Tポイント
Tポイントを二重取りできるクレジットカード!楽天Edyで3重取り

Tポイントは人気の高いポイントプログラムですが、貯めるときは200円につき1ポイントという提携先が多く、なかなかまとまったポイント数にならないことに歯がゆさを感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方にオススメしたいのが、一度の利用でTポイントを二重取りする方法です。クレジットカード機能つきTカードを使えば、簡単にTポイントの二重取りが可能です。

また、楽天Edyを利用してポイントを三重取りする方法もご紹介します。少しでもたくさんTポイントを貯めたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。

クレジットカード決済とTカード提示でTポイントを二重取りできる

Tカードには、クレジット機能のないポイントカードと、クレジット機能付きのものとがあります。Tポイントを二重取りするためには、クレジット機能付きのTカードが必要です。

Tポイントを二重取りするための手順としては、Tポイント提携先でTカードを提示して、クレジット払いをするだけです。

それによって、以下の2種類のTポイントが一度にもらえます。

  • ①Tカード提示によるTポイント
  • ②クレジットポイントとしてのTポイント

Tポイント付与率はカードの種類や提携先によって異なりますが、200円につき1ポイント(還元率0.5%)というところが多く、一部100円につき1ポイント(還元率1%)というところもあります。

Tモールを使えば提携先でなくてもTポイント二重取り

Tモール説明画像

ネットショッピングの場合は、提携先でなくてもTポイントを二重取りする方法があります。それはとても簡単な方法で、Tモールというポイントサイトを通して、クレジット決済でお買い物をするだけです。

Tモールには多種多様なネットショップが掲載されており、そこでお買い物をしてクレジットカード決済をすれば、クレジットポイントに加えてTモール経由のTポイントももらえるのです。Tモール掲載のネットショップの一部を、以下にご紹介します。

ネットショップ名 Tポイント付与レート
・成城石井
・東急百貨店ネットショッピング
・コスメ・コム(cosme.com) 等
200円につき3ポイント
・近鉄百貨店
・ドミノ・ピザ 等
200円につき4ポイント
・T-PRINT
・AOKI公式オンラインショップ
・ロクシタン オンラインショップ 等
200円につき10ポイント

この他にも、まだまだ多くのネットショップでTモールを経由でき、お店によって1~1,000ポイント以上ものTポイントが貯まります。

それだけでもお得ですが、Tポイントがたまるクレジットカードを利用して二重取りすれば、さらに大量のTポイントが獲得できます。

Tポイントを二重取りできるおすすめのクレジットカード

ここからは、ポイント二重取りに必要なクレジット機能付きTカードの中から、オススメのものを3枚ご紹介していきます。よく行くお店や還元率などを基準に、ライフスタイルに合ったクレジットカードを選んでくださいね。

基本還元率で選ぶならYahoo! JAPANカードが最強

Yahoo!JAPANカードの最大の特長は、なんといっても100円につき1ポイント(1%)という高い還元率です。さらに、LOHACOやYahoo! ショッピングでのお買い物なら、いつでもポイント3倍という特典があります。

Tポイントを効率的にためることを主眼において選ぶのなら、このYahoo! JAPANカードはおすすめの1枚です。

Yahoo! JAPANカード

カード名称 Yahoo! JAPANカード
年会費 永年無料
スペック ・基本還元率1%
・LOHACOやYahoo! ショッピングでの利用は常に還元率3%
・最高100万円のショッピングガード保険付帯
・月額490円(税抜き)でプラチナ補償付帯可能
・nanacoチャージで0.5%

ファミリーマートを利用する方ならファミマTカード

Tポイントの主な提携先としてファミリーマートを思い浮かべる方も多いと思いますが、お近くにファミリーマートがあるならば、ファミマTカードも効率的にTポイントを貯めるのにオススメです。

基本のポイント還元率は200円につき1ポイントなのですが、ファミマで利用すればするほどポイント付与率がアップする「ファミランク」という会員ランク制度や、対象商品を購入するとボーナスポイントがもらえる「Tポイントプラス」など、様々な特典があります。

