交通系電子マネー
PASMO(パスモ)の使い方とPASMOでおすすめクレジットカード

PASMOと言えば、関東圏で使える電子マネーとしてSuicaと並ぶ存在感を持ち、実際に多くの方が利用していますよね。

そんなPASMOを最大限活用していただくためにぜひ知っておいてほしい、基本的な仕組みや使い方、利用できるエリアなどについてここでは詳しく解説していきたいと思います。

さらに、もっとお得にPASMOを使える便利なオートチャージサービスとおすすめクレジットカードについてもご紹介しましょう。

関東の私鉄・バスユーザー向けにスタート!PASMO(パスモ)の基本概要

PASMOはもともと、関東のJR以外の私鉄やバスのユーザー向けにスタートしたサービスであり、鉄道11事業者、バス19事業者を株主に持つ株式会社パスモから発行されています。

PASMOにできること

他の多くの交通系電子マネーと同様に事前チャージして利用するプリペイド式で、鉄道・バス利用の他に加盟店での支払いにも利用可能となっています。

PASMO・Suicaエリア+全国の相互利用可能エリアで使える

PASMOのエリアは基本的に関東を中心に運営される鉄道27事業者・バス78業者によって形成されています。

それに加えて、JR東日本や東京モノレール、りんかい線などを中心とするSuicaエリアでも、ほぼ同じ機能・サービスを利用することが可能となっているのです。

さらに全国各地の交通系電子マネー相互利用可能エリアでも、PASMOを電車・バスや加盟店での支払い、あるいはチャージなどの機能を利用することができます。

PASMO相互利用可能説明画像

ただしエリアによっては加盟店決済やチャージなど一部の機能が利用できないなど、制限がある場合があるので注意が必要です。

また、相互利用可能エリア同士であっても、例えば東京から名古屋と言ったような2つ以上のエリアをまたぐ形での利用はできないので、注意が必要です。

4種類から選べる!PASMOの種類

PASMOには、異なる仕様の4種類のタイプが用意されています。

PASMOカード

  • 記名PASMO
  • 無記名PASMO
  • PASMO定期券
  • PASMO搭載のクレジットカード

記名PASMOは氏名・年齢などの個人情報を登録して利用するもの、無記名PASMOは情報登録不要です。

PASMO定期券は、鉄道やバスの定期券機能を備えたタイプとなります。なお、子ども向けの小児PASMOに関しては、年齢情報が必須となることもあって記名PASMO、PASMO定期券のみの取り扱いとなっています。

PASMOエリアの各駅やバス営業所で購入できる

PASMOの購入はPASMOエリアの各駅やバス営業所などで可能です。PASMOエリアの駅の券売機で購入するか、あるいは駅やバスの定期券販売窓口で購入することになります。

新規購入のほか、手持ちの記名PASMO、無記名PASMOに定期券機能を付加してPASMO定期券とすることもできます。

なお、すべてのタイプのPASMOで新規購入時には、初期チャージ金額や定期券代金とは別に500円のデポジット(預り金)が必要です。

また、この3種類の単体PASMOとは別に、クレジットカードにPASMO機能を搭載したPASMO一体型クレジットカードという選択肢もあります。

この一体型タイプに搭載のPASMOは、原則として記名PASMOと同等の機能を持ち、たいていの場合は定期券機能を付加することも可能です。ただし購入できる定期券の種類は、カード会社によって限られる場合があるのでよく確認が必要です。

こちらは駅やバス営業所では購入することができず、通常のクレジットカードと同様に各クレジットカード会社への申込手続きを踏んで入手することになります。

記名PASMO・PASMO定期券は紛失時再発行・補償サービスあり

上記の3種類のPASMOの中でも記名PASMO、PASMO定期券に関しては、紛失時の再発行が可能となっています。

カード本体の再発行に加えて、チャージ残額や定期券、オートチャージサービス機能もすべて補償され、再発行カードに引き継がれるので安心です。

紛失だけでなく、何らかの障害によってPASMOが使えなくなってしまった場合にも同様のサービスが適用されます。再発行の手順を簡単にご紹介しておきましょう。

①PASMO・Suicaエリアの駅やバス営業所等にて再発行申請書を記入・提出
②再発行整理票の受取
③再発行登録の翌日から14日以内にPASMOエリアの駅やバス営業所等で再発行整理票を提出
④再発行カードの受取

