楽天Edy
楽天Edy(エディ)のチャージ方法!クレジットカードが一番お得

楽天スーパーポイントをメインに貯めている方はもちろん、そうでない方でも便利でお得に使うことができる電子マネーと言えば、楽天Edyです。楽天Edyにはいろんな種類や利用方法があり、まだ十分使いこなせていないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、そんな楽天Edyの中でも、特にチャージについて詳しくご紹介します。様々なチャージ方法や、クレジットカードからのチャージでもポイントが貯まるというカードについてもご紹介します。

ますます便利にお得に使うことができるよう、この機会に、ぜひ目を通してみてくださいね。

楽天Edyのチャージ方法は5種類!チャージ金額に上限があることに注意

まず、楽天Edyで利用できるチャージ方法と、チャージの上限について簡単にご紹介します。楽天Edyへのチャージ方法は5種類あります。

  • 現金チャージ
  • クレジットカードチャージ
  • 楽天Edyアプリチャージ
  • 銀行口座からのチャージ
  • ポイントからのチャージ

後ほど、ひとつずつチャージ方法の詳細をご紹介していきます。

チャージには上限がある

それぞれにチャージ方法について詳しく見ていく前に、すべてのチャージに共通の注意点について知っておきましょう。それは、チャージには以下のような上限があるということです。

項目 金額
1回のチャージ金額 1,000円から25,000円まで
1個の楽天Edyあたりのチャージ上限額 50,000円まで

1回につき25,000円までしかチャージできませんので、利用頻度の高い方はその都度現金でチャージするのはちょっと面倒かもしれません。そんな方には、後にご紹介する楽天Edyアプリからのチャージや、オートチャージがオススメです。

楽天Edyのチャージ法は多種多様!クレジットカードからのチャージが一番お得

ここからは、楽天Edyへのチャージ方法を具体的に見ていきましょう。楽天Edyにはいろんな種類があり、種類によってチャージ方法が異なる部分もあるため、今回は主に代表的な楽天Edy機能付きクレジットカード(楽天カード)や楽天Edyアプリからのチャージ方法についてご紹介します。

コンビニなどで簡単に現金でチャージできる

楽天Edyコンビニチャージ

まずは、現金チャージの方法から見ていきましょう。現金チャージに対応している楽天Edy加盟店にて、レジで「楽天Edyに○○円チャージします」と伝えて現金を渡します。

そして、端末に楽天Edyをかざすだけでチャージが可能です。一部の加盟店ではEdyチャージャーを設置しており、機械にお金を入れてチャージすることもできます。現金チャージができる楽天Edy加盟店は、以下の通りです。

ジャンル 店名
コンビニ ・サークルK
・サンクス
・スリーエフ
・セイコーマート
・ファミリーマート
・セブンイレブン
・ポプラ
・生活彩家
・くらしハウス
・スリーエイト
・デイリーヤマザキ
・ミニストップ
・ローソン
ドラッグストア ・ツルハドラッグ
・くすりの福太郎
・ドラッグストアウェルネス
その他 ・WonderGOO
・PRONT
・CAFFE SOLARE
・喫茶室ルノアール

このように、全国展開のコンビニなら、おおむねどこでもチャージできるようになっています。

ポイントが獲得できるクレジットカードチャージが一番お得

楽天Edyは現金でもチャージが可能ですが、やはりチャージでポイントが獲得できるクレジットカードからのチャージが一番お得と言えますね。

クレジットカードからチャージする場合は、カード型の楽天Edyでも楽天Edyアプリを利用します。したがって、まず楽天Edyアプリをスマホにインストールする必要があります。

楽天Edyクレジットチャージ

アプリのダウンロードが済んだらアプリを開き、チャージ設定の「クレジットカード」をタップして、チャージに使いたいクレジットカードを登録します。この時、後ほどご紹介するクレジットカードを登録すれば、チャージするたびにポイントが貯まるのでお得です。

クレジットカードを登録した日の翌日正午を過ぎたら、クレジットカードチャージが可能になります。手順も以下のように簡単です。

①アプリを開き、「チャージ」をタップします。
②チャージしたい金額とパスワードを入力し、「チャージ」をタップします。

これでチャージ完了です。加盟店まで出向かなくても、いつでもどこでもスマホからチャージができるので、忙しい時にも便利なチャージ方法です。

アプリからのチャージは楽天会員情報にクレジットカードの登録が必要

先述の通り、クレジットカードチャージやおサイフケータイでのチャージにも楽天Edyアプリを利用しますが、クレジット機能のない楽天Edyカードやキーホルダー型などの楽天Edyの場合も、楽天Edyアプリからチャージが可能です。

楽天Edyアプリからチャージ

この場合も、まず楽天Edyアプリをダウンロードします。ダウンロードできたらアプリを開き、登録したい楽天Edyを端末にかざして読み取りをします。読み取りが完了したら「登録する」をタップします。

