クレジットカードお役立ち情報
オリジナル電子マネープラットフォーム「ポケペイ」で新時代を切り拓く

ポケペイは、2018年秋にリリース開始。誰でも簡単に、独自の電子マネーを発行できるサービスです。

キャッシュレス決済を導入したいと思いながら、導入費用の高さや手続きの面倒さに二の足を踏んでいた人や、導入した後のメリットが今ひとつわからないという人にこそ、使って欲しい新たなプラットフォームです。

企業だけでなく、個人事業主でも気軽に自分だけの電子マネーを自由に作れるようになったのです。

ポケペイは、単なる決済システムではありません。スマホアプリである強みを生かし、小さな商店の販促にも利用できますし、地域通貨として導入することで、地方の活性化にもつながる画期的なシステムです。

お店とユーザーをつなげるツール、ポケペイの魅力をたっぷりご紹介します。

ポケペイとはキャッシュレス新時代を切り拓くオリジナル電子マネー

電子マネーは、もはや誰でも使える身近なものとなりました。コンビニやスーパーでも使っている人は多いと思います。

ポケペイはそれらの電子マネーと何が違うのか、それは簡単にオリジナルの電子マネーが作れるということです。

オリジナルの電子マネーを作るとはどういうことなのか?それは、自分のお店や街で独自の通貨を作り、自由に経済圏を構築できるということなのです。

ポケペイ

例えば、スーパーで使える電子マネーというと、WAONが有名ですよね。このように、自身のチェーン店で使える電子マネーを作ろうとしたら、どのくらいの開発費用がかかるでしょうか?

とてもじゃないけれど、一から作るのは無理だとなってしまうでしょう。

しかしポケペイを導入すれば、開発費用も導入するための初期費用もかけずに、独自の電子マネーを発行できるのです。

素早くキャッシュレス化を実現

確かに、すでにいくつもの電子マネーがありますから、それらを使えるようにするという方法もあるでしょう。

しかし、初期費用もかかりますし、端末を揃えたりする手間が大変です。また、数がありすぎてどこまで入れたら良いのか迷うのではないでしょうか?

その点、独自の電子マネーを発行してしまえば、あとはお客様にアプリをインストールしてもらうだけ。

しかも、電子マネー以外にも、ポイントカードとしての機能をつけたり、お得なクーポンを配信するなど、顧客との距離をぐっと近づけることができる、それがポケペイなのです。

多様化するキャッシュレス決済をわかりやすく!

キャッシュレス決済の数の多さは、お店側だけでなく、実はお客様側も困惑しているところです。あまりに数が多すぎて、どれを使ったらいいのか、どれが便利なのかわからないのです。

そんな時、「このお店専用で使える電子マネーがありますよ」と言ったら、わかりやすいと思いませんか?

お客様は、あれこれと迷うことなく、「いつものお店はこの電子マネーでいいのよね」と選ぶ手間がなくなくなります。

お客様にとって本当に利便性の良いサービスとは何かを追求していくと、独自の電子マネーに行き着くのです。

ポケペイなら、新たに電子マネー用のカードを発行する必要もなく、スマホのアプリ一つで独自の電子マネーが使えますし、スタッフが新たにいくつものペイサービスの操作方法を覚える必要もないのです。

つまり、お客様にとっても実際に使うスタッフにとってもわかりやすいのが、ポケペイの魅力です。

キャッシュレス決済が多すぎて、結局どれを導入すればいいんだろうと迷っているお店は多いよね。でもそれも、独自の電子マネーを発行できたら、すぐに解決できると思わない?

「濃い」顧客を増やせる!ポケペイを導入するメリット

新しいシステムやサービスが次から次へと生み出される今、結局どれを導入すればいいのかわからなくて、二の足を踏んでしまう会社や店舗が実に多いと思います。

初期費用が高いのでは難しい、操作方法など使い方がわかりにくいと、またスタッフに一から教育をしなくてはならない、そのような悩みを抱えている方にこそ、ポケペイを使って欲しい!

