スマホ決済
楽天ペイの使い方!楽天ペイにおすすめのクレジットカード

携帯電話の端末で支払いのできるお店が増えてきましたね。今回はその中から、楽天ペイをご紹介しましょう。

楽天ペイはiPhoneとアンドロイドどちらにも対応し、アプリに登録したクレジットカードを使って決済します。登録も利用も簡単で、初心者の方もすぐに使いこなせますよ。

しかも画面上の操作でスマートに支払えるだけでなく、ポイント2重取りでとってもお得!当記事を読んで、ぜひあなたも便利でお得な決済方法にチャレンジしてください。

楽天ペイには2種類の支払い方法がある!楽天ペイの使い方

最近はApple Pay(アップルペイ)やGoogle Pay(グーグルペイ)など、様々なモバイル決済が登場していますよね。これら決済方法との大きな違いは、楽天ペイがレジのリーダー(読み取り機)を使用しないという点です。

では楽天ペイは一体どうやって支払うのでしょうか?まずは基本の使い方からご説明しましょう。

楽天ペイ画像

楽天ペイには3種類の支払い方法がある

楽天ペイは、バーコードやQRコードを読み取ることによって決済します。楽天ペイには全部で3種類の支払い方法があり、店頭でいずれかを選択した上で決済します。以下がその3種類の支払い方法で、いずれもレジのリーダーは使用しません。

楽天ペイ
支払い方法
使い方 利用上限額
①コード表示 バーコードを提示する 1会計20,000円まで
※楽天レギュラー会員は4,000円まで
②QR読み取り 店舗のQRコードを読み取る 1会計50万円まで
※楽天会員ランクや利用可能枠による
③セルフ 自分の端末に金額を入力する 1会計50万円まで
※楽天会員ランクや利用可能枠による

精算時にはお店のスタッフに楽天ペイで支払うことを伝えた上で、支払い方法を選びます。楽天ペイはレジのリーダーの代わりに、スマホ画面やお店のタブレット画面を使って清算を行います。では次にこの3つの支払い方法について、もう少し詳しくご説明しましょう。

コード表示:お店にバーコードを読み取ってもらう

最初はコード表示です。支払い時には、自分のスマートフォンの画面に表示したバーコードを、お店側に読み取ってもらいます。

以下が、コード表示で支払う際のアプリ画面です。左から順に支払い方法の選択、中央がバーコード表示と読み取り、そして右が支払い完了の画面です。

楽天ペイコード決済方法説明画像

読み取りが完了するとアプリ画面に金額が表示されるので分かりやすいですね。また利用履歴は、後から何度でもアプリで確認できます。

QR読み取り:お店が提示するQRコードを読み取る

次のQR読み取りは、提示されたQRコードを自分のスマホで読み取る清算方法です。左から2番目の画面が、お店が提示するQRコードを読み取っているところです。

楽天ペイQRコード決済方法説明画像

①支払い方法でQR読み取りを選ぶ
②お店の方にQRコードを読み取ってもらう
③金額を入力する(金額が指定されてる時は不要)
④確認してスライド

レストラン等ではスタッフがテーブルまでタブレットを持ってきますので、席に着いたままスマートに清算が完了します。

セルフ:自分で金額を入力する

最後のセルフは自分自身で金額を入力する方法で、以下の手順で決済します。

楽天ペイセルフ決済方法説明画像

①支払い方法で「セリフでお支払い」を選択
②支払うお店を選択の上、請求金額を入力
③確認画面でスライド

セルフは利用できない店舗もあり、楽天ペイの支払い方法は基本的にはQR読み取りが殆どです。上限金額は最大50万円ですが、楽天会員ランクやカード利用可能枠によっても使える金額の上限は異なります。

楽天ペイでは楽天スーパーポイントも使える

楽天ペイでは、支払いに楽天スーパーポイントを使うことも可能ですよ。その場合は先ほどご説明した支払い時に、1ポイント=1円として代金に充当すればOKです。

3種類の支払い方法のいずれにおいても、金額が表示された画面からポイント利用を選択できます。以下がその設定画面です。

楽天ペイ決済時ポイント使う手順説明画像

①「すべてのポイント/キャッシュを使う」にチェック
②「設定」をタップ
③ポイントを一部使うのか全て使うのかを選択
④「ポイント優先」を選択
⑤使うポイント数を入力→「OK」

利用可能ポイントは全て使い切っても構いませんし、一部の利用も可能です。但しポイントが使えるのは20,000ポイントまで、楽天会員ランクがレギュラーの方は4,000ポイントが上限となります。

