スマホ決済
ゆうちょPayのメリットデメリット!手軽にスタートできるQRコード決済

当初の予定より遅れること数ヶ月、2019年5月8日からいよいよゆうちょPayがスタートしました。「また◯◯Pay?」と思った方も、このスマートフォン決済には一見の価値がありますよ。

というのもこの決済方法にはクレジットカードが不要で、銀行口座だけですぐにスタートできるからです。しかもゆうちょPayなら駅の券売機から現金を引き出すことも可能です。

ゆうちょPayは他のスマホ決済とは一味違うんですね。これからこのゆうちょPayについて徹底解説します!スマートフォン決済をまだ使ったことのない方もぜひご覧ください。

ゆうちょPayはクレジットカード不要!安心確実なスマホ決済

ゆうちょPay

コンビニの買物や駅の改札も、スマートフォンひとつでこなせる時代になりましたね。しかしモバイル決済にはクレジットカードが必要ということもあって、なかなか手を出せない方が多いようです。

今回ご紹介するゆうちょPayは、実はそんな方にこそおすすめです。

ゆうちょPayにはクレジットカードが必要ない

ゆうちょPayにはクレジットカードが必要ありません。なぜならこの新しい支払い方法は、ゆうちょ銀行の口座と直結しているからです。

ゆうちょPayを始めるには銀行口座とスマホがあればOK!その他のカード類は一切使用しません。なのでこれまで現金主義を通してきた人も、ごく自然にスマートフォン決済をスタートできるのです。

審査不要で年齢制限もなし

しかもゆうちょPayの申し込みには審査も不要ですし、年齢制限も設けられていません。ゆうちょ銀行の口座を持っている人であれば、未成年でも高齢の方でもOK!例えクレジットカードを作れない状況の方でも、ゆうちょPayなら大丈夫です。

これはゆうちょPayが、即時引き落としタイプの安全確実な決済方法だからです。

【ゆうちょPayの特徴】

・クレジットカード不要
・ゆうちょ銀行の口座と直結
・利用と同時に即時引き落としが実行される

利用上限は1日200万円・1か月500万円とタップリ

またゆうちょPayは使える金額が大きいことも特徴で、1日につき200万円、1か月では500万円まで利用可能です。

一方で他のスマホ決済の限度額を調べてみると、いずれも以下の様にクレジットカード限度額の範囲内・もしくはそれ以下で、ゆうちょPayの限度額がダントツだということがわかります。

スマホ決済 利用上限
ゆうちょPay (日)200万円、(月)500万円
※口座残高の範囲内
Apple Pay ※カード利用可能枠の範囲内
(1回2万円超は使えない場合がある)
Google Pay ※カード利用可能枠の範囲内
PayPay (月・日)5,000円~250,000円
※クレジットカード利用時
楽天Pay (1回)50万円
※カード利用可能枠の範囲内

つまり一般的なスマホ決済の場合、カード決済額が多い月には限度額不足から使えなくなってしまう危険性もある訳です。しかしゆうちょPayは限度額がたっぷり!これならいつでも安心して買物ができるでしょう。

利用上限を設定できるので使い過ぎの心配がない

もちろんゆうちょPayの限度額が「1日200万円・1か月500万円」といっても、実際に使えるのはゆうちょ銀行口座残高の範囲内の話ですよ。

もしもあなたの口座残高が50万円なら、ゆうちょPayの利用上限もやっぱり50万円です。いずれにしても口座残高をすべて使い果たす訳にはいきませんから、どなたも自分なりにゆうちょPayの利用上限を決めておいた方がいいですね。

ゆうちょPayなら利用上限を自由に設定できるので、使い過ぎの心配はありません。

ゆうちょPayの利用履歴はアプリでいつでも確認できますから、家計の管理ツールとしても自信を持っておすすめできます。

アプリでお得なクーポンも貰える

またゆうちょPayなら、アプリを通じて様々なお得情報を手に入れることもできます。せっかくの優待サービスも気づかずスルーでは意味がないですが、ゆうちょPayのアプリからは常に最新情報が届くので見逃す心配がありません。

