スマホ決済
Garmin Pay(ガーミンペイ)はスポーツ時に便利なスマートウォッチ決済

Garmin Pay(ガーミンペイ)は2018年5月から新しくスタートしたスマート決済です。といってもスマートフォンではなく、ガーミン社製のスポーツウォッチを使用する最新型の決済方法です。

Garmin Pay(ガーミンペイ)なら、トレーニング中も貴重品の保管に気を配る必要がありません。ランニングも手ぶらでOKですよ。既にガーミンウォッチをご利用の方もそうでない方も、是非この新しい決済方法をチェックしてください。

Garmin Pay(ガーミンペイ)とは!?ウォッチを使う新型決済

それにしても昨今は次々新しいタイプの電子決済が登場するので、どなたも少々混乱気味ではないでしょうか?まずはGarmin Pay(ガーミンペイ)とはどういうものなのか、その概要からご紹介したいと思います。

ガーミン社のスマートウォッチで使う

Garmin Pay(ガーミンペイ)とは、スマートウォッチで使える非接触型の決済方法です。同じウォッチタイプの決済方法にApple Payがありますが、こちらはApple Watch(もしくはiPhone)上で動作します。

Garmin Pay

決済方法 利用端末
Garmin Pay(ガーミンペイ) GARMIN社のスマートウォッチ
Apple Pay(アップルペイ) Apple Watch(iPhone)

Garmin Payはガーミン社のGPS機能搭載スポーツウォッチに対応し、Apple Payと同じようにスマホのアプリで設定・管理します。

ガーミンペイなら手ぶらで運動できる

ガーミン社のスマートウォッチはスポーツ対応ですから、もちろんランニング中の距離計測や心拍数などのデータ管理はお手の物。

ここにGarmin Pay(ガーミンペイ)を搭載すれば、帰りにコンビニに立ち寄って水分補給するのも簡単になりますよ。ウォッチをレジの読み取り端末にかざせば清算は完了!

財布やカードは一切必要ありません。貴重品を身につける必要がないので、誰もが快適かつ安全にスポーツを楽しむことができます。

貴重品を持ち込めないジムでも便利

ヨガやフィットネスクラブに通っている方は、トレーニング中の貴重品の保管場所に苦労していませんか?タオルや着替えはロッカーにしまえますが、財布やカードまで一緒に入れるのはちょっと不安ですよね。

貴重品の持ち込みが禁止になっているジムも多く、かといって無一文で出かける訳にもいきません。お金の管理はどなたにとっても頭の痛い問題です。

でもスポーツウォッチと決済方法が一体化しているGarmin Pay(ガーミンペイ)を持てば、こういった問題は一気に解決するでしょう。

対応機種は6タイプ

ただしガーミン社のどのウォッチでもGarmin Pay(ガーミンペイ)が使える訳ではありません。2019年8月現在、この決済方法に対応しているのはガーミン社の以下6機種です。

  • vivoactive 3/3 Music
  • finix 5X Plus
  • finix 5 Plus Sapphire Ti Gray
  • finix 5S Plus Sapphire White
  • ForeAthlete 645 Music
  • ForeAthlete 645

価格は最も安いものでもおよそ4万円もしますから、Garmin Pay(ガーミンペイ)を使いたいからといって気軽に購入できるものではないですね。でもスポーツウォッチを新調しようと考えている方には、ちょうど良い機会かもしれません。

Garmin Payは海外でも使える

それにGarmin Pay(ガーミンペイ)は、海外国内を問わず使えるのも魅力です。日本のApple Payは国内電子マネーを使用するため海外では使えません。

しかしGarmin Pay(ガーミンペイ)は国際基準のVisa payWave対応なので、海外でも国内同様に使用できるのです。以下のロゴのあるお店なら、日本でも外国でもGarmin Pay(ガーミンペイ)で支払えますよ。

Garmin Pay決済可能なロゴ

マクドナルドやローソンなど利用は拡大中

残念ながら日本国内の対応店はまだ少ないのですが、現時点では以下の店舗でGarmin Pay(ガーミンペイ)が使えます。

  • マクドナルド
  • ローソン
  • ぐるなびPay
  • C→REX端末(JTB提供)設置の旅館・土産物店
  • TSUTAYA
  • メガネストアー
  • 関西国際空港 KIX 
  • Airport Limousine
  • Phiten
  • Hotel Villa Fontaine
  • 表参道ヒルズ

スタート時点からマクドナルドやTSUTAYAが参入、すぐにローソンも加わって利便性が一気に高まりました。現在日本では海外観光客向けにVisa payWaveの対応店舗が増えており、Garmin Pay(ガーミンペイ)も今後ますます使いやすくなっていくと考えられます。

ジムに通いたいなと思ってるから、スポーツウォッチにはすごく興味あるよ!でもGarmin Pay(ガーミンペイ)は使えるお店が少ないし、まだ購入するのは早いかな?
Garmin Pay(ガーミンペイ)の対応店舗には、ローソン、マクドナルド、TSUTAYAなど使いやすいお店が揃ってるよ。利用先は今後も拡大していくだろうし、何と言っても国内だけでなく海外でも使えるのは便利でしょ?