2019年3月より楽天アプリが統合され、ポイントだけでなく楽天キャッシュでの支払いも可能となりました。

楽天ペイはクレジットカードを登録しないと使えない

お店での使い方については以上です。次に楽天ペイに登録するカードについてご説明しましょう。

楽天ペイはクレジットカードを使って決済するため、楽天ペイを使う前には、必ずカード情報を入力しなくてはなりません。

クレジットカードの登録は、楽天会員サイトMy Rakutenと楽天ペイアプリにて以下の手順で行います。以下がMy Rakutenでの登録方法です。

【My Rakutenで登録】

  • 楽天会員IDとパスワードでログイン
  • 登録情報の変更ページから追加・変更

My Rakutenに登録したら、楽天ペイアプリでも追加登録してくださいね。

【楽天ペイアプリで登録】

  • 「設定」→「お支払い元の選択」を選ぶ
  • 「+新しいカードの追加」ボタンで追加・変更

基本的に楽天ペイアプリに表示されない(読み込めない)カードは、楽天ペイでは使えません。

楽天ペイって便利なサービスだけど、便利以外に何かメリットがあるの?
楽天ペイで決済するだけで、0.5%のポイントが付与されてお得だよ。更にクレジットカードの決済ポイントと2重取りできて更にお得と言えるね。

楽天ペイは全国の加盟店やオンラインサイトで使える!楽天ペイが使える店舗紹介

次に楽天ペイがどんな所で利用できるのかをご紹介しましょう。楽天ペイは店舗側も導入しやすく、食料品店や美容室など身近なお店でも使えるのが特徴です。また楽天ペイユーザーなら、ネットショップでも簡単にオンライン決済できますよ。

楽天ペイはローソンなどで便利に使える

楽天ペイの対応店舗は、以下のロゴマークが目印です。以下が街中で使える対応店舗の一例です。

楽天ペイ対応ロゴ画像

・ファミリーマート・ローソン・ミニストップ・ポプラ・松屋・ピザーラ・白木屋・上島珈琲・和民など

楽天ペイ利用可能実店舗一覧

楽天ペイに対応している店舗は、今後も更に拡大していくことでしょう。

楽天会員はオンライン決済も簡単便利!

なお楽天ペイのユーザーは、オンラインサイトでも便利に決済できますよ。このサービスに対応するオンラインサイトでは、楽天IDとパスワードを入力するだけで手軽にクレジット決済できるのです。

楽天ペイオンライン決済時楽天IDパスを入力するだけで決済可能説明画像

これは楽天IDを利用する決済方法で、My Rakutenに登録済みのクレジットカードであれば、様々なネットサービスの支払いに利用できるのです。

従ってこの決済方法は、楽天会員であれば楽天ペイを使っていない方でも利用できます。以下がオンライン決済が可能なサイトです。たくさんありますので主なものだけご紹介しますね。

楽天ペイ利用可能オンラインショップ店舗一覧

  • 無印良品
  • ドミノピザ
  • Oisix
  • タワーレコードONLINE
  • レコチョク
  • 109 CINEMAS
  • TOHO CINEMAS
  • UNITED CINEMAS
  • まんが王国
  • 日テレ オンデマンド
  • TBS オンデマンド
  • NHK オンデマンド
  • フジテレビ オンデマンド

なお2017年12月6日からは、オンライン決済については分割払いへの対応(実店舗は一回払いのみ)がスタート。これで3回~24回までの分割払いが可能となり、高額商品がより購入しやすくなりました。

楽天カフェならコーヒー・紅茶が楽天ペイで半額

楽天カフェ画像

また楽天直営の楽天カフェも、楽天ペイがお得なショップとしておすすめです。楽天カフェで楽天ペイを使って支払うと、なんとコーヒー・紅茶が常に50%オフに!

楽天カフェは今のところ二子玉川ライズ S.C.店と渋谷公園通り店の2店舗だけですが、このためだけに楽天ペイを始めてもいいくらいお得ですよ。

ローソンならポイント3重取りが可能

ローソンで楽天ペイ利用説明画像

実はローソンで楽天ペイを使用すると、便利なだけでなくポイントがとてもよく貯まるのです。ポイントの種類は異なりますが、この通り一度の利用でポイントを3重取りできるのです。

加算タイミング ポイントが貯まる場所
①楽天ペイ利用時 楽天ポイント口座
②カード提示 dカード
Pontaカード
③支払い時 楽天ペイに登録したクレジットカード
楽天ペイは、ローソン利用には絶対外せない決済方法ですね。但し利用上限にはご注意ください。ローソンではバーコード表示による支払い方法が使われますが、この支払い方法の上限は1会計4,000円です。

