に問題はないと思ってたけど、余計な費用がかかってしまうこともあるんだな。
そうなんだよ。使っても使わなくても年会費は毎年引き落とされるし、車内にETCカードを放置して悪用されれば、盗難補償を受けることもできないんだ。これじゃ踏んだり蹴ったりだよね。

ETCカード解約は本当に必要なの?手続きの前にもう一度検討を

不要なETCカードはキチンと解約した方がよさそうですが、実際に解約の手続きに取り掛かる前に幾つか確認しておきたいことがあります。

ここまで解約の動機については触れてきませんでしたが、利用頻度が少ないからといってETCカードの解約を決めてしまってもいいのか、もう一度よく考えてみましょう。

数年に1度でも使うなら解約すべきではない

一般的なクレジットカードなら、年に1度も使わなければ解約を考えても不自然ではないですよね。

しかしETCカードの場合は、利用頻度が低いからと言って解約する必要はありません。

ETCカードの必要性は利用頻度とは関係ないので、年に1度しか長距離ドライブしない方でもETCカードを持つ意味はあるのです。

反対によく考えずに解約してしまうと、後でもう一度申し込むはめになるかもしれませんよ。

再発行にも手数料がかかる

特に発行手数料のかかるETCカードを解約した後で再度申し込めば、発行手数料を合計2回も支払うことになります。

また完全無料のETCカードでも、再発行の際には手数料を請求されるケースもあるので注意が必要です。以下のようなETCカードは何年持ち続けても維持費は0円ですから、無理に解約する必要はありません。

  • 年会費無料+発行手数料1,000円
  • 年会費無料+発行手数料無料、ただし再発行手数料1,000円

年会費のかかるケースや、またETCカードを何枚も作ってしまった場合は別ですが、維持費のかからないETCカードは解約せずそのまま保有することをおすすめします。

解約のタイミングは年会費が発生する前に

年会費のかかるETCカードの場合は、解約のタイミングにも注意が必要です。

無駄なコストをかけないためには、年会費の支払い月よりも前に解約するのがおすすめです。

ETCカード年会費の支払い月は、券面の有効期限を見ればすぐにわかります。

ETCカード有効期限

・01/’22 → 2022年1月まで有効という意味
・入会月は1月 → 1月までに退会すれば年会費は不要

もしも「01/’22」と刻印されていれば、1月までに退会すれば翌年分の年会費を支払わずに済むでしょう。

解約するとETCマイレージのポイントが消滅する

もう一つ忘れてはいけないのは「ETCマイレージサービス」です。

ETCマイレージサービスとは?

・ETC走行によってポイントが貯まるサービス
・貯めたポイントは還元額(無料通行分)に交換できる
・ポイント有効期限は付与年度(4月?翌3月)の翌年度末

ETCマイレージサービスとは、ETC専用のポイントプログラムです。このサービスに登録すると、ETCカードの利用に応じてポイントが貯まるのです。

しかしETCカードを解約すれば、貯まっていたポイントも交換した還元額も、全て消滅してしまいます。これはちょっと痛いですよね。

ETCマイレージサービスはポイント合算や譲渡もできないので、解約後の残高は諦めるしかない状況です。

ETCカードの解約は、マイレージのポイントや還元額を全て使い切ってからでも遅くはありませんよ。

ETCカード解約直後からETC走行ができなくなる

さていよいよETCカードの解約手続きをしてしまったら、その直後からETC無線通行はできなくなります。

クレジットカードを解約した場合もETCカードは使えなくなりますが、実は解約の直後はまだETC無線通行は可能です。これは安全上の配慮から、クレジットカードが使えなくなっても、ETCカードの方は暫くの間有効だからです。

しかしETCカードを解約すれば、そのような猶予はありません。料金所のバーが開かないと危険ですから、解約のタイミングを間違えないよう気をつけてくださいね。

ETCカードの解約は簡単ですが必ずしも必要ではありません

使わなくなったETCカードは、経費面およびセキュリティ上の観点からも解約をおすすめします。

しかし年会費のかかるETCカードを除いて、必ずしも解約が必要という訳ではありません。マイレージポイントや還元額が無効になったり、再度申し込む際に発行手数料がかかるなど、解約にはデメリットもあるからです。

ただし盗難や不正使用については注意が必要です。次に使う日まで、ETCカードは適正管理を心がけてください。

どのクレジットカードを選べばよいかお悩みのあなたへ

クレジットカードにはレストランやレジャー施設を割引価格で楽しめる優待が利用できるのをご存知ですか?
ポイント還元だけでなく、様々な優待で日常をお得に楽しめるのがクレジットカードなのです
起業してる方のビジネスサポートもしてくれます
ただし、クレジットカードを所有するには審査に通過する必要があります
あなたの状況から所有しやすいクレジットカードを最短2問・最高4問で提案
クレジットカードの種類が多すぎて、どのカードを選べばよいか分からないあなたにもおすすめ
1,000種類以上のクレジットカードの中から、あなたの目的に合った最強のクレジットカードが数十秒で見つかる

自分にあったクレジットカードを見つける自分にあったクレジットカードを見つける

クレジットカードを診断するクレジットカードを診断する
PAGE TOP