こうして流れを見ていただくとわかるのが、再発行の届け出をしたその日、その場ではカード本体の再発行を受けることはできないということです。

再発行登録を済ませた翌日以降、なおかつ14日以内に再び駅やバス営業所に赴き、再発行カードの受け取りを行う必要があるので、注意してください。

再発行時にはデポジットと手数料がかかる

また、再発行カードの受け取り時にはデポジット(預り金)500円と再発行手数料510円の計1,010円の費用がかかります。

なお、再発行後にもし紛失したPASMOカードが見つかった場合、PASMOエリアの駅やバス営業所に持っていきましょう。カード本体と引き換えにそのカードの購入時に支払ったデポジット500円の返金を受けることができます。

ちなみに紛失したPASMOがクレジットカード一体型だった場合は、手続きに各クレジットカード会社とのやり取りが加わるために、また流れが変わってきます。必ず再発行手順をカード会社などに確認するようにしてくださいね。

鉄道・バスや加盟店で便利に使える!PASMOの機能・使い方

PASMOの基本的な仕組みや利用可能エリアがわかったところで、次は具体的な機能や使い方を確認していきましょう。チャージ方法や便利なオートチャージサービスについても触れていきたいと思います。

バスでポイントも貯まる!PASMOの鉄道・バス利用を解説

PASMOの基本の機能と言えば、鉄道やバスの利用ですよね。鉄道・バス利用の乗降車時に改札やカード読み取り機にPASMOをタッチするだけと、使い方は非常に簡単です。一部のバス路線では、PASMOに搭載する形でバスIC一日乗車券を購入することも可能となっています。

バスや電車での使い方

また、こちらも一部のバス路線向けのサービスなのですが、PASMO・Suicaの電子マネーを利用してバスに乗ることで、バスポイントという独自のポイントを貯めていくことができます。

バスポイントが一定以上貯まると、バスの乗降車時にPASMO・Suicaに自動的に特典バスチケットが付与される仕組みになっているのです。特典バスチケットは、次回のバス利用時に10円単位でバス運賃に優先的かつ自動的に利用されます。

この特典バスチケットのポイント付与が受けられるのは、以下のマークのあるバス路線です。

バス特マーク

一度受け取った特典バスチケットの有効期限は10年間と非常に長くなっています。ただしバスポイントの算定期間は毎月1日~末日となっており、月をまたいだ翌月の1日には自動的に0ポイントに戻ってしまうので、注意が必要です。

また、特典バスチケットを使用してバス運賃を支払った場合や、バスIC一日乗車券の購入はバスポイント付与の対象とはなりません。

電車・バス利用をスムーズに!便利な2つのサービス

PASMOには、鉄道・バス利用をするうえで便利な2つのサービスが備わっています。

まず1つは、電子マネー残額が1,000円以下になった際、もしくは定期券の有効期間が残り14日間以内になった際に、通知してくれるサービスです。

改札やバスの乗降時にPASMOをタッチすると、通常とは異なる電子音が鳴ってお知らせしてくれます。

通知サービス説明画像

もう1つはPASMO定期券の有効期限が切れている状態のときに、電子マネー残高から電車・バスの運賃を差し引くことがないように設定するサービスです。この機能を利用することで、定期券の期限切れに気が付かずに電車・バスの運賃に電子マネー残高を消費してしまう事態を防ぐことができます。