また2019年8月以降からはお得なクーポンの配信が予定されており、お店の割引優待が使えるのも楽しみですね。

スマートフォン決済に乗り遅れた人も、ゆうちょPayは使いやすくておすすめだよ。クレジットカードを使わないので、カードを持っていない人でもOKだよ。
クレジットカード不要のスマホ決済ですって!?ということは、もしかしてその都度自分で現金チャージしなきゃいけないってこと?
そうじゃなくて、ゆうちょPayは銀行口座と直結してるんだよ。だからチャージなんてしなくても、1日200万円までなら自由に使えるのさ。

ゆうちょPayはデビット方式だから安心!キャッシュアウトにも対応

ゆうちょPayを一言で言えば「モバイル版のデビットカード」です。銀行口座と直結しているため、ゆうちょPayは他のスマートフォン決済には真似できないことも出来るんですよ。

次にゆうちょPay独自の機能をご紹介しましょう。

デビットカード同様に使い過ぎの心配がない

ここで改めて決済方式について確認しておきたいと思います。以下の表はクレジットカード・デビットカード・ゆうちょPay、それぞれの決済方式の違いを比較したものです。

決済方法 決済タイプ 特徴
クレジットカード 後払い(ポストペイ) カード会社が一時的に立て替える
デビットカード 即時 銀行口座と直結
ゆうちょPay 即時 銀行口座と直結
スマートフォン決済

この中ではクレジットカードだけが後払い方式です。

クレジットカードは残高不足でも決済できる

後払いとはカード会社が一時的に代金を立て替えてくれる仕組みのことで、実際に口座からお金が引き落とされるのは数週間以上先になります。

つまりカードを使った時点では口座残高が不足していても、クレジットカードならば商品を購入できてしまうんですね。

しかしゆうちょPayの場合はデビットカードと同じく即時決済ですから、購入時点で残高不足だと支払いは実行されません。ここが堅実な決済方法だと言われる所以です。

初期費用0円なので店舗も導入しやすい

またゆうちょPayは、店舗側にとっても堅実な決済方法だと言えます。なぜならゆうちょPayには特別な機材が不要で、初期費用0円で導入できてしまうからです。

  • 初期費用0円(リーダーなど専用端末は不要)
  • 月額利用料金0円
  • 決済手数料(3%程度~)

ゆうちょPayは決済手数料も安い

上記の「決済手数料」とはお店側が負担する費用のことで、クレジットカードの場合は決済額の2%~5%です。

スマホ決済は全般にクレジット決済よりも安上がりで、ゆうちょPayの手数料負担も大体3%前後になるだろうと予想されています。

初期費用0円でしかも手数料が割安だから、ゆうちょPayを導入するお店も順調に増えることが期待できる訳ですね。

2019年5月8日からヤマダ電機やウェルシアで使える

ではゆうちょPayはどのようなお店で使えるのでしょうか?ゆうちょPayのサービス開始は2019年5月8日ですが、現時点で導入が決まっている店舗(ドラッグストア)は以下の通りです。

ゆうちょPay対応のドラックストア

以下は家電量販店です。

ゆうちょPay対応の家電量販店

その他に芝田タオル、Tokyu Snow ResortでもゆうちょPayが使えます。

コンビニはミニストップが使える!飲食店も続々参入

やや遅れて5月中旬からは、松屋でもゆうちょPayが使えるようになります。また6月にはミニストップを始めとする以下各店にも導入が予定されています。

ゆうちょPay対応店舗一覧

そして2019年8月には以下でも利用が始まります。

2019年8月~ゆうちょPay対応店舗

その後はこのようなお店にもゆうちょPayは拡大予定です。

ゆうちょPay対応店舗一覧

ゆうちょPayはとにかく導入コストが安いので、上記のような大型チェーン店だけではなく、中?小規模店にも次第に浸透していくと考えられます。

以下がゆうちょPayのロゴマークですので、街ではこれを目印にしてくださいね。

2019年8月~ゆうちょPayロゴ

銀行Payと相互乗り入れだから使いやすい

またゆうちょPayは他の銀行のスマホ決済サービスとも連携しており、それぞれ相互乗り入れできるという強味もあります。以下が銀行Payのネットワークです。

銀行Payネットワーク

YOKA!PayやはまPay加盟店でも使える

そして以下が各銀行のスマホ決済サービス(銀行Pay)の名称一覧です。例えば九州地方にお住まいの方であれば、YOKA!Payの対応店でもゆうちょPayが使える訳ですね。