ファミリーマートでの利用は常にポイントが3倍(還元率1.5%)、火曜と土曜はポイント7倍(還元率3.5%)と非常に高還元です。

ファミマTカードにはポイントカードやデビットカードもありますが、クレジットポイントも二重取りしてさらに得するためにも、ぜひクレジットカードを選びましょう。

ファミマTカード

カード名称 ファミマTカード
年会費 無料
スペック ・基本還元率0.5%
・ファミリーマートでのクレジット利用で常にポイント3倍
・月間購入額に応じて最大ポイント3倍になる「ファミランク」
・対象商品の購入でボーナスポイントがもらえる「Tポイントプラス」
・女性は毎週水曜日にポイント2倍の「レディースデー」
・毎週火曜と土曜は最大ポイント7倍の「カードの日」

TSUTAYAで最大ポイント6倍!TSUTAYAを利用する方ならTカードプラス

TSUTAYAをよく利用する方なら、TSUTAYAでいつでもポイントが3倍になるTカードプラスがおすすめです。

Tカードプラスなら、TSYTAYAのレンタル更新料が無料に、更新手続きも不要になります。また、TSUTAYAを月に5日以上利用すると翌月はポイント5倍または6倍になるなど、TSUTAYAをよく利用する方には、大変メリットの大きい一枚です。

TSUTAYA Tカードプラスは3社のクレジットカード会社から発行されており、2016年4月以前にポケットカード発行のTカードプラスに申し込みをした方のみ、2年目以降500円(税抜き)の年会費がかかります。しかし、年に1回以上カードを利用すれば、翌年度の年会費は無料です。

Tカードプラス

カード名称 Tカードプラス
年会費 無料
スペック ・基本還元率0.5%
・TSUTAYAで提示するといつでもポイント3倍
・TSUTAYA月間利用回数に応じて最大ポイント6倍
・レンタル更新料無料
・レンタル更新手続き不要

おサイフケータイで楽天Edy決済を利用すればポイント三重取りも可能!

ここまで、Tポイントを二重取りする方法とそのために必要なTカードをご紹介してきましたが、ここからは、さらにお得なポイントの三重取りについてお話していきます。

ポイント三重取りをするためには、楽天Edyを利用します。さっそく、詳しく見ていきましょう。

チャージでポイントが貯まるクレジットカードを使ってポイント三重取り

楽天Edyを使って三重にもらえるポイントとは、以下の通りです。

  • ①楽天Edyのチャージで付くクレジットポイント(Tポイント以外)
  • ②楽天Edy決済でもらえる決済ポイント(Tポイント)
  • ③Tポイント提携店でもらえるTカード提示によるポイント(Tポイント)

後にご紹介しますが、指定のクレジットカード決済で楽天Edyへのチャージをすると、クレジットポイントがもらえます。これがひとつ目のポイントです。

チャージで直接Tポイントがもらえるクレジットカードはないのですが、Tポイントに交換することができるのです。

おサイフケータイのEdy決済でTポイントを貯める設定をしよう!

2つ目は楽天Edyの決済でもらえる決済ポイントですが、おサイフケータイのEdyなら、200円(税込み)につき1ポイントのTポイントを直接貯めることが可能です。

おサイフケータイのEdy決済ポイントは、PontaポイントやANAマイルなど様々なものからお好きなものを選択でき、その中にTポイントもあるのです。

おサイフケータイの楽天Edy決済ポイントにTポイントを設定する方法は、以下の通りです。

Edyポイント設定説明画像手順①

おサイフケータイアプリのトップ画面右上の設定アイコンをタップします。

Edyポイント設定説明画像手順② Edyポイント設定説明画像手順③

設定画面の「ポイント」から「ポイントの設定・変更」をタップします。

Edyポイント設定説明画像手順④

ポイントプログラムの中からTポイントを選択し、「設定する」をタップします。その後の画面にて、Tカード番号などポイントサービスの情報を入力し、「設定する」をタップすれば設定完了です。

上記の手順で決済ポイントをTポイントに設定すれば、Tポイントの提携店でなくても、Tポイントを貯めていくことが可能になります。

Tポイント提携先で提示&Edy決済で二重取り

さらに、Tポイント提携先なら、上記のEdy決済ポイントとしてのTポイントに加えて、Tカード提示によるTポイントももらえます。

Edy決済でTポイントが貯まる説明画像

楽天カードならEdyチャージでも0.5%のポイントが貯まる

ここからは、ポイント三重取りのために、Edyへのチャージでクレジットポイントが貯まるクレジットカードをご紹介します。

カード決済で100円につき1ポイントがたまり、1ポイント=1円として利用できる、還元率の良いカードです。ただし、楽天Edyへのチャージの場合は、200円につき1ポイントとなります。