この2つのサービスはいずれも新規購入時には設定されておらず、駅やバス営業所の係員に手動で設定してもらう仕組みになっています。必要に応じてぜひ活用しましょう。

総数5万店舗以上!エキナカ充実!PASMOの加盟店

PASMOの電子マネーは、エキナカや街中の加盟店でのお買物にも利用することができます。

PASMOの加盟店の店舗数は実に5万店を突破しており、特に駅構内や駅ビルなどいわゆるエキナカの店舗に関しては、ほとんど網羅しているといっても過言ではありません。

主要な加盟店をジャンルごとに一覧でご紹介しましょう。

ジャンル 店名
コンビニ ・ファミリーマート
・セブンイレブン
・odakyu mart
・K-shop
など
スーパー・ショッピングセンター ・東武ストア
・マルエツ
・京王ストア
など
ドラッグストア・書店など ・マツモトキヨシ
・ドラッグセイムス
・啓文堂書店
・イッツデモ
など
飲食店 ・ドトールコーヒー
・富士そば
・カレーショップC&C
・ロッテリア
など
駐車場・駐輪場 ・タイムズ
・エコステーション21
など
その他 ・駅構内コインロッカー(一部)
・自動販売機(一部)
など

PASMOエリアの沿線を中心に幅広く、なおかつ多数のお店が加盟店となっており、生活の様々なシーンで活用することができますよね。

場合によっては、電車やバスに乗るところから出先でのお買物まですべてPASMOで済ませるということも可能でしょう。これは、交通機関の利用に使える交通系電子マネーならではの強みと言えます。

また、Suicaやその他の相互利用対応の電子マネーの加盟店でも一部PASMOで利用可能なところがあります。

相互利用対応の電子マネーの加盟店マーク

ただしチェーン展開のお店の中には、PASMOエリアの対象路線の沿線を外れたところにある店舗を加盟店対象外としているところもあるので注意が必要です。

そのため、PASMOの加盟店に限れば沿線から離れると少し減ってしまう印象がありますが、実際にはSuicaなど他の電子マネーの加盟店でほとんどカバーできるので、それほど不便を感じることはないでしょう。

PASMOの加盟店マーク

PASMO含め相互利用対応の交通系電子マネーでの支払いが可能な店舗には目印のステッカーが必ずあるので、一度確認するようにしてください。

PASMOの3つのチャージ方法

電子マネーを利用する上で不可欠なチャージの方法についても確認しておきましょう。PASMOのチャージ方法は、主に以下の3つとなっています。

  • 駅やバス営業所の券売機・チャージ機でのチャージ
  • バス車内でのチャージ
  • チャージ可能な加盟店でのレジチャージ

PASMO3つのチャージ方法

なお、利用履歴の確認・出力やチャージ残高の確認は、駅の券売機もしくはバス営業所などで行うことができます。

履歴の出力は原則として直近の利用分20件までですが、一部の鉄道業者では直近26週間以内の最新100件まで出力可能です。

ちなみに、もしも1,000円のところ10,000円というように金額を誤ってチャージしてしまった場合には、チャージ当日かつチャージ後未使用の状態であれば駅にてチャージの取り消しを行うこともできます。

クレジットカードでスムーズ入金!オートチャージサービスが便利

PASMOでは上記の3つのチャージ方法のほかに、オートチャージサービスを利用したチャージも可能となっています。

オートチャージサービスというのは、チャージ残高が一定の金額以下になっている状態で改札の入出場を行うと、文字通り自動的に所定の金額を入金してくれるサービスです。チャージ時の決済は連携したクレジットカードによって行われます。

ただしPASMOのオートチャージサービスに利用できるクレジットカードは限られているので、注意が必要です。PASMOオートチャージサービス対応のクレジットカードとしては、以下のカードが該当します。

  • パスタウンカード
  • 小田急OPクレジットカード
  • 京王パスポートカード
  • 京急プレミアポイント ゴールド/シルバー
  • 京成カード
  • SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン/SEIBUプリンスカード
  • 相鉄カード
  • 東急カード
  • 東武カード
  • Tokyo Metro To Me CARD
  • 横浜交通hama-eco card

通常、PASMOにクレジットカードでチャージを行うことはできませんから、クレジット決済で、しかも自動のオートチャージサービスは非常に便利ですよね。

PASMOオートチャージ説明画像

オートチャージサービスは申込制で、初期段階ではチャージ残額2,000円以下の時に3,000円入金と設定されていますが、駅で金額の変更手続きを行うことも可能です。

また、オートチャージサービス機能が備わったPASMOだけで使えるサービスとして、クイックチャージがあります。クイックチャージというのは、自動券売機でクレジット決済によってPASMOのチャージができるサービスです。