銀行名 銀行Payの名称
横浜銀行 はまPay
福岡銀行 YOKA!Pay
熊本銀行 YOKA!Pay
親和銀行 YOKA!Pay
りそな銀行 りそなウォレット
埼玉りそな銀行 りそなウォレット
関西みらい銀行
(旧:近畿大阪銀行)
りそなウォレット
沖縄銀行 OKIPay
北陸銀行 ほくほくPay
北海道銀行 ほくほくPay

他の銀行PayもゆうちょPayと同様、サービス提供が始まったばかり。加盟店が増えて使いやすくなるのはこれからでしょう。

東京・神奈川の駅券売機で預金を引き出せる

もう一つ、忘れてはいけないゆうちょPayの特徴的な機能が「キャッシュアウト」です。これは駅券売機からスマホで現金を引き出せるという、日本初の画期的なサービスです。

【ゆうちょPayのキャッシュアウトサービス】

・駅券売機から預金を引き出せる
・利用可能時間:5時30分~23時
・利用限度額:3万円

外出先で持ち合わせが足りなくなった時にも、駅で手軽に出金できるとは便利ですよね。

東横線や目黒線などの駅自販機が対象

現時点でキャッシュアウトサービスが使えるのは以下路線の駅券売機です。

  • 東横線
  • 目黒線
  • 田園都市線
  • 大井町線
  • 池上線
  • 東急多摩川線

なお以下の各駅は対象外となっています。

  • × 世田谷線
  • × こどもの国線

キャッシュアウトには2020年1月3日から手数料がかかる

この便利なキャッシュアウトサービスは、ゆうちょPay開始の5月8日~6月30日までなら手数料無料で利用できます。

  • 2019年5月8日~6月30日:無料
  • 2020年1月3日まで:一律108円
  • 2020年1月3日以降:【平日8時45分~18時】108円、【それ以外】216円

しかし2020年1月3日からは、上記のように暫時手数料がかかるようになりますのでご注意ください。

スマートフォン決済にもいろいろあるけど、駅の券売機でお金が下ろせるとは驚いた!ゆうちょPayは加盟店も多いし、何かと使い勝手が良さそうだね。
私は即時決済という点が気に入ったわ。ゆうちょPayは銀行のデビットカードと同じで、とても堅実な決済方法なのね。

ゆうちょPay(ペイ)はコード読み取り式!始め方&使い方と注意点

ここまでで、ゆうちょPayとはどういう決済方法なのかご理解いただけたと思います。次にゆうちょPayの始め方と使い方をご紹介しましょう。

スタート方法は簡単なので、どなたもすぐにスマホ決済が使えるようになりますよ。

スタートは簡単!申し込み当日から使える

あなたが既にゆうちょ銀行の口座をお持ちなら、ゆうちょPayのスタートはとても簡単です。このスマホ決済にはクレジットカードが必要ないため、以下の手順で設定を済ませるだけでいいからです。

①アプリをダウンロード
②アプリで初期設定(ゆうちょ銀行の口座番号などを登録)

新たにやるべきことと言ったらゆうちょPayアプリをダウンロードするだけ。もちろんゆうちょPayアプリはiOSとAndroidいずれにも対応します。

新規登録で現金500円プレゼント

ゆうちょPayアプリをダウンロードして口座を登録すれば、今なら「ゆうちょPay デビューキャンペーン」として現金500円がもらえます。

【ゆうちょPay デビューキャンペーン】

・2019年5月8日~9月30日まで(100万人に達し次第終了)
・ゆうちょPayアプリを新規ダウンロード+口座登録が条件
・先着100万人に現金500円プレゼント

このキャンペーンは早い者勝ちですから、ダウンロードはお早めにどうぞ!

