スマホ決済
LINE(ライン)ポイントの貯め方使い方!支払いに使える

LINEアプリ内からだれでも簡単に利用できるモバイル決済サービスLINE Payは、店舗・オンラインでの決済だけでなく、LINEならではの友達間の送金サービスなどマルチな機能を備え、一般的な電子マネーとは一線を画するサービスとなっています。

そんなLINE Payにお得さをプラスするのが、LINE独自のポイントシステム『LINEポイント』です。ここでは、LINEポイントの仕組みや上手な貯め方・使い方などについて、詳しくご紹介していきましょう。

LINE(ライン)の利用に応じて貯まる!LINE(ライン)ポイントの基本の仕組み

LINEポイントというのは、LINE独自のポイントシステムで、基本的にはLINEの様々なサービスの利用に応じて貯まっていきます。

LINEポイント説明画像

貯まったLINEポイントは、LINE Pay残高などに交換することができる点も魅力的ですね。

長期で貯めやすい!有効期限は最終ポイント獲得日から180日

LINEポイントの有効期限は、最終のポイント獲得日から180日となっています。

単純に期間だけで見ると、月に直して3ヶ月間というのは一般的なクレジットカードなどのポイント有効期限からすると短めに感じるかもしれません。

とはいえ、あくまでも最終ポイント獲得日からの起算になるので、継続的にLINEの対象サービスを利用してポイントを獲得していくことができれば、それに応じて有効期限もどんどん延びていくことになります。

そう考えると、むしろLINEポイントは長期スパンで貯めやすいポイントシステムと言えるでしょう。

LINEポイント履歴はメインメニューから即確認可能

今現在の自分のLINEポイント残高や過去のLINEポイント取得の内訳と言った、いわゆるポイント履歴は、LINEウォレットのメインメニューからいつでもすぐに確認することができます。

ただし利用状況によっては、ポイント付与対象となる利用から実際のポイント付与までに多少のタイムラグが生じることもあります。その場合は、決済後すぐに履歴を確認しても情報が反映されないので、しばらく待つようにしてくださいね。

LINEポイントは利用さえしていれば、実質ポイントの有効期限は無期限と言えるね。

利用するサービスでポイント還元が変わる!LINE(ライン)ポイントの貯め方

基本的な仕組みがわかったところで、LINEポイントの貯め方についてご説明していきましょう。

現在、LINEポイントのメインの貯め方となっているのは、LINEアプリ内で紹介されている様々な提携サービスの登録、あるいは利用などです。以下に詳しく解説していきましょう。

無料でポイント獲得可能!対象サービス利用でLINEポイント貯まる

LINEポイントは主にLINEアプリ内で対象のサービスやキャンペーンを利用することでポイント獲得が可能となっています。

ポイント貯め方説明画像

LINEポイントが獲得対象として用意されているのは、例えば以下のようなサービスです。

  • 対象広告動画視聴
  • 対象アプリダウンロード
  • 対象検索機能利用
  • 対象公式アカウントの友達追加
  • 対象サービスの会員登録
  • 対象クレジットカードの発行
  • 対象サイト経由でのオンラインショッピング
  • 対象デリバリーサービスの利用

中には動画を見るだけ、公式アカウントをLINEで友達追加するだけ…といった無料でできるものも多数あります。一方でクレジットカード発行や有料サービスへの会員登録と言った多少の費用や手間がかかる案件には、一度に数千ポイントも獲得できるものもあり、非常にお得です。

ポイント数が少なくても気軽に利用できるサービスを選んでコツコツ貯めたり、逆に一度に大量ポイントがゲットできる大型案件を狙ったりと、ぜひ自分に合った方法を見つけて効率よくLINEポイントを貯めていってくださいね。

街中のお店でポイント貯まる!SHOPPING GOも要チェック

LINEポイントが貯まる各種サービスの中でも、特にチェックしておいてほしいのが『SHOPPING GO』です。SHOPPING GOは街中のお店でポイントが貯められる、LINE関連の中で数少ないサービスとなっています。

サービス内容は非常にシンプルで、SHOPPING GOの対象店舗で所定のバーコードを提示するとLINEポイントがもらえるというものです。

もらえるポイント数は店舗によって多少異なりますが、支払い方法を問わずサービスを利用することができます。つまり、LINE Payはもちろん、LINEと全く関係のない現金やクレジットカードの支払いでもLINEポイントが獲得できるのです。

しかも専用のアプリのダウンロードやポイントカードなどのツールは必要なく、バーコードを提示するだけでLINEポイントが貯められるので、とてもお手軽ですよね。

なお、SHOPPING GOのサービスに初めてアクセスする際は、LINEアプリ内の【ウォレット】タブから、【LINEポイント】→【貯める】→【LINEサービス】と複数のページをたどっていく必要がありますが、それ以降は、ホームアイコンを作成していつでもワンアクションでアクセスできるようになります。

SHOPPING GO

また、SHOPPING GOの公式LINEアカウントもあるので、友達追加すればリッチメニューから対象店舗のバーコードへすぐに移動することも可能です。

SHOPPING GO対象店舗一覧

使いたいお店のバーコードさえ見つかれば、あとはレジで支払い時にそれを提示するだけでLINEポイントが獲得できてしまいます。

SHOPPING GOバーコード

さらにSHOPPING GOには現在地検索機能があり、今いる場所からいつでもすぐに近くのサービス対象店舗を地図で探すことができるので、外出先や旅行の際にもポイントを取りこぼす心配がありません。

SHOPPING GO

そんなSHOPPING GOの気になる対象店と還元率を一覧でご紹介しましょう。

対象店 ポイント還元率
Samantha Vega 1%
&chouett 1%
ヤマダ電機 0.5%
KOMEHYO 1%
ビックカメラ 0.5%
earth music&ecology 1%
メガネスーパー 1%
ジョーシン 0.5%

これらのお店でショッピングをする際には、忘れずにSHOPPING GOを利用しましょう。

要注意!LINE Pay(ラインペイ)でLINEポイントが貯められなくなった!

