スマホ決済
PayPay(ペイペイ)はクレジットカードでポイント多重取りできてお得

100億円キャンペーンで話題になったPayPay(ペイペイ)、あなたはもう使ってみましたか?まだの方はぜひこれを機会にお試しください。

スマホ決済に不安を感じる方も多いのですが、PayPay(ペイペイ)はアプリをダウンロードするだけですぐにスタートできますし、もちろん入会金や年会費は一切必要ありません。

それにキャンペーンが終わった後も、クレジットカードとの連携で高還元が続きます。これからPayPay(ペイペイ)をクレジットカードでお得に使う方法や、PayPay(ペイペイ)のメリットをご紹介していきますので是非ご覧ください。

PayPay(ペイペイ)とは!?クレジットカードでお得なスマホ決済

PayPay

PayPay(ペイペイ)の100億円キャンペーンはまだ記憶に新しいですよね。100億円キャンペーンは2019年5月13日で終了しましたが、その後のPayPay(ペイペイ)は毎月お得なキャンペーンを実施しています。

加盟店も毎月拡大中

キャンペーン宣伝効果もあり、PayPay(ペイペイ)の利用者数は爆発的に伸びたと言われています。またPayPay(ペイペイ)は初期費用がかからず導入しやすいこともあって、この通り加盟店も順調に増え続けています。

PayPay対応店舗

ジャンル PayPay加盟店
コンビニ ・ファミリーマート
・ポプラ
・ミニストップ
・ローソン
家電量販店 ・ヤマダ電機
・ビックカメラ
・エディオン
・コジマ
・ジョーシン
・ソフマップ
・マツヤデンキ
・パソコン工房
飲食 ・松屋
・ピザーラ
・ピザクック
・和民
・白木屋
・笑笑
・鶏のジョージ
・目利きの銀次
・モンテカフェ
・山内農場
ファッション ・OUTDOOR
・DIESEL
・earth music & ecology
・koe
・マックハウス
・AMERICAN HOLIC
・Green Parks
タクシー ・東海交通
・第一交通
・三和交通
・江ノ島タクシー
宿泊 ・HOTEL MYSTAYS
・FLEXSTAY INN
・MONTHLY RESI STAYS
その他 ・ドラッグ・イン キムラヤ
・くすりのハッピー
・島村楽器
・阪急百貨店
・阪神百貨店

2019年8月1日午前3時には統一規格JPQRがスタート、他のコード決済との相互乗り入れが実現します。これによってPayPay(ペイペイ)が使えるお店は一気に拡大、今後もますます便利になっていくでしょう。

PayPay(ペイペイ)は毎月お得なキャンペーンが開催されているから、現金払いより断然お得な決済手段だよ。

PayPay(ペイペイ)の使い方!クレジットカードが必要な理由

PayPay(ペイペイ)には支払い方法の設定が必要ですが、使い勝手といいお得度といい、クレジットカードを紐付けるのが一番です。その理由をこれからご説明しましょう。

PayPayはコード読み取り式のスマホ決済

ここでまだPayPay(ペイペイ)を使ったことのない方のために、利用方法をおさらいしておきましょう。PayPay(ペイペイ)はコード読み取り型のスマートフォン決済で、お店によって以下2通りの支払い方があります。

  • QRコード
  • バーコード

QRコードの提示がある場合は、以下の流れで決済します。

QRコード決済手順

①お店のQRコードをスキャンする
②金額を入力
③清算完了

バーコードを見せる場合の手順は以下の通りです。

バーコード決済手順

①スマホでバーコードを表示
②リーダーで読み取ってもらう
③清算完了

いずれの場合もスマートフォン1つで支払いが完了します。PayPay(ペイペイ)は海外でも流行の最新型の決済方法です。

PayPayの利用にはクレジットカードが必要

ただしPayPay(ペイペイ)で決済するには、支払い方法(入金方法)を登録せねばなりません。PayPay(ペイペイ)には以下の3通りの支払い方法があり、デフォルトではPayPay残高が設定されています。

そしてこの状態でPayPay(ペイペイ)を使うと、残高に応じて以下の順に支払い方法が自動的に切り替わることになっています。

もしもPayPay残高が不足ならYahoo!マネーが、次にYahoo!マネーの残高も不足していればクレジットカードが支払い方法になる訳ですね。この中で最も大切なのは3.クレジットカードです。

クレジットカードさえ登録していれば、1.や2.の残高を気にせず、常にスムーズにPayPay(ペイペイ)払いできるからです。なおキャンペーン等で付与されたボーナスはPayPay残高に貯まり、ショッピングの際にはこれが優先的に使われます。