最初はレギュラー会員からスタート

レギュラーとは楽天のヒラ会員のことで、楽天会員に登録直後は誰でもレギュラー会員です。

楽天会員ランク

・楽天スーパーポイントの獲得回数と獲得ポイント数でランクが決まる
・最下位はレギュラー
・最高位はダイヤモンド
・楽天ペイ利用者は必ずランク判定される

詳しいことは後でまたご説明しますが、楽天ペイは楽天会員にならないと利用できないので、誰もが必ずこのランク判定を受けることになります。

判定は半年ごとに行われ、その時点で200ポイント以上・2回以上ポイントを獲得していれば、レギュラーからシルバー会員にアップグレードできます。決して難しい条件ではありませんよ。

いよいよ次の章で楽天ペイにおすすめのクレジットカードを紹介するよ。年会費無料で還元率が高いお得なカードを抜粋しているから是非チェックしてみてね。

楽天ペイに必要なモノと楽天ペイにおすすめのクレジットカード紹介

先ほどから度々楽天会員登録のことに触れていますが、楽天ペイは楽天会員IDを利用したオンライン決済サービスなので、楽天会員ID取得つまり楽天会員登録が必須条件なのです。

これも含め、ここで改めて楽天ペイに必要なものをチェックしておきましょう。また決済に使うおすすめのクレジットカードも併せてご紹介します。

楽天カード以外のクレジットカードでも使える

以下に楽天ペイをスタートするにあたって、必要なものを表にまとめましたのでご覧ください。

楽天ペイに必要なもの 説明
対応機種端末 ・iOS8.0~
・Android4.3~
楽天会員登録 登録は無料
楽天ペイアプリ ダウンロードは無料
クレジットカード ・楽天カード(全ブランド)
・VISAブランド
・Mastercardブランド

主役のスマートフォンは絶対に必要ですが、楽天ペイはiPhone・Androidどちらでも使えるのが特長です。また楽天会員登録やアプリのダウンロードにも料金は一切かかりません。

クレジットカードは楽天カードでなくても構いませんが、楽天以外のカードはブランドが限定されていることにご注意ください。

楽天ペイが使えないクレジットカードもある!

楽天以外の他社カードの場合、VISAとMastercardブランド以外には対応しておらず、以下ブランドのカードは登録できません。

【楽天ペイに登録できないブランド(楽天カード以外)】

  • JCB
  • American Express
  • Diners Club
  • Discover

以下に楽天ペイで使えるカードと使えないカードの例を表にしました。JCBブランドで登録できるのは、楽天カードだけということが分かりますね。

クレジットカード 楽天ペイへの登録
・楽天カードVISA
・楽天カードMastercard
・楽天カードJCB
リクルートカードJCB ×
リクルートカードVISA
セゾンパール・アメックス ×
エポスカードVISA
VIASOカードMastercard

但しVISAとMastercardでも、エラーコードが表示されて登録できないクレジットカードもあるようです。どうしてもダメな場合は別のカードを使ってください。この後、年会費無料で手軽に入会できるクレジットカードもご紹介します。

また、楽天カード以外のクレジットカードは、2019年度の春頃に向けて、JCBやアメックス・ダイナースにも対応予定です。

楽天ペイを使えば還元率が0.5%アップする

楽天ペイは、便利なだけでなくお得な決済方法です。なぜなら、楽天ペイを使うごとに200円で1ポイント、還元率では0.5%分が上乗せされるからです。つまりポイントの2重取りですね。

【楽天ペイ利用時のポイント付与】

  • ①利用時:0.5%分の楽天ポイントが貯まる
  • ②カード代金支払い時:カードポイントが貯まる

ここで気をつけていただきたいのは、使用するクレジットカードによって獲得ポイント数に差が生じることです。そこで次に、ポイント還元率が高くて楽天ペイとも相性の良いクレジットカードをご紹介したいと思います。

楽天ペイにおすすめ!人気の楽天カード

楽天ペイとの相性の良さでは、やっぱり本家本元の楽天カードが一番です。利用ポイントとカード決済で貯まるポイントはどちらも楽天スーパーポイントですから、ポイントが貯めやすく使いやすいのも魅力ですよね。

しかも基本の還元率が高く、楽天ペイ決済では利用額の1.5%分のポイントを獲得できます。またご存知の通り楽天市場では3%以上の高還元ですから、楽天ペイ以外でも利用価値の高いクレジットカードです。

楽天カード

カード名称 楽天カード
年会費 無料
スペック 海外旅行保険 最高2,000万円
・標準還元率1%
・楽天市場では3%以上の高還元

女性には楽天ピンクカードがおすすめ!