誰でも簡単に使えて初期費用がかからない、ポケペイのメリットについて説明しましょう。

初期費用や開発費がからかない

ポケペイは、導入にあたっての費用は全くかかりません。また、自社独自の決済システム開発費をかけずに無料で導入できる点も大きなメリットです。

一般的に自社独自の決済システムは構築するのに膨大な時間と費用がかかるものです。

これらをかけずに手軽に導入できる上に、短期間での催事やイベントなどでも大活躍してくれることでしょう。

つり銭用の現金の用意が少なくて済む

たまに、レジに「小銭が不足しております。1万円札のご利用は遠慮していただくと助かります」と張り紙をしているお店も見かけます。つり銭の用意って、面倒ですよね。

キャッシュレス決済にすればその心配もなくなるので、大量の小銭をレジに用意しなくても済むようになります。

ポケペイなら、お釣りを現金で受け取る代わりに、電子マネーとしてその場でチャージすることも可能なので、受け取る側もお財布が小銭でいっぱいになることを防げます。

自社アプリに組み込むことも可能

自前のアプリを開発しているお店も少なくありません。すでにアプリをお持ちのお店は、そこにポケペイを組み込むことも可能です。

「ポイントが貯まるアプリがありますがインストールはお済みですか?」などと支払いの時にお客様にご案内することもあると思いますが、なかなかそれだけではインストールしてもらいづらいという現実があるでしょう。

そんな時、ただのお得なアプリだというだけでなく、決済機能がついていればどうでしょうか?

このアプリ一つで、支払いもできるし、お得なクーポンももらえますよと説明することで、お客様に、より便利に使ってもらえるようになります。

大事なお客様を囲い込み

ポケペイは単なる決済ツールではありません。電子マネーによる決済機能を使ってもらうということは、すなわちその時点で「会員」として顧客情報を得ることができるようになるということです。

各社のペイサービスが乱立していますが、そもそも第三者の決済システムを使っていては、顧客情報を取得することすらできません。
しかし、ポケペイを使えば、スマホのアプリでお客様の購買データを自社で管理できるようになるのですから、どうやって再来店を促すことができるのか、能動的な販促が可能になります。また、

  • デジタルクーポン発行
  • QRコードでのポイント付与
  • 手動ポイント付与

など様々な方法で、お客様とのコミュニケーションを図ることが可能です。

また、支払い情報と予約システムなどを連携できますし、データをCSVで取り出すこともできますので、飲食店などは特に、より詳細な分析が可能となり、顧客管理に役立てられると思います。

あなたのお店のファンが増える

キャッシュレス化をするだけなら、他のペイサービスでも導入すればいいのですが、それで本当にお客様と良い関係を築けるのか?というと、少々疑問です。

決済機能を外部に委託し、大事な顧客情報も得られないのでは、お客様にとって本当に良いサービスを提供できるのだろうか?と考えてみてください。

自社マネーを発行できたら、そのマネー自体がブランドになりますし、アプリやポイントカードをアプリに集約させれば、アプリ1つで支払い以上のことができるという魅力を感じて、お客様がお店に来る「動機付け」ができるようになるのです。

他社との差別化という意味でも、自社マネーを導入する意味は大きいでしょう。

精算の手間がない

独自の電子マネーは、現在でも作ることはできますが、例えば一つの街で使える電子マネーを発行した場合、発行元と加盟店の間で精算処理が必要になる場合もあります。

せっかく支払いをスムーズにするためにキャッシュレス決済を導入したのに、支払い件数が増えるほどに精算の手間が増えてしまい、何のためにキャッシュレスにしたのかわからなくなるという状況にもなりかねません。

その点、ポケペイなら、加盟店ごとの精算金額集計などが簡単にできるので、最小限の手間で運営することが可能です。

導入スピートが早く!短期間のイベントでも使用可能

このようなキャッシュレス決済は、申し込んでから実際に使えるようになるまでに、2週間~1ヶ月ほどかかることも珍しくありません。

ポケペイは、審査が簡単なので、最短7日で自社の独自マネーが使えるようになります。すでにアプリをお持ちのお店でも、各種SDKが揃っており、最短で導入可能です。

多様な支払い方法に対応している

キャッシュレス決済にも、様々な支払い方法がありますよね。

スマホに表示されたバーコードをレジで読み込んだり、お客様にQRコードを読み込んでもらったり。ポケペイはPOSレジと連携したり、スマホタッチ決済にも対応できます。飲食店で利用される、テーブル会計も可能です。

使い場所によって最適な支払い方法が選べるようになっているので、お店の形態を選ばずに導入することができるでしょう。

ポケペイで独自のマネーが使えるようになれば、大事なお客様を囲い込めるようになるね。

こんなに便利!ポケペイにできること

電子マネーを使って、ただ支払いをするだけじゃない。もっと便利に使いたい!という方のために、ポケペイの使い方について、さらに詳しく説明しましょう。

ポイントカードやメンバーズカードをアプリ化する

ポイントカードやメンバーズカードを発行しているお店は多いですよね。紙タイプでハンコを押したり、プラスチックのカードを発行しているところもあると思います。

そのカード類も、アプリで管理ができるようになるんです。わざわざメンバーズカードを発行することなく、アプリ1つで管理できるようになるので、お店も嬉しい、お客様もカードが減って嬉しい。まさに一石二鳥です。