PayPay(ペイペイ)はスマホだけで決済ができる利便性だけでなく。最大3%の還元が受けられるから現金払いより断然お得な決済手段だよ。

PayPay(ペイペイ)はクレジットカードでポイント2重取り

ではPayPay(ペイペイ)を使うとどのくらいボーナスが貯まるのでしょうか?次にクレジットカードによるPayPay(ペイペイ)のお得な使い方をご紹介しましょう。

PayPay決済にクレジットカードは欠かせない

PayPay(ペイペイ)をスムーズに利用するためにも、クレジットカードは必要不可欠です。先にご説明した通り、ショッピング時には支払い方法が自動で切り替わってくれるので、クレジットカードさえ登録していればPayPay残高を気にかける必要もありません。

キャンペーンボーナスなどでPayPay残高が十分に貯まっていれば優先的にそちらが使われますし、不足時には自動的にクレジットカードから支払われます。

クレジットカードを登録していなければ、PayPay(ペイペイ)を自由自在に使いこなすことはできないでしょう。

PayPayは最大3%還元でお得

PayPay(ペイペイ)は利用することによって最大3%ものボーナスポイントが貰えますので、現金決済より断然お得です。ただし決済方法によって還元率が変わるために注意が必要です。

  • PayPay残高:3%還元
  • Yahooマネー:3%還元
  • Yahoo! JAPANカード:3%還元
  • その他のクレジットカード:0.5%

還元率説明画像

ポイント付与の上限は以下の通りです。

  • 1回あたりの支払い上限15,000円
  • 1カ月あたりの付与合計上限30,000円

付与されるPayPayボーナスの有効期限は無期限ですので、ずっと貯め続けても失効する心配はありません。

Kyashリアルカードでポイント3重取り

還元率を高めるには、Kyashリアルカードを利用する方法もあります。これはVISAブランドのプリペイドカードで、PayPay(ペイペイ)に決済カードとして登録することが可能です。

Kyashリアルカード

【Kyashリアルカード】

・年会費無料、審査なし
・常に2%キャッシュバック
・Kyashアプリの事前登録が必要
・VISAもしくはMastercardブランドのカードを登録して使う

Yahoo! JAPANカードでチャージする場合、ポイント3重取りには以下の手順が必要です。

1. Yahoo! JAPANカードでKyashリアルカードにチャージ→1%還元
2. KyashリアルカードをPayPayに登録して使用→2%還元
3. PayPayを使う→0.5%還元

これで合計3.5%という高還元がずっと続くことになります。なおKyashリアルカードにはJCBブランドのカードは対応していませんので、Yahoo! JAPANカードはVISAもしくはMastercardを選んでください。

ただし2019年5月8日からは、PayPayの通常還元率が0.5%から3%に大幅アップしました。このため現在ではYahoo! JAPANカードでチャージしたPayPay残高で支払う方が還元率は高く(4%)なります。

PayPay(ペイペイ)はクレジットカードと併用して利用すると更にお得だよ。次章でおすすめのクレジットカードを紹介するから是非チェックしてね。

PayPay(ペイペイ)利用におすすめのクレジットカード

ここからは、PayPay(ペイペイ)利用におすすめのクレジットカードについて詳しくご紹介していきます。PayPay(ペイペイ)と相性抜群のクレジットカードは、断トツでYahoo! JAPANカード(ヤフーカード)ですね。

PayPayで合計還元率4%!Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANカードは年会費無料で持てる高還元クレジットカードです。基本還元率も1%と高い上に、Yahoo!ショッピングやLOHACO利用では3%還元もの高還元で利用頂けます。

またPayPay(ペイペイ)にチャージすると、PayPayボーナス+決済ポイントで合計4%とかなりの高還元です。

  • PayPayボーナス:3%
  • Yahoo! JAPANカードポイント:1%
  • 合計還元率:4%

Yahoo! JAPANカード以外のクレジットカードだと、PayPayボーナス付与率が一気にダウンします。

  • Yahoo! JAPANカード:3%
  • 他のクレジットカード:0.5%

Yahoo! JAPANカードPayPay利用還元率

Yahoo! JAPANカード

カードの詳細へ

年会費 無料
スペック ・基本還元率1%
・Yahoo!ショッピング、LOHACOは3%還元
・ショッピングガード保険
・プラチナ補償(オプション保険)