PASMOクイックチャージ説明画像

こちらは現状、東急線各駅の自動券売機のみ対応のサービスとなっていますが、現金の手持ちがなくてもチャージ可能なのは魅力ですよね。

なお、PASMOのオートチャージサービスは利用限度額が1日あたり10,000円、1ヵ月あたり50,000円と定められています。

この上限額を超えるとその日、その月はオートチャージサービスが適用されなくなってしまうので、気をつけましょう。この利用限度額の算定には、クイックチャージでのチャージ額も含まれます。

オートチャージでポイント貯まる!PASMO利用におすすめのクレジットカード4選

PASMOのオートチャージサービスの利用は、ただ単に便利というだけではありません。実はお得さという面でもメリットのある利用方法なのです。

というのも、ここまで見てきていただいたとおり、PASMO自体には特定のバス路線を利用した際のバスポイントしか還元サービスはありません。それ以外の路線や鉄道を利用している方は、PASMOの利用で還元を受けることは一切できないのです。

しかしオートチャージサービスを利用してクレジット決済でのチャージを行うと、そのチャージ金額分はクレジットカードのポイントが着実に貯まっていきます。

つまりPASMOは、オートチャージサービスを利用して初めて還元を受けられる仕組みになっているのです。

PASMOオートチャージサービス対応のクレジットカードの中には、オートチャージのポイント還元率が通常よりも高くなったり、オートチャージしたPASMOでの支払い時にもポイントが獲得できるなど、よりお得な特典を備えているものもあります。

ここではそんなPASMO特典のあるカードも含めて、PASMOのオートチャージサービスに利用可能なクレジットカードとして特におすすめの5枚をご紹介しましょう。

東急沿線在住の方におすすめ!TOKYU CARD ClubQ JMB

まず、PASMOエリアの中でも東急線沿線にお住まいの方、通勤・通学などで東急線や東急バスを利用する方におすすめなのが、東急カードから発行されているTOKYU CARD ClubQ JMBです。

TOKYU CARD ClubQ JMBの最大の特徴であり魅力と言えるのは、やはり東急グループ関連の特典が非常に豊富な点です。

特に東急百貨店では、年間ショッピング額に応じてなんと最大10%ものポイント還元を受けることができます。そのほかのTOKYU POINT加盟店となっている系列店舗でも、ポイント特典を多数用意しているのです。

また、東急線の利用で独自のポイントシステム『のるる』が貯まったり、東急バスの利用状況に応じてTOKYU POINTが貯まる、あるいは抽選で当たるなど、普段の通勤・通学や移動でも得するチャンスが満載です。

さらにPASMOのオートチャージサービスやPASMO定期券の購入でも、1%のポイント還元が受けられるようになっています。

基本ポイント還元率は0.5%ながらWeb明細の登録でポイント2倍になるので、実質的には常時ポイント還元率1%で利用可能となっており、トータルで見て非常にポイントを貯めやすいカードと言えるでしょう。

加えて、JALの航空機の利用などでマイルが貯まるJMB(JALマイレージバンク)機能をも備えており、空の旅でも役立つ1枚です。

TOKYU CARD(東急カード)

カード名称 TOKYU CARD ClubQ JMB
年会費 初年度無料、次年度以降1,000円(税別)
スペック ・PASMO機能搭載
・Web明細サービス登録で常時ポイント還元率1%
・PASMOオートチャージサービス、PASMO定期券の購入のポイント還元率1%
・TOKYU POINT加盟店にてポイント還元率最大10%
・東急線の利用に応じて独自のポイント『のるる』が貯まる
・貯まったTOKYU POINTをPASMOにチャージ可能
・JALの対象サービス利用に応じてマイルが貯まるJMB機能を搭載
・JALマイルとTOKYU POINTの相互交換可能
・最高2,000万円の海外旅行傷害保険付帯
・最高1,000万円の国内旅行傷害保険付帯