お金の地産地消で地域を活性化

市区町村によっては、その地域だけで通用する地域振興券を発行しているところがありますね。

その券の代わりに、独自の電子マネーを発行することで、券を管理する手間もなくなりますし、使う方もアプリをインストールするだけですから、利便性が向上します。

せっかく配っても使われなかった地域振興券もあるかと思いますが、より多くの人が使ってくれて、地域の活性化に役立てられるでしょう。

企業の福利厚生として導入

例えば、会社の周辺のお店でランチに使える電子マネーなどを発行することで、会社の福利厚生としても使うことができます。

会員同士で相互送金が可能

社団法人グッドウェルスでの導入事例ですが、紙で運用していた施設内の通貨をデジタル化しました。高齢者の健康増進を図る取り組みを行う中で、施設内通貨「SEED」を通じて高齢者のITスキルの向上にも役立っています。

何よりも紙をなくしたことで大幅なコスト削減になっただけでなく、会員同士が相互送金を行うことが可能となり、会員同士のコミュニケーションを向上させることにも役立っています。

実際に使っているのは60代以上の方ばかりとのことですが、デジタル機器に苦手意識を持っている世代の方でも使いやすい操作性も魅力ですね。

電子マネーで支払いしながら、ポイントカードも財布から出してって、あれ、結構面倒なのよね!せっかくスマホでキャッシュレス決済にしているのに、結局財布出すの?って感じで。
そうだね、でもポケペイなら、そんな機能も全てアプリ1つでできてしまうよ。

お店もお客様も使いやすい、Win-Winの関係ができるポケペイ

お店側が導入するメリットはお分りいただけたと思いますが、お店が便利なだけでは、お客様を集めるのは難しいですよね。

たくさんの人に使ってもらうには、お客様側にとっても使いやすくメリットのあるサービスなのだとわかってもらうことが大切です。

お客様側のメリットについても説明しますので、こんなに便利なんですよということを、どんどんアピールしてください。

チャージ方法が豊富で使いやすい

現金はもちろんのこと、

  • クレジットカード
  • 電子マネー

などからもチャージできます。現金は、レジでもらった小銭をそのままチャージすることもできますし、なんと日本円だけでなく、外貨にも対応。

海外旅行から戻ってきたときに、両替するのも面倒な小銭をチャージして使うことができるのです。通常、電子マネーの現金チャージというと、500円、1,000円といった単位が多く、小銭があってもチャージしづらいことが多いですよね。

その点、ポケペイなら1円単位でチャージできるチャージ機もありますので、その時々に応じたチャージ方法が選べるというのは、ユーザーの視点に立ったサービスだと思いませんか?

スマホ1つでイベントも楽しめる

使えるのは飲食店などの店舗だけではありません。屋外でのイベントなどでも、スマホ1つで楽しめるようになるんです。

イベント用に専用電子マネーを発行すれば、その日1日、スマホさえあれば決済が可能。

お客様は、アプリだけで決済できますから、イベントの安全性も向上。コストをかけずに、スムーズな支払いシステムを構築できます。

次で説明しますが、その日に使い切れなかったマネーは、外部の電子マネーに交換できますから、チャージしたお金が無駄になりません。

コインが余っても大丈夫!普段使っている電子マネーに交換可能

何よりも画期的なのが、余ったマネーを外部の電子マネーに交換できるという点だと思います。これこそが、ユーザ目線に立った、利便性を追求したサービスだといえるのではないでしょうか?

独自のマネーにチャージしても、そこで使い切れない時はどうするの?というのが、ユーザーの大きな心配だと思いますが、その点が解消できるわけです。

今ある、電子マネーのほとんどは、一度チャージしたお金を戻すことはできませんし、他の電子マネーに交換することももちろんできません。

Aという電子マネーに5,000円チャージして、1,000円残っているとき、Aが使えるお店でないとその1,000円はいつまでたってもそのままです。

しかしポケペイなら、余ったマネーを他の電子マネーに交換できるから安心ですよね。例えば、イベントで使おうと思ってチャージしたお金が余っても、他の電子マネーに交換して使えるので、一切無駄になりません。
小銭がチャージできるって、すごく画期的だと思う!大抵の電子マネーって、1,000円単位のチャージだから、細かい買い物をしたいときに、1,000円チャージするのが惜しくて結局現金使っちゃったりするのよね。
そうなんだよね、チャージも少し不便だし、何より余っているお金をそのままにしておくというのももったいないしね。細かいお金が一切無駄にならないポケペイは本当に便利だよね。