Kyashリアルカードでポイント3重取り

Kyashリアルカードはクレジットカードではなく、チャージして使用するプリペイドカードです。

Yahoo! JAPANカードでチャージしたKyashリアルカードをPayPay(ペイペイ)に登録すれば、合計還元率は3.5%になります。

Kyashリアルカードを使用する場合は、まずKyashアプリをダウンロードしてインストールして、それからKyashリアルカードを申し込んでください。

ただしPayPay(ペイペイ)の通常還元率がアップした現在では、Yahoo! JAPANカードでチャージしたPayPayを使った方がよりお得になります。

Kyashリアルカード

カード名称 Kyashリアルカード
年会費 無料
スペック ・バーチャルカードKyashのプラスティックカードタイプ
・プリペイドカード(VISAブランド)
・年齢制限なし、本人確認不要
・JCBブランドのカードではチャージ出来ない

少額決済が多い方におすすめ!オリコカードザポイント

オリコカードザポイントもPayPay(ペイペイ)の登録に向いています。オリコカードザポイントはカード還元率が1%と高く、PayPay(ペイペイ)で使えば還元率は常に合計1.5%です。

しかも入会後半年間はポイント2倍で、期間中はPayPay(ペイペイ)還元率が2.5%になります。また2種類のチャージ不要の電子マネーが標準搭載されているため、数多くのお店でオリコポイントを貯めることが可能です。

なおJCBブランド(ヤフーカードを除く)はPayPayのチャージに対応していないので、新規入会時には必ずMastercardの方を選んでくださいね。

オリコカードザポイント

公式サイトへ

カードの詳細へ

年会費 無料
スペック ・基本の還元率1%
・入会後半年間はポイント2倍
・オリコモールで0.5%の特別加算
・iDとQUICPayをダブル搭載
2019年10月から始まるキャッシュレス消費者還元事業のこともあるから、PayPayは使う側もお店側も双方にメリットがある決済方法と言えるよ。

PayPay(ペイペイ)は店舗側にも大きなメリットがある決済手段

PayPay(ペイペイ)はユーザー側だでけでなく、店舗側にも大きなメリットがある決済手段です。2019年10月から始まるキャッシュレス・消費者還元事業では、お客様がキャッシュレス決済すると最大5%の還元が受けられる事も忘れてはいけません。

PayPay(ペイペイ)の場合、最大3%のPayPayボーナスに加えて、この消費者還元事業の最大5%還元も受けられる大変お得な決済手段なのです。

消費者還元事業説明

ここからは店舗側の目線にたった、PayPay(ペイペイ)のメリットをご紹介していきます。

PayPay(ペイペイ)なら初期費用0円で始められる

通常お店側がキャッシュレスを導入するには、端末費用や決済手数料など、諸々の費用がかかります。ところがPayPay(ペイペイ)なら以下の手数料が無料で始められる為、0円で始められるメリットもあるのです。

  • 初期導入費
  • 決済システム利用料
  • 入金手数料

決済システム利用料は2021年9月30日まで無料で利用できることが決定していて、その後の手数料はまだ未定です。

キャッシュレス・消費者還元事業の恩恵を受ける為にも、0円で始められる今のうちに、導入を検討してみてもいいですね。対応スピードも早く、申し込みから1週間程度で利用が可能となる点も大きなメリットです。

PayPay(ペイペイ)ならスマホとバーコードがあればOK

スマホとバーコード

必要なものもスマホとバーコードだけですから、始め方も簡単です。決済もお客様がお店のバーコードを読み取って金額入力した後、画面を確認するだけですから、従業員の方もラクですよ。

Alipayも使える説明

更に、PayPayコードはAlipay(アリペイ)にも対応してますから、Alipayユーザーのお客様、特に海外からのお客様も便利に利用できますし、来店も見込めますね。

キャッシュレス決済が使えないと2人に1人が来店意欲減少の調査結果

2019年7月18日にJCBが発表したキャッシュレス決済に関する調査結果では、2人に1人の方がキャッシュレス決済が利用できないと来店意欲が減少すると回答しています。

  • キャッシュレス決済が使えないと2人に1人が来店意欲減少
  • 4割が実際に来店を取りやめた経験あり

キャッシュレス決済を導入してないことで客足が減ってしまうのは、もったいないですよね。取りこぼしているお客様を取り込む為にも、是非初期費用0円で手軽に始められるPayPay(ペイペイ)の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

PayPay加盟店への申込みはこちら(無料)