ANAマイルを貯めたいならコレ!東京メトロでお得なソラチカカード

東京メトロ発行のTo Me Cardシリーズの中でも、ANAマイルを貯めたい方にぜひチェックしてほしいのが、ソラチカカードです。

ソラチカカードはTo Me CardとANAカードが提携する形で発行しているカードで、ニーズに応じて2つのポイントコースを選ぶことができます。

1つは、JCBブランドのポイントシステム『Oki Dokiポイント』が貯まるマルチポイントコース、もう1つはOki DokiポイントがそのままANAマイルに移行されるマイル自動移行コースです。

さらにマイル自動移行コースは通常Oki Dokiポイント1ポイント=5マイル換算ですが、年会費5,400円(税込)のANAカードマイルプラスに加入すると、1ポイント=10マイル換算にアップすることも可能となっています。

また、この選択制のポイントコースとは別にTo Me Card独自のポイントシステム『メトロポイントplus』を備えており、東京メトロ乗車やメトロポイントplus加盟店・自動販売機でのPASMO利用に応じてメトロポイントが貯まっていきます。

しかもソラチカカードのメトロポイント還元率は、一般のTo Me Cardと比べて高く設定されているのです。貯まったメトロポイントはANAマイルとの相互交換やPASMOへのチャージが可能です。

ソラチカカードはまさしく空でも地下鉄でもお得に使えるクレジットカードと言えるでしょう。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

カード名称 ソラチカカード
年会費 2,000円(税別)
スペック ・PASMO機能搭載
・2つのポイントコースを選択可能
・東京メトロや加盟店の利用に応じてメトロポイントが貯まる
・東京メトロ定期券購入時マイルまたはOki Dokiポイントとメトロポイントがダブルで貯まる
・ANAの対象サービス利用でANAマイルが貯まる
・メトロポイントとANAマイルの相互交換やPASMOチャージが可能
・To Me Cardの優待特典を利用可能
・ビジネスきっぷなどANAカードの優待特典を利用可能
・最高1,000万円の海外旅行傷害保険付帯
・最高1,000万円の国内航空傷害保険付帯
・最高100万円のショッピングガード保険(海外)付帯

JALマイル貯めるならJALカード TOKYU POINT ClubQ普通カード

東急線ユーザーの方の中でも、JALのマイルをどんどん貯めたい陸マイラーにぜひおすすめしたいのがJALカード TOKYU POINT ClubQ普通カードです。

JALカード TOKYU POINT ClubQ普通カードはJALカードと東急カードの提携カードで、JALマイルに非常に特化した1枚となっています。

そのサービスの筆頭として挙げられるのはやはり、普段のショッピング利用でJALマイルが貯まるという点でしょう。通常で200円につき1マイル、JALカード特約店では100円につき1マイルのハイレートでマイルを貯めていくことができます。

もちろん、JAL対象航空便の利用でもフライトマイルが獲得できるほか、利用状況に応じてボーナスマイルのプレゼント特典もあるのです。

さらにツアー・プレミアムやショッピングマイル・プレミアムといった有料プログラムに登録すると、より効率よくマイルを貯めていくことが可能です。

そしてJALカード TOKYU POINT ClubQ普通カードはTOKYU POINTカードの機能も備えているので、TOKYU POINT加盟店では通常のショッピングマイルと併せてTOKYU POINTを獲得することができます。

また、PASMOのオートチャージサービスももちろん利用可能で、こちらもTOKYU POINT付与の対象となります。ただしJALカード TOKYU POINT ClubQ普通カードにはPASMO機能が搭載されていないので、オートチャージサービス利用には別途記名PASMOまたはPASMO定期券が必要です。

JALカードTOKYU POINT ClubQ

カード名称 JALカード TOKYU POINT ClubQ普通カード
年会費 初年度無料、次年度以降2,160円(税込)
スペック ・ショッピング利用でJALマイルが貯まる
・TOKYU POINT加盟店ではマイルとTOKYU POINTがダブルで貯まる
・PASMOのオートチャージでTOKYU POINTが貯まる(還元率0.5%)
・JALカード特約店でマイル2倍
・JAL対象航空便の利用に応じてボーナスマイルプレゼント
・マイルとTOKYU POINTの相互交換可能
・JALビジネスきっぷなどJALカード優待特典を利用可能
・最高1,000万円の国内・海外旅行傷害保険付帯