補足として1つご紹介しておきたいのが、2019年8月に行われたLINE Payの『マイカラー』制度の改変です。

もともとLINE Payの『マイカラー』制度は、月間の利用状況に応じてステージが決まり、特典として0.5%~2%のLINEポイントが付与されるという仕組みになっていました。

しかし今回の改変によって、LINEポイントではなくLINE Payボーナスと呼ばれる異なるタイプのインセンティブが付与されることとなったのです。

LINE PayボーナスはLINE Pay残高とほとんど同等に使うことができるものとなっていますが、LINEポイントとは全く違うシステムとして運用されており、まとめて貯めるということはできません。

つまり、2019年8月以降はLINE Payの利用によってLINEポイントを貯めるということができなくなってしまったのです。

『マイカラー』制度自体は残り、なおかつ還元率は当面変わらないので今までと比べて損をするということはありませんが、これは既存・新規問わずLINE Payユーザーの方にとっては、大きな改変となりますよね。変わった点をよく確認して、混乱がないようにしておきましょう。

動画広告を見たり、無料のアプリをダウンロードするだけでもポイントが貯まるのはいいね。クレジットカードも必要なものを発行してついでにLINEポイントが貯まるって考えたらお得だし!
そーなんだよ。自分に合ったサービスを選んでポイントが貯められるから、お得感があるよね。ぜひ活用してみて。

LINE Pay(ラインペイ)残高にも、そのまま決済にも!LINEポイント使い道

貯まったLINEポイントの最もベーシックな使い方は、1ポイント=1円としてLINE Pay残高に交換して利用する形です。

LINEポイント使い方説明画像

交換単位は最小1ポイントからで、1ポイント単位で自由に交換するポイント数を決めることが可能です。

ただしオンライン決済あるいはQRコード決済に関しては、LINEポイントをそのまま支払いに利用することも可能です。この場合も換算レートは同じく1ポイント=1円になります。

また、LINEアプリ内からアクセスできる公式オンラインショップ『LINE STORE』・『LINE FRIENDS STORE』でも、LINE Pay決済時にLINEポイントを最小1ポイントから現金の代わりとして使用することができます。

LINE Payカード

一方で、LINE Payのプリペイドカードとして発行されるLINE Payカードでは、LINEポイントをそのまま決済に使うことはできないので、注意してくださいね。

他社ポイント・マイルや商品との交換にも使えるLINEポイント

LINEポイントはLINE Payでの決済以外にも、他社ポイントやマイルへの移行、あるいは商品交換にも利用することが可能となっています。主要な交換対象を一覧でご紹介しましょう。

対象 交換レート
dポイント 100ポイント~=90dポイント
nanacoポイント 300ポイント~=270nanacoポイント~
メトロポイント(東京メトロ) 300ポイント~=270メトロポイント~
Pontaポイント 300ポイント~=270Pontaポイント~
ベルメゾンポイント 300ポイント~=270ベルメゾンポイント~
JALマイレージバンク 非公開
Amazonギフト券 550ポイント~=500円~
スターバックスドリンクチケット 500ポイント=500円分
ファミリーマートファミマカフェ引換券 100ポイント=100円相当
ローソンからあげクン引換券 216ポイント=216円相当
サーティワンアイスクリームギフト券 500ポイント=500円相当
一蘭最高の一杯(ラーメン1杯)引換券 890ポイント=890円相当

特に商品交換は、コンビニや飲食店などの実店舗で直接対象商品と交換できるラインナップが豊富にそろっており、魅力的です。

商品は随時入れ替わる可能性があるので、こまめにチェックするようにしましょう。

LINEポイントはLINE Pay残高に交換する以外にも他社のポイントやマイルと交換したり、コンビニなどで商品とそのまま交換できたり…いろいろな使い道が用意されていて使い勝手がいいのも魅力だよ。

複雑ながらお得さ抜群!LINE(ライン)ポイントを使いこなそう

LINEポイントは、仕組みは少々複雑ながら、ポイントサイトのように無料で貯めることも可能なお得なポイントシステムです。

また、ポイントの使い道を見てみても、決済にそのまま使う以外に、他社ポイントに移行したり、お店で商品と交換できたりと幅広く用意されており、文句なしの使い勝手の良さとなっています。

ぜひシステムを正しく把握して、LINEポイントをお得に使いこなしてください。

どのクレジットカードを選べばよいかお悩みのあなたへ

クレジットカードにはレストランやレジャー施設を割引価格で楽しめる優待が利用できるのをご存知ですか?
ポイント還元だけでなく、様々な優待で日常をお得に楽しめるのがクレジットカードなのです
起業してる方のビジネスサポートもしてくれます
ただし、クレジットカードを所有するには審査に通過する必要があります
あなたの状況から所有しやすいクレジットカードを最短2問・最高4問で提案
クレジットカードの種類が多すぎて、どのカードを選べばよいか分からないあなたにもおすすめ
1,000種類以上のクレジットカードの中から、あなたの目的に合った最強のクレジットカードが数十秒で見つかる

自分にあったクレジットカードを見つける自分にあったクレジットカードを見つける

クレジットカードを診断するクレジットカードを診断する
あなたへの最強のカードは?
最短2問であなたの目的にあった最強のクレジットカードが分かる!
PAGE TOP