では、チャージをする手順を見ていきましょう。まず、アプリを開いて「チャージ」をタップします。チャージ金額とパスワードを入力し、「チャージ」をタップします。

これでチャージが完了しました。この場合、楽天会員情報に登録しているクレジットカードからチャージされます。ですから、あらためてチャージ用のカードを登録する手続きがいらないだけで、結局はクレジットカードチャージと同じと言えますね。

おサイフケータイ限定で銀行口座からのチャージも可能

また、おサイフケータイ限定のチャージ方法として、銀行口座振替でチャージをすることもできます。

あらかじめ銀行口座を登録する必要がありますので、楽天Edyアプリの「詳細」から、「チャージ設定」「チャージ方法」と進み、「銀行口座を」選択したら、銀行口座の情報を登録する手続きをしておきましょう。

チャージをするには、アプリを開き「チャージ」をタップします。チャージしたい金額とパスワードを入力し、「チャージ」をタップします。

これだけで、チャージ完了です。ただし、実際にEdyで決済できるのは、最大でチャージ申込翌日の午後3時以降になるというタイムラグがあることにご注意ください。

また、この銀行口座からのチャージには、先にご紹介したチャージ上限額に加えて、毎月10万円までという上限も設定されています。

楽天スーパーポイントからも1ポイント=1円でチャージ可能

楽天Edyは、楽天スーパーポイントからのチャージも可能です。1ポイント=1円分としてチャージできます。

楽天Edyの決済でもポイントが貯まるので、貯まったポイントをまたチャージすれば、とってもお得感のある使い方ができます。

楽天Edyポイントからチャージ

ポイントからチャージする方法は、以下の通りです。

①おサイフケータイの場合、まずアプリを開き、「ポイントチャージ」をタップします。
②チャージしたいポイント数とパスワードを入力し、「チャージ」をタップします。

これで、ポイントチャージが完了しました。

一方、Edy機能付き楽天カードやキーホルダー型楽天Edyなどの場合は、楽天Edyサイト内のポイントチャージ申請ページより、チャージするEdyを選択してチャージしたいポイント数を入力し、申請します。

楽天Edyポイントチャージ申請

PCサイト「Edy Viewer」にて「Edyの受け取り」をクリックし、受け取り手続きをします。受け取りは、ファミリーマートの「Famiポート」などの端末でも行うことができます。

楽天Edyへのチャージでポイントが貯まるクレジットカード

ここまで、楽天Edyのチャージについてご紹介してきましたが、どうせならチャージでもポイントを貯めて多重取りをしたいですよね。

チャージでポイントが貯まるクレジットカードを利用すれば、チャージ&利用でポイントの2重取りができますからね。

  • チャージで0.5%
  • Edy決済で0.5%
  • 楽天ポイント加盟店にて提示で0.5~1%
  • 合計還元率1~2%

そこで楽天Edyへのチャージでポイントが貯まるクレジットカードをご紹介します。楽天Edyへのチャージでポイントが貯まるクレジットカードは、多くありません。そこで、すべてのカードを以下にまとめてご紹介します。年会費やチャージでもらえるポイントの還元率とともに確認していきましょう。

カード名称 チャージ還元率 年会費
楽天カード 0.5% 無料
エポスカード 0.5% 無料
JMBローソンPontaカードVisa 0.5% 無料
NTTグループカード 0.5% 無料
タカシマヤセゾンカード 1% 無料
JFRカード 0.5% 1,000円
(税別)
TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO 1% 1,000円
(税別)
リクルートカード 1.2% 無料
ANA JCBワイドゴールドカード 0.5%(マイル) 14,000円
(税別)
ANA ダイナースカード 0.5%(マイル) 27,000円
(税別)
ANAカード プレミアム 0.5%(マイル) 70,000円
(税別)

ご覧のように、年会費無料のものから、ハイクラスのカードでマイルが貯まるものまで、いくつかの種類があります。

楽天スーパーポイントを貯めているなら楽天カードがおすすめ

とはいえ、上記にご紹介したクレジットカードすべてで、楽天Edyチャージによって楽天スーパーポイントが貯まるわけではありません。

NTTグループカードは、ポイント・プレゼントコースを選べば、dポイントやANAマイル、JALマイル等の中からお好きなポイントを選んで貯めることができます。

また、リクルートカードではリクルートポイントが、エポスカードはエポスポイントが、ANAカード3種はANAマイルが、それぞれ楽天Edyチャージによって貯まります。他社ポイントに移行できるサービスもありますが、どれも楽天スーパーポイントには交換不可です。

楽天カード

したがって、楽天スーパーポイントを効率的に貯めたいなら、楽天Edyのチャージでも楽天スーパーポイントが貯まる楽天カードを利用するのがオススメですね。

残高不足が心配な方に最適!オートチャージなど便利な機能を紹介

楽天Edyには、ここまでご紹介してきたその都度チャージする各方法以外にも、便利なオートチャージや「そろそろチャージ」という機能が用意されています。それらについても、知っておきましょう。