オートチャージ自動付帯!京王パスポート PASMOカード VISA

京王線沿線の方向けに発行されている京王パスポートカードのシリーズの中でもPASMOオートチャージサービスを利用する方に特におすすめしたいのが、京王パスポート PASMOカード VISAです。

京王パスポート PASMOカード VISAにはその名の通りPASMO機能が搭載されているだけでなく、初期設定の段階ですでにPASMOオートチャージサービスが自動付帯しており、改めて申し込みを行う必要がありません。

さらにPASMOでの京王線沿線PASMO加盟店の利用や京王の電車・バス・タクシーを同日利用で1%のポイント還元が受けられる『京王PAS×PASポイントサービス』も自動付帯しています。

PASMOオートチャージの際には都度0.5%のポイントが獲得できるので、こちらもPASMOでポイント二重取りが可能なカードとなっているのです。

また、京王パスポート PASMOカード VISAでは基本的に発行元である三井住友カードのポイントシステム『ワールドプレゼント』に基づいてポイントが貯まっていきますが、それとは別に京王百貨店をはじめとする京王ポイント加盟店では、京王グループ共通ポイントを貯めることができます。

京王グループ共通ポイントは現金、クレジットカード、電子マネーなど支払い方法にかかわらずカード提示で獲得可能となっており、最大還元率は10%にも及びます。

こうしたポイント特典に加えて、実質年会費無料のカードでありながら最高2,000万円の海外旅行傷害保険や充実した優待特典も備わっており、非常にコストパフォーマンスの高い1枚と言えるでしょう。

京王パスポートPASMOカード

カード名称 京王パスポート PASMOカード VISA
年会費 初年度無料、次年度以降239円(税別)
※年間1回以上のPASMOオートチャージ利用で翌年年会費無料
スペック ・PASMO機能搭載
・PASMOオートチャージサービスが自動付帯
・基本ポイント還元率0.5%(PASMOオートチャージ含む)
・PASMOでの京王線沿線加盟店や京王バス・電車同日利用などで1%のポイント還元
・対象路線の定期券クレジット購入で1.5%のポイント還元
・京王ポイント加盟店にてカード提示で最大10%の京王グループ共通ポイント還元
・『京王パスポートVISAクラブオフ』など優待特典を利用可能
・最高2,000万円の海外旅行傷害保険付帯

オートチャージが便利でお得!通勤・通学のおともはぜひPASMOで

関東圏の交通系電子マネーというとSuicaが主流のようなイメージがあるかもしれません。しかしPASMOも十分に使い勝手の良いサービスを備え、Suicaエリアや全国の相互利用可能エリアで幅広く活用できるようになっているのです。

特にここでご紹介したクレジットカードと連携したオートチャージサービスは便利なだけでなくポイント面のお得さもあり、対象路線の沿線にお住まいの方、あるいは通勤・通学で利用する方には非常にメリットが大きいでしょう。

ぜひ毎日の電車・バス利用のおともにPASMOを選んでみてはいかがでしょうか?

どのクレジットカードを選べばよいかお悩みのあなたへ

クレジットカードにはレストランやレジャー施設を割引価格で楽しめる優待が利用できるのをご存知ですか?
ポイント還元だけでなく、様々な優待で日常をお得に楽しめるのがクレジットカードなのです
起業してる方のビジネスサポートもしてくれます
ただし、クレジットカードを所有するには審査に通過する必要があります
あなたの状況から所有しやすいクレジットカードを最短2問・最高4問で提案
クレジットカードの種類が多すぎて、どのカードを選べばよいか分からないあなたにもおすすめ
1,000種類以上のクレジットカードの中から、あなたの目的に合った最強のクレジットカードが数十秒で見つかる

自分にあったクレジットカードを見つける自分にあったクレジットカードを見つける

クレジットカードを診断するクレジットカードを診断する
PAGE TOP