女性には女性向けバージョンの楽天ピンクカードがおすすめですよ。女性向けのピンク色のカードフェイスで、安い月額料金で優待サービスや保険に加入できるオプションサービス付きです。その他のスペックはスタンダードタイプの楽天カードと変わりません。

楽天PINKカード

カード名称 楽天PINKカード
年会費 無料
スペック ・海外旅行保険 最高2,000万円
・標準還元率1%
・楽天市場では3%以上の高還元
・オプション優待、オプション保険

楽天ペイで1.5%還元!オリコカードザポイントも楽天ペイにおすすめ

オリコカードザポイントもポイントの貯まりやすさで人気のクレジットカードです。楽天ペイにこのカードを登録すれば、利用と決済で合計1.5%還元です。

また入会後半年間はポイントが倍になることや、オリコモールでの0.5%特別加算もこのカードの魅力です。なおオリコカードザポイントではオリコポイントが貯まりますが、楽天スーパーポイントとは相互交換(1,000pt以上1,000pt単位)可能です。

オリコカードザポイントは入会時にJCBとMastercardが選択可能ですが、JCBだと楽天ペイが使えませんので、必ずMastercardを選んでくださいね。

オリコカード・ザ・ポイント

カード名称 オリコカードザポイント
年会費 無料
スペック ・標準還元率1%
・入会後半年間は還元率2%
・オリコモール0.5%特別加算

楽天ペイはクレジットカードよりも安全

クレジットカードが揃ったら、これで楽天ペイの利用はいつでもスタートできますね。でもこのような新しい決済方法に対して、漠然とした不安を感じる方も居られるかもしれません。

確かに新しい決済方法に心配はつきものですが、クレジットカードや電子マネーカードを何枚もお財布に入れて持ち歩くよりも、最新式のスマートフォンに機能集中させた方がむしろ安全だとも言えます。

スマートフォン紛失時には遠隔ロックが利用できる

スマートフォンが盗まれた場合も、クレジットカード情報には何重にも対策が講じられており、情報はそう簡単には抜き取られません。

それにスマートフォンの紛失や盗難時には、不正使用を防ぐために以下のようなセキュリティ機能が使えます。

  • リモートロック(遠隔ロック)
  • サービスや機能の利用停止

楽天ペイは紛失・盗難時には利用停止できる

さらに楽天ペイ自体も、パスワードを変更することによって外部から利用を止めることが可能です。但しそれには別の端末を使う必要があるので、とりあえずカスタマーデスクに連絡を入れるのが先決でしょう。

以下のようにサービス毎に連絡先が異なるので、それぞれの電話番号はどこかにメモしておき、緊急時にはすぐ対応できるようにしておきましょう。

  • スマートフォン:電話会社
  • クレジットカード:カード会社
  • 楽天ペイ:楽天カスタマーサービス

楽天ペイを使い始めたら、スマートフォンの管理にはこれまで以上に注意が必要ですね。

楽天ペイならポイントを2重取りできてお得です

楽天ペイはバーコードやQRコードを使った新しいスマホ決済で、ローソンなどの加盟店でお得かつスマートな支払いが可能です。

登録するクレジットカードは楽天カードでなくても構いませんが、他社カードは一部ブランドが使えないことにご注意ください。

楽天ペイは便利なだけでなく、ポイント2重取りが可能なお得な決済方法としておすすめですよ。

どのクレジットカードを選べばよいかお悩みのあなたへ

クレジットカードにはレストランやレジャー施設を割引価格で楽しめる優待が利用できるのをご存知ですか?
ポイント還元だけでなく、様々な優待で日常をお得に楽しめるのがクレジットカードなのです
起業してる方のビジネスサポートもしてくれます
ただし、クレジットカードを所有するには審査に通過する必要があります
あなたの状況から所有しやすいクレジットカードを最短2問・最高4問で提案
クレジットカードの種類が多すぎて、どのカードを選べばよいか分からないあなたにもおすすめ
1,000種類以上のクレジットカードの中から、あなたの目的に合った最強のクレジットカードが数十秒で見つかる

自分にあったクレジットカードを見つける自分にあったクレジットカードを見つける

クレジットカードを診断するクレジットカードを診断する
PAGE TOP