Garmin Pay(ガーミンペイ)の設定と使い方

でもガーミン社のウォッチを手に入れても、それだけではGarmin Pay(ガーミンペイ)を使うことはできません。

Apple Pay(アップルペイ)にクレジットカードやSuicaを読み込ませたように、Garmin Pay(ガーミンペイ)にも決済手段をリンクさせる必要があります。

デビットカードしか使えない

実はGarmin Pay(ガーミンペイ)には、Apple Pay(アップルペイ)のようにSuicaや手持ちのクレジットカードを読み込ませることができません。

現時点ではGarmin Pay(ガーミンペイ)にはデビットカードしか使えないのです。

デビットカードとは銀行が発行する決済カードで、キャッシュカードの一種です。ブランドマークもちゃんとついていますし、外見も使用感もクレジットカードとそっくりです。

デビットは即時決済・クレジットは後払い

でもデビットカードとクレジットカードは根本的に異なるもので、以下のような相違点があります。

相違点 デビットカード クレジットカード
決済方式 即時決済 後払い
支払い回数 1回のみ ・1回
分割払い
リボ払い
ボーナス払い
利用上限 口座残高 カード利用限度額
年齢制限 15歳以上 18歳以上
入会審査 不要 必要

デビットカードは使うと同時に口座からお金が引き落とされますが、クレジットカードは後払い方式です。引き落としが実行されるのはおよそ1ヶ月後で、その間はカード会社が支払いを立て替えてくれることになっています。

クレジットカードには審査があり、18歳にならないと申し込めませんが、支払い方法の変更など多くのサービスや機能を利用できます。

海外ではデビットカードの方が主流の国も

ただしデビットカードはガソリンスタンドや一部オンラインサービスなど使えないサービスもあり、日本ではクレジットカードの方が利用の幅が広くてより便利です。

一方海外ではデビットカードの人気が高く、クレジットカード以上に幅広く利用されています。例えば中国人観光客が爆買いで使っているのも、実は銀聯クレジットカードではなく銀聯デビットカードなんですよ。

三菱UFJ-VISAデビットが利用できる

日本でもデビットカードは様々な銀行から発行されていますが、今のところ日本でGarmin Pay(ガーミンペイ)に紐付けることができるのは三菱UFJ-VISAデビットだけです。

Garmin Pay×三菱UFJ-VISAデビット

2019年3月現在では他のデビットカードやクレジットカードはGarmin Pay(ガーミンペイ)に使用できませんのでご注意ください。

  • ○ 三菱UFJ-VISAデビット
  • × 三菱UFJ-JCBデビット
  • × 楽天銀行デビットカード(Visa)
  • × 楽天銀行デビットカード(JCB)
  • × クレジットカード

国内外のVISA加盟店で使用可能

三菱UFJ-VISAデビットは、国内外のVISA加盟店でクレジットカード同様に使える便利な決済カードです。

Garmin Pay×三菱UFJ-VISAデビット

公式サイトへ

カードの詳細へ

【三菱UFJ-VISAデビット】

・国内外のVISA加盟店で使える
・年会費は初年度無料
・2年目以降は1,000円(税別)
・年間10万円以上使えば年会費無料
・23歳以下は年会費無料

Garmin Pay(ガーミンペイ)に読み込んだ後のプラスティックカードも、もちろんそのまま継続して使えますよ。

月9千円使えば年会費は無料になる

三菱UFJ-VISAデビットには2年目以降1,000円の年会費がかかりますが、23歳以下の方もしくは年間10万円以上使えば無料となります。

年間10万円ということは月平均8千円?9千円ですから、年会費を0円にするのはそれほど難しくはなさそうですね。

これはローソンやマクドナルドでGarmin Pay(ガーミンペイ)を使ったり、スーパーやドラッグストアなどVISA加盟店で三菱UFJ-VISAデビットを使えば、どなたも簡単に達成できる金額でしょう。

三菱UFJ-VISAデビットは審査不要だが口座が必要

またデビットカードは審査がないため、15歳以上なら誰でも申し込めます。極端な話、金融ブラックの方でも問題ありません。ただし三菱UFJ-VISAデビットを作るには、三菱UFJ銀行の普通預金口座が必要です。