楽天カードとおサイフケータイならオートチャージも設定可能

オートチャージとは、楽天Edyの残高があらかじめ設定した金額を下回ったときに、自動的にチャージしてくれるサービスです。残高不足を心配せずに使うことができるので、安心&便利です。

ただし、多種類ある楽天Edyのうち、オートチャージを利用できるのは、楽天Edy機能付き楽天カードとおサイフケータイのみとなっています。iPhoneの場合は、パソリ用Edyアプリをご利用の方のみ、オートチャージ設定が可能です。

楽天Edy機能付き楽天カードでオートチャージを利用するには、楽天e-NAVIというサイトでオートチャージの設定をする必要があります。

楽天Edyオートチャージ設定画面

楽天e-NAVIにログインし、「Edyチャージ」のタブを選択してから「Edyオートチャージ」をクリックします。そして、何円以下になったら何円ずつチャージするかを選択し、オートチャージの申し込みをします。

以下のコンビニ等でお買い物をして残高が設定金額を下回ったタイミングで、実際にオートチャージが行われます。

  • ローソン
  • ファミリーマート
  • モスバーガー
  • ツルハドラック
  • コメダ珈琲店
  • サガミ

全国で86,000以上の店舗が、オートチャージに対応しています。一方、おサイフケターイでオートチャージを利用するには、楽天Edyアプリで設定をします。

楽天Edyオートチャージ設定画面

アプリトップ画面の「詳細を見る」をタップし、「チャージ設定」「オートチャージ設定」と進み、オートチャージの金額を入力して設定を行います。

おサイフケータイの場合、実際にお買い物をする必要はなく、自動的に1時間に1回残高が確認され、設定金額を下回っていればチャージが実行されます。

事前設定した金額を簡単に受け取れる!「いつでもEdyチャージ」

Edy-楽天ポイントカードの方は、オートチャージの設定はできないものの、楽天会員情報に楽天カードを登録していれば、「いつでもEdyチャージ」というサービスを利用できます。

これは、毎回チャージの手続きをしなくても、1日1回までならあらかじめ設定した金額をいつでも受け取れるサービスです。

設定は、楽天e-NAVIから行います。設定した金額を受け取る(チャージする)方法は、以下の3つがあります。

  • ファミリーマートのFamiポートで受け取る
  • パソコンでEdy Viewerとパソリを利用して受け取る
  • おサイフケータイで楽天Edyアプリから受け取る

チャージした金額分は、楽天カードへ請求されます。もちろん、チャージによるポイントも貯まりますので、便利かつお得です。

おサイフケータイなら残高が少なくなったら通知が来るサービスも!

もうひとつ、おサイフケータイ限定の「そろそろチャージ」というサービスについてもご紹介しておきます。これは、残高があらかじめ設定した金額を下回ると、通知が来るというサービスです。オートチャージには抵抗があるけど残高不足が心配な方にピッタリの機能です。

「そろそろチャージ」を利用するには、アプリトップ画面の「詳細を見る」から、「おサイフケータイの通知」、「そろそろチャージ」へと進みます。通知が欲しい金額を入力し、設定をします。

設定が完了したら、1時間に1回残高を確認し、設定金額を下回ったときに通知が来るようになります。

楽天Edyへのチャージはポイントが貯まるクレジットカードがおすすめ

楽天Edyの使い方の中でも、特にチャージに焦点を当ててご紹介してきました。また、楽天Edyへのチャージでもポイントが貯まるクレジットカードについても、簡単にご紹介しました。

楽天Edyのチャージには、現金・クレジットカード・アプリ・銀行口座など、いくつかの種類がありますが、チャージでもポイントを稼げるのはクレジットカードからのチャージのみです。

どうせなら、楽天カード等のクレジットカードからチャージをして、お得にポイントを貯めつつ、便利に楽天Edyを活用していきましょう。

どのクレジットカードを選べばよいかお悩みのあなたへ

クレジットカードにはレストランやレジャー施設を割引価格で楽しめる優待が利用できるのをご存知ですか?
ポイント還元だけでなく、様々な優待で日常をお得に楽しめるのがクレジットカードなのです
起業してる方のビジネスサポートもしてくれます
ただし、クレジットカードを所有するには審査に通過する必要があります
あなたの状況から所有しやすいクレジットカードを最短2問・最高4問で提案
クレジットカードの種類が多すぎて、どのカードを選べばよいか分からないあなたにもおすすめ
1,000種類以上のクレジットカードの中から、あなたの目的に合った最強のクレジットカードが数十秒で見つかる

自分にあったクレジットカードを見つける自分にあったクレジットカードを見つける

クレジットカードを診断するクレジットカードを診断する
PAGE TOP