このカードを使ってEdyチャージをした場合、もらえるクレジットポイントは楽天スーパーポイントです。楽天スーパーポイントは使い勝手の良いポイントですし、楽天Edyへのチャージにも利用できるので、そのままでもお得なポイント三重取りと言えます。

しかし、どうしてもTポイントにしたい場合は、いったんANAマイルに交換し、マイルからTポイントへ移行することができます。

楽天スーパーポイント2ポイント→ANAマイル1マイルというレートになります。また、ANAマイルからTポイントへは、10,000マイル→10,000ポイントとなっています。

楽天カード

項目 内容
カード名称 楽天カード
年会費 永年無料
スペック ・基本還元率1%
・楽天Edyへのチャージでもポイントが付く(還元率0.5%)
・楽天市場での利用でいつでもポイント3倍
・楽天トラベルでの利用でいつでもポイント2倍
・最大2,000万円の海外旅行傷害保険が利用付帯

ANAカードの対象カードでもEdyチャージでマイルが貯まる

ANAカードのうち、対象となる以下のカードでも、楽天Edyへのチャージで200円につき1マイルずつ貯まります。

  • ANA JCBワイドゴールドカード
  • ANA ダイナースカード
  • ANAカード プレミアム
  • ANAスーパーフライヤーズJCBゴールドカード
  • ANAスーパーフライヤーズダイナースカード
  • ANA JCBスーパーフライヤーズカード プレミアム
  • ANA ダイナーススーパーフライヤーズプレミアムカード
  • ANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカード

ただし、これらのカードはすべてハイグレードなので、年会費がとても高額です。この中で一番年会費のお安いANA JCBワイドゴールドカードでも15,120円(税込み)です。

特典の充実ぶりやマイルの貯めやすさを思えば、年会費の高さも納得ですね。しかも、ANAマイルは直接Tポイントに交換できます。

もちろん、このカードで貯めたマイルも、10,000マイル=Tポイント10,000ポイントに交換できますので、少々手間はかかりますがTポイントの三重取りが可能となります。

以下に、そんなANA JCBワイドゴールドカードの概要をご紹介しておきます。

項目 内容
カード名称 ANA JCBワイドゴールドカード
年会費 15,120円(税込み)
スペック ・1,000円(税込み)につき1ポイントのクレジットポイント
・クレジットポイントは1ポイント=10マイルで移行も可能
・楽天Edyへのチャージでもポイントが付く(還元率0.5%)
・入会時、毎年の継続時に各2,000マイルのボーナス
・空港ラウンジサービス、ゴールドデスク等のゴールド特典
・最大5,000万円の国内・海外旅行傷害保険が自動付帯
・年間300万円までのショッピング補償が自動付帯

提携ポイントとクレジットポイントで簡単にTポイント二重取り

今回は、Tポイントを簡単に二重取りできる方法をメインにご紹介してきました。

クレジットポイントがTポイントであるクレジットカードを使い、Tポイントの提携店で提携ポイントとクレジットポイントを二重取りするのが、もっとも簡単な方法です。また、ネットショッピングの際にはTモールを利用すれば、これまた簡単に二重取りが可能です。

楽天Edyを利用する方法もご紹介しましたが、Tポイントをダイレクトに三重取りすることはできないので、ちょっと面倒かもしれませんね。

とはいえ、二重取りなら簡単ですので、まずはTポイントが貯まるクレジットカードを作り、今までよりずっと効率的にザクザクTポイントを貯めていきましょう。

どのクレジットカードを選べばよいかお悩みのあなたへ

クレジットカードにはレストランやレジャー施設を割引価格で楽しめる優待が利用できるのをご存知ですか?
ポイント還元だけでなく、様々な優待で日常をお得に楽しめるのがクレジットカードなのです
起業してる方のビジネスサポートもしてくれます
ただし、クレジットカードを所有するには審査に通過する必要があります
あなたの状況から所有しやすいクレジットカードを最短2問・最高4問で提案
クレジットカードの種類が多すぎて、どのカードを選べばよいか分からないあなたにもおすすめ
1,000種類以上のクレジットカードの中から、あなたの目的に合った最強のクレジットカードが数十秒で見つかる

自分にあったクレジットカードを見つける自分にあったクレジットカードを見つける

クレジットカードを診断するクレジットカードを診断する
PAGE TOP