「スマート口座開設」ならパソコンやスマホから簡単に手続きできますし、口座開設と同時に三菱UFJ-VISAデビットも申し込むことが可能です。

カード発行までの所要時間は通常約1週間から10日程度で、申し込み時には運転免許証・健康保険証・個人番号(マイナンバー)カードのいずれかが必要です。

Garmin Pay(ガーミンペイ)は、日本では今のところ三菱UFJ-VISAデビットしか使用できないんだ。この三菱UFJ-VISAデビットには年会費がかかるけど、23歳以下もしくは年間10万円使えば2年目以降も無料で使えるよ。

Garmin Pay(ガーミンペイ)の設定と使い方はとてもカンタン

さてガーミン社のスマートウォッチと三菱UFJ-VISAデビットカードが手元に揃ったら、次にスマートフォンを使って設定しましょう。

これが済めば、すぐにお店でGarmin Pay(ガーミンペイ)を使えるようになりますよ。

スマホアプリで設定すればGarmin Payが使える

設定にはスマートフォンを使います。まずはGarmin Connect Mobileアプリをダウンロードしてください。このアプリはiOS / Androidいずれにも対応します。後は以下の手順を参考に、三菱UFJ-VISAデビットをGarmin Pay(ガーミンペイ)に紐付けてください。

①スマートフォン(iOSもしくはAndroid)を準備する
②Garmin Connect Mobile アプリをインストール
③アプリでGarmin Payを選択、ウォレットの作成をタップ
④カードの種類はVisaを選ぶ
⑤三菱UFJ-VISAデビットカードをスキャンする

これでスマートウォッチでGarmin Pay(ガーミンペイ)が使えるようになります。

クレジットカード利用を伝えて決済する

次はお店のレジでの支払い手順をご説明しましょう。といっても簡単で、まずはGarminウォッチのウォレットを起動して、後は通常の電子マネーと同じように決済できます。

①ウォレットを起動
②パスコードを入力
③クレジットカード利用を店員に伝える
④リーダーにかざすか軽くタッチ
⑤決済音が鳴れば清算完了

電子マネーの利用時には、店員に「iDを使います」とか「nanacoで払います」と伝えますよね。Garmin Pay(ガーミンペイ)の場合は、「クレジットカードで」と伝えてください。

Garmin Pay(ガーミンペイ)は国際基準の電子マネーVisa payWave(ビザペイウェーブ)で決済しますが、これにはクレジットカードと同じ読み取り端末を使うからです。これならガーミンペイやビザペイウェーブのことを知らないスタッフでも大丈夫ですね。

その後の手順は電子マネーと全く同じで、ウォッチをリーダーにかざして決済音が鳴れば清算は完了です。

なんだかよく解らないなぁ。Garmin Pay(ガーミンペイ)で支払うのに、お店のレジではどうして「クレジットカード決済で」と伝えるの?
それはGarmin Pay(ガーミンペイ)がVisa payWave(ビザペイウェーブ)という国際基準の決済方式を採用しているからさ。同じリーダーを使うから、レジではクレジット決済と言った方が伝わりやすいんだよ。

Garmin Pay(ガーミンペイ)対応のデビットカードをご紹介

次にGarmin Pay(ガーミンペイ)で使用できるデビットカードをご紹介しましょう。三菱UFJ-VISAデビットはクレジットカードと違ってポイントは貯まりませんが、利用額に応じてキャッシュバックされるなどメリットもありますよ。

三菱UFJ-VISAデビットは自動キャッシュバック型

三菱UFJ-VISAデビットは、利用額に応じてキャッシュバックがあります。キャッシュバックは毎月自動的に実行されるので手続きは一切不要です。

Garmin Pay(ガーミンペイ)もしくは三菱UFJ-VISAデビットカードを使っているだけで、毎月一定額があなたの口座に戻ってきます。ポイントのように有効期限内に交換しなくていいので、忙しい方にも便利なプログラムですね。

基本のキャッシュバック率は0.2%

ただし基準となるキャッシュバック率はクレジットカードに比べると低いですが、デビットカードの還元率はクレジットカードよりも低いのが一般的なのです。

毎月の利用額の0.2%ですから、クレジットカードの標準還元率1.0%に比べるとかなり低いですね。でも以下のように加算もあり、還元率は最大0.6%にまでアップします。

【三菱UFJ-VISAデビットのキャッシュバック率】

  • 基本:0.2%
  • 入会後3ヶ月:+0.2%
  • 前年度の合計利用額20万円以上:+0.05%
  • 前年度の合計利用額30万円以上:+0.1%
  • 誕生月:+0.1%

月平均2万5千円使えば925円分が戻ってくる

三菱UFJ-VISAデビットの年会費は年間10万円の利用で無料となるとお伝えしましたが、キャッシュバック率を底上げするにはもうちょっと利用を増やした方がよさそうです。

以下に利用額に応じて、2年目以降は年間どのくらいキャッシュバックされるのかを計算してみました。

前年度の年間利用額 月平均利用額 年間キャッシュバック額
10万円 8,333円 207円
20万円 16,666円 516円
30万円 25,000円 925円