キャッシュレスが使えない事で実際に4割もの方が来店を取りやめた経験があるって、店舗側にとっては見逃せないデータだね。

PayPay(ペイペイ)登録方法とサービス内容!利用上の注意点

最後にPayPay(ペイペイ)を初めて使う方のために、登録方法と注意点をまとめました。PayPay(ペイペイ)の登録は簡単で、スマートフォンとクレジットカードがあればどなたでもすぐに始めることができます。

アプリをダウンロードすればすぐにスタートできる

最初にすることはアプリのダウンロードです。PayPayアプリ単体でも多機能型のYahoo! Japanアプリのどちらでも構いません。

  • ①アプリをダウンロード
  • ②SMS認証
  • ③支払い方法の設定

ショートメールによるSMS認証が済めば、あとはクレジットカードを登録するだけです。

アメックスやダイナースは使えない

PayPay(ペイペイ)には殆どのクレジットカードを登録できるので、今お手持ちのカードでもすぐに使い始めることができます。ただし以下のブランドは対象外ですのでご注意ください。

  • American Express
  • Diners Club
  • JCB(Yahoo! JAPANカードを除く)

場合によっては新規入会が必要ですが、その際にはぜひともPayPay(ペイペイ)にお得なYahoo! JAPANカードをお申し込みください。

本人認証されたクレジットカードが必要

クレジットカードは、ぜひ本人認証サービス(3Dセキュア)に登録したものをご使用ください。この本人認証サービスとは、オンライン上の不正使用防止対策の一つです。

【本人認証サービス(3Dセキュア)】

・各カード会社が推奨している本人認証サービス
・登録は無料
・パスワードを設定し、なりすましによる不正使用を防ぐ

以下のように各ブランドが本人認証サービスを提供しており、いつでも登録が可能です。

3Dセキュア

ブランド 本人認証サービスの名称
VISA Verified by Visa
Mastercard Mastercard SecureCode
JCB J/Secure

なおPayPayに登録できるクレジットカードは、VISA、Mastercardで、JCB(Yahoo! JAPANカードのみ)で、PayPay残高にチャージできるクレジットカードは、唯一本人認証済みのYahoo! JAPANカードだけです。

本人認証しないカードはPayPayの利用限度額が低い

本人認証しないクレジットカードだと、PayPay(ペイペイ)の利用上限が低くなってしまうのでご注意ください。

クレジットカード 1日の利用上限 1ヶ月の利用上限
本人認証済み 最大20,000円 最大50,000円
本人認証なし 最大5,000円 最大5,000円

本人認証のないクレジットカードを使用すれば、PayPay(ペイペイ)利用額の上限はたったの月5,000円なので殆ど実用性がありません。PayPay(ペイペイ)にはぜひ本人認証済みのクレジットカードを、をご利用ください。

青いバッジ対象者なら月25万円まで使える

また2019年2月12日からは、一定の信用のある顧客に対しては以下の優遇が適用されるようになりました。

【青いバッジ対象者への優遇】

・過去24時間の利用上限:最大25万円
・過去30日間の利用上限:最大25万円

もしもユーザー名の横に青い小さなマークが表示されていたら、あなたは青バッジ対象者です。限度額が5倍も引き上げられるとあって基準が気になるところですが、残念ながら条件は公になっておらず、どうすれば認定されるのかは不明です。

利用状況が変わるとそれまで表示されていた青いバッジが消える可能性もありますが、今のところそういった報告は上がっておらず、これについても詳しいことはわかっていません。

支払い方法を併用できないことに注意

さてここから先はPayPay(ペイペイ)利用上の注意点です。実はPayPay(ペイペイ)は支払い方法の併用ができません。これにはちょっと注意が必要です。

例えば7,000円の買い物をする際に、以下のようにPayPay残高の不足分をクレジットカードで補うことができれば便利ですよね。

  • PayPay残高から500円
  • クレジットカードから6,500円

新規登録のボーナス500円分も、この方法ならきれいに使い切ることができるでしょう。しかしPayPay(ペイペイ)ではこういう支払い方法には対応していません。

支払い方法は0円もしくは全額しか選べない

PayPay(ペイペイ)の支払い方法は自動的に切り替わると言いましたが、その際には「0円もしくは全額」という2通りの選択肢しかないのです。

なので先ほどの例でPayPayを使えば、必ず以下のように支払われることになります。

  • PayPay残高から0円
  • クレジットカードから7,000円

これを知らないと、予期せず全額カード払いになりますのでご注意ください。その際にはPayPay残高の不足だけでなく、PayPayボーナス反映の遅延にも注意が必要です。