通帳は郵便局かゆうちょ銀行で即日発行

もしもまだゆうちょ銀行をご利用でなければ、アプリをダウンロードする前に以下の方法で口座を開設してください。

①郵便局かゆうちょ銀行へ来店
②申込書に必要事項を記入
③窓口に提出(※印鑑と本人確認書類が必要)
④その場で総合口座通帳が発行される

最寄りの郵便局かゆうちょ銀行に行けば、すぐその場で総合口座通帳を手に入れることができます。

「ゆうちょダイレクト+(プラス)」は郵送で口座開設できる

郵便局や銀行まで足を運べないという方は、無通帳型総合口座 「ゆうちょダイレクト+(プラス)」がおすすめですよ。こちらならオンライン+郵送で申し込めます。

①ゆうちょ銀行Webサイトで申込書を請求
②申込書が郵送で届く
③申込書に必要事項を記入・押印、本人確認書類の写しを添付して返送
④利用案内が郵送で届く、キャッシュカードは別送
⑤ゆうちょダイレクトに登録

ただしこの方法には時間がかかるのが問題です。郵送でキャッシュカードが届くまでには少なくとも数日以上を要するので、お急ぎの方には向きません。

「ゆうちょPay デビューキャンペーン」の500円を狙うなら、早めに郵便局か銀行で口座開設した方がいいですね。

お店のレジでは「ゆうちょPayで!」と指定

では次にゆうちょPayのお店での使い方をご説明しましょう。ゆうちょPayもしくは銀行Payの対応店のレジでスマートフォンを準備したら、以下の手順で清算してください。

①レジで「ゆうちょPayで」と指定
②お店側が表示するQRコードをスマホで読み取る
③清算完了、口座から即時引き落とし
④利用通知メールが届く

支払い方法を指定して、お店が表示するQRコードをスマートフォンで読み取れば完了ですので簡単ですね。清算が完了すれば通知メールが届き、その場で決済できたことを確認できるのも安心です。

なお銀行Pay加盟店のレジでは、対応する銀行Payの名称もしくは「銀行Payで」と伝えるとわかりやすいです。

キャッシュアウトには券売機のQRコードを読み取る

次はキャッシュアウトサービスの使い方です。といっても特に説明の必要もありません。店舗レジの精算時と同様に、以下のように券売機で表示されるQRコードをスマートフォンで読み取ればいいだけです。

券売機のQRコード読み取り

手順はその都度画面に表示されるので、初めての方でも間違うことはないでしょう。

加盟店は少ないが今後に期待できる

この通りゆうちょPayは利便性の高い決済方法ですが、デメリットとしては以下の2点が考えられます。

  • 加盟店が少ない
  • ポイントが貯まらない

確かにデビットカードやクレジットカードと比較すればゆうちょPayの加盟店の数は少ないですが、これはまだ開始間もないので仕方ないですね。

加盟店は増える一方なので、ゆうちょPayは今後ますます便利になっていくでしょう。

ポイント還元のないことは致命的欠点か?

残るデメリットはポイントが貯まらないことです。

以下のように一切ポイント還元のないことは、ゆうちょPayの致命的な欠点だと言えるでしょう。

  • × カードポイントがつかない(クレジットカードを使わないため)
  • × 加盟店でもポイントはつかない

それだけに2019年8月から配信される優待クーポンの内容には大いに期待したいところです。

お得度重視の方は、ゆうちょPayアプリの優待クーポンの内容次第では、ゆうちょPayの継続を再考する必要があるかもしれません。

ゆうちょPayはスマホ決済とキャッシュアウトで現金派にも便利

2019年5月8日に始まったばかりのゆうちょPayは、今流行のコード読み取り方式のスマートフォン決済です。

しかも加盟店での支払いに使えるだけでなく、駅券売機からのキャッシュアウト(現金引き出し)も可能です。

ゆうちょPayは銀行口座との直結型でクレジットカードを介在させないため、未成年の方でもOK!

ポイントが貯まらないことが唯一の欠点ですが、ゆうちょPayはクレジットカード嫌い・現金主義の方にも向いています。

どのクレジットカードを選べばよいかお悩みのあなたへ

クレジットカードにはレストランやレジャー施設を割引価格で楽しめる優待が利用できるのをご存知ですか?
ポイント還元だけでなく、様々な優待で日常をお得に楽しめるのがクレジットカードなのです
起業してる方のビジネスサポートもしてくれます
ただし、クレジットカードを所有するには審査に通過する必要があります
あなたの状況から所有しやすいクレジットカードを最短2問・最高4問で提案
クレジットカードの種類が多すぎて、どのカードを選べばよいか分からないあなたにもおすすめ
1,000種類以上のクレジットカードの中から、あなたの目的に合った最強のクレジットカードが数十秒で見つかる

自分にあったクレジットカードを見つける自分にあったクレジットカードを見つける

クレジットカードを診断するクレジットカードを診断する
PAGE TOP