もしも年間30万円利用を目標に毎月25,000円使い続けるとしたら、キャッシュバック率は通常月0.3%・誕生月は0.4%なので、合計で年間925円分があなたの口座に戻ってきます。もちろん年会費無料の条件も達成できているので、満額キャッシュバックです。

不正利用補償と海外国内ショッピング保険付き

以下は三菱UFJ-VISAデビットのスペックです。クレジットカード同様不正利用の補償もついていますし、海外国内のショッピング保険で購入品の盗難や破損に対する損害もカバーされます。

Garmin Pay×三菱UFJ-VISAデビット

公式サイトへ

カードの詳細へ

カード名称 三菱UFJ-VISAデビット
年会費 1,000円(税別)初年度無料
23歳以下もしくは年間10万円以上使えば無料
カードスペック ・申込資格は15歳以上(中学生は除く)
・キャッシュバック0.2%?0.6%
・国内/海外ショッピング保険
・不正利用補償は年間最大100万円

三菱UFJ-JCBデビットはGarmin Payに使えない

次にブランド違いの三菱UFJ-JCBデビットもご紹介しておきましょう。ブランド違いの三菱UFJ-JCBデビットは、今のところGarmin Pay(ガーミンペイ)には未対応です。

今すぐGarmin Pay(ガーミンペイ)を使いたい方は、三菱UFJ-JCBデビットを選ばないようご注意ください。現時点でGarmin Pay(ガーミンペイ)と紐付けることが出来るのは、三菱UFJ-VISAデビットだけです。

JCBデビットはVISAデビットとスペックが異なる

三菱UFJ-JCBデビットには、これ以外にも以下のように三菱UFJ-VISAデビットとは異なる点が数多くあります。

  • カードデザインが選べる
  • 海外のJCBプラザを使える
  • JCBの海外優待が豊富
  • Oki Dokiポイントプログラム対象
  • 海外/国内旅行保険つき
  • 不正利用補償は1事故最大500万円
  • ショッピング保険は海外のみ

三菱UFJ-JCBデビットは3種類のカードデザインがあり、ディズニータイプも選べます。それにJCBの豊富な優待サービスが使えるのも魅力です。

海外旅行保険と国内旅行保険も付帯しており、旅行好きの方にはメリットの多いスペックとなっています。

三菱UFJ-JCBデビットはポイント制

またこのカードはポイント制で、1,000円(税込)の利用で1ポイントが貯まります。貯まるのはOki Dokiポイントで、JCBの会員サイトOki Doki ランドを経由すると、ポイント2倍でお得にネットショッピングできます。

還元率は交換先によって違いますが、大体0.3%~0.5%になります。これは三菱UFJ-VISAデビットのキャッシュバック率とほぼ同じですね。

カード名称 三菱UFJ-JCBデビット
年会費 1,000円(税別)初年度無料
23歳以下もしくは年間10万円以上使えば無料
カードスペック ・申込資格は15歳以上(中学生は除く)
・ポイント還元率は0.3%~0.5%
・Oki Doki ランドはポイント2倍
・海外旅行保険 最大3,000万円
・国内旅行保険 最大3,000万円
・海外ショッピング保険
・不正利用補償は1事故最大500万円

Garmin Pay(ガーミンペイ)はスポーツに便利な決済方法です

以上、Garmin Pay(ガーミンペイ)についてのご説明でした。スマートウォッチで使える電子決済は、ランニングなどスポーツ愛好家の方にはとても便利なアイテムですよね。対応店舗も拡大中で、現時点ではマクドナルドやローソンで決済できます。

日本では今のところ三菱UFJ-VISAデビットとしか紐付けることができないので、必ずこのデビットカードを申し込んでください。三菱UFJ-VISAデビットは年間10万円の利用で年会費無料になりますし、自動キャッシュバック機能で0.2%以上の還元が可能です。

どのクレジットカードを選べばよいかお悩みのあなたへ

クレジットカードにはレストランやレジャー施設を割引価格で楽しめる優待が利用できるのをご存知ですか?
ポイント還元だけでなく、様々な優待で日常をお得に楽しめるのがクレジットカードなのです
起業してる方のビジネスサポートもしてくれます
ただし、クレジットカードを所有するには審査に通過する必要があります
あなたの状況から所有しやすいクレジットカードを最短2問・最高4問で提案
クレジットカードの種類が多すぎて、どのカードを選べばよいか分からないあなたにもおすすめ
1,000種類以上のクレジットカードの中から、あなたの目的に合った最強のクレジットカードが数十秒で見つかる

自分にあったクレジットカードを見つける自分にあったクレジットカードを見つける

クレジットカードを診断するクレジットカードを診断する
あなたへの最強のカードは?
最短2問であなたの目的にあった最強のクレジットカードが分かる!
PAGE TOP