チャージにはYahoo! JAPANカードしか使えない

半端なPayPay残高を消化するためには、チャージによって残高を増やすという方法も有効です。

PayPay残高には銀行口座からもチャージできますが、ポイントが貯まるのでクレジットカードを使う方がよりお得です。

PayPay残高にチャージできるのは本人認証済みのYahoo! JAPANカードのみですから、PayPay(ペイペイ)を使いこなすにはやっぱりこのカードが欠かせませんね。

モバイルTカードにも対応

2019年2月25日より、PayPayアプリがモバイルTカードにも対応しました。今までならTポイント加盟店でPayPay決済する際、モバイルTカードを提示した後に、PayPayアプリを起動させる必要がありましたが、今後はPayPayアプリだけで同時にTポイントも貯められるようになりますよ。

PayPayアプリモバイルTカード

ファミリーマートやエディオンなどTポイント加盟店でPayPayを利用する際は、同時にTポイントも貯められますね。登録も1度Tカード番号と生年月日を登録してしまえば、次回からは「モバイルTカードを表示する」とタップするだけでOKですから簡単ですよ。

割り勘機能も利用できる

2019年4月22日からはPayPayで割り勘機能が新たに追加され、飲み会の精算もよりスマートにできるようになりました。幹事さんには嬉しいサービスですよ。簡単にPayPayで割り勘する流れを少しご紹介しておきますね。

幹事さんが割り勘を作成

幹事さん割り勘手順①~③

①ホーム画面で「わりかん」をタップ
②「割り勘を作成する」に進む
③割り勘のタイトルを入力

幹事さん割り勘手順④~⑥

④1人あたりの支払額を入力
※あとで個別修正可能
⑤割り勘に参加するメンバーを追加
⑥携帯番号もしくはPayPay IDで検索、もしくは友達のQRコードを読み取ってメンバーに追加

幹事さん割り勘手順⑦~⑨

一番左の画面は「携帯番号もしくはPayPay IDで検索」した場合、左から2番目はQRコードを読み取る場合の画面ですね。

追加したメンバーの支払額を調整し、割り勘内容を決定するをタップすれば、参加メンバーに通知が届きます。また、画面上で支払い状況も確認できますよ。

参加したメンバーの支払いも簡単

参加したメンバーの支払い手順もとても簡単です。以下に流れを簡単にご紹介しておきますね。

参加メンバー手順

①ホーム画面の「わりかん」をタップ
②参加している割り勘のタブを選択
③自分の名前欄の支払いボタンをタップ
④支払いをタップで完了

参加メンバーは携帯番号やPayPay IDを伝えて割り勘に参加してもOKですし、QRコードをスキャンして貰っても、どちらでもOKです。

PayPay ID

PayPay IDはホーム画面右下の「アカウント」→「セキュリティ」→「PayPay ID」をタップすれば設定ができます。PayPay IDは一度設定すると削除したり変更することができませんので、注意しましょう。

PayPay(ペイペイ)で得したいなら、Yahoo! JAPANカードとKyashリアルカードは外せないね。特に100億円キャンペーン中は、Yahoo! JAPANカードのお得度はダントツだよ。通常時もKyashリアルカードとの連携で還元率は常に3.5%だからね。

PayPay(ペイペイ)はクレジットカードでよりお得になります

PayPay(ペイペイ)は最新式のスマートフォン決済です。100億円キャンペーンで話題となりましたが、キャンペーン中以外も本人認証済みのYahoo! JAPANカードでチャージすれば、その還元率は4%にもなります。

その他にも毎月様々なお得なキャンペーンが開催されてますので、現金払いより断然お得です。

このタイプの決済アプリは規格が統一されたため、利用先が一気に拡大して使い勝手も最高ですね。

キャンペーン終了後も、ぜひPayPay(ペイペイ)をお得で便利な決済方法としてご活用ください。

どのクレジットカードを選べばよいかお悩みのあなたへ

クレジットカードにはレストランやレジャー施設を割引価格で楽しめる優待が利用できるのをご存知ですか?
ポイント還元だけでなく、様々な優待で日常をお得に楽しめるのがクレジットカードなのです
起業してる方のビジネスサポートもしてくれます
ただし、クレジットカードを所有するには審査に通過する必要があります
あなたの状況から所有しやすいクレジットカードを最短2問・最高4問で提案
クレジットカードの種類が多すぎて、どのカードを選べばよいか分からないあなたにもおすすめ
1,000種類以上のクレジットカードの中から、あなたの目的に合った最強のクレジットカードが数十秒で見つかる

自分にあったクレジットカードを見つける自分にあったクレジットカードを見つける

クレジットカードを診断するクレジットカードを診断する
PAGE TOP