こんな使い方ができる!ポケペイを利用できる場所

それでは、実際にどのように導入していけばいいのか、実例とともにご紹介しましょう。これならうちの店でも使えるかも?とイメージしやすくなると思います。

個々のお店だけじゃない、街全体で使えるポケペイ

  • 商店街で独自の「商店街コイン」を作る
  • スーパーのチェーンで独自マネーを作る
  • フィットネスクラブで会員用のマネーを作る
  • テーマパーク内で使えるマネーを作る

こんな風に、様々な場所で使うことができます。お店はもちろん、地域のコミュニティでも使えるのが魅力です。

宮城県塩竈市の導入例

宮城県塩竈市では、「竈(がま)コイン」という、塩竈市だけで使える地域通貨があります。

塩竈市だけで使えるというと、あまりメリットがなさそうに感じてしまいますが、実はこれ、現金で買い物をするよりもお得なコインなのです。

利用するごとにお店から特典がもらえるので、現金で支払うのはもったいないですよ。アプリをダウンロードしたら、チャージをしてすぐに使えます。

  • 本塩釜駅
  • 仙台空港
  • 仙台駅

にチャージ機が設置されていますので、小銭からでもお札からでも、クレジットカードからでも、お好きな方法でチャージします。チャージ機は順次拡大予定です。

外貨から直接竈コインに交換することもできるため、外国人観光客にとっては両替する手間も省けて使いやすく、非常に好評だとのこと。

あとはお店で使うときに「竈コインでお願いしいます」と言って支払うだけ。他の電子マネーと同じように、スムーズに支払えます。加盟店は30店舗を超えていますので、塩竈市内で使うには全く不便がなさそうですね。

もし竈コインが余ってしまっても、Suicaにチャージすることが可能です。

SuicaならJRでも使えますし、塩竈市以外の場所でも電子マネーとして使えますから、竈コインにチャージした分が全く無駄になりません。

駅ビルで使える電子お買い物券スタート

JR東日本がポケペイを使った新サービス、駅ビルで使える「プレミアム付き電子お買い物券」が2020年7月1日よりスタートしました。

「プレミアム付き電子お買い物券」は電子商品券で、非接触の上にキャッシュレスで支払える便利でお得なサービスです。

ペリエPay

駅ビルのペリエ千葉で利用できるペリエPayからサービスが開始され、その後、グランデュオ立川/蒲田、 テルミナ(錦糸町) と利用できる駅ビルが拡大行く予定です。しかも以下のようにお得な特典もあります。

  • 初回ウォレット登録時500円相当プレゼント(先着7,500名様)
  • チャージ金額の10%を還元

使い方も以下のようにとても簡単です。

  • ①ポケペイアプリをインストール
  • ②現金やクレジットカードにチャージ
  • ③店頭のQRコードで支払い

クレジットカードからチャージする場合は、アプリにクレジットカードを登録すればOK。また、現金からチャージする場合は、店頭のチャージ機から簡単にチャージできます。

駅ビル周辺にお住まいの方は要チェックのサービスですね。

内容 ペリエPay グランデュオPay
導入予定日 2020年7月1日 2020年7月1日
導入予定駅ビル ペリエ千葉 グランデュオ立川/蒲田
還元率 チャージ額の10% チャージ額の10%
チャージ上限 30,000円 50,000円
有効期限 チャージから6ケ月 チャージから6ケ月
チャージ可能期間 7/1~9/30
(予定)
7/1~8/31
(予定)

他にも続々導入中

他にも以下のように様々な店舗で導入されています。

  • 新潟県佐渡市の「だっちゃコイン」
  • 学芸大学、目黒、代官山にある『茶割り』で使える「Chash(チャッシュ)」
  • Re:Dine GINZA、coffee mafia西新宿等で使える「favyPay」
  • 社団法人グッドウェルスの「SEED」
  • 大黒天物産が運営するディオ、ラ・ムー等のスーパーマーケット

今後もどんどん広がっていくことでしょう。

使い道が商店だけじゃないというのが便利だよね。1日だけのイベントでも使えるし、地域のお金としても使えるし、塩竈市の成功事例を参考に、日本全国に広がっていくといいね。

他にはないポケペイの強み

ポケペイの強みは、独自の電子マネーを発行できるということだけではなく、チャージ機などのハードウェアも自社開発であるということです。

つまり、お店側・お客様側、双方のニーズに合わせたサービスをスピーディに行うことが可能なのです。

今後も、ポケペイが広がっていくにつれて、様々なニーズが出てくるでしょう。そのニーズを素早く汲み取り、より便利に進化させられる、それがポケペイの強みです。

ポケペイは他社の電子マーと交換できる

もう一つ、独自の電子マネーと他社の電子マネーを交換できるという点も見逃せません。

ポケペイ他社電子マネーに交換

お店と顧客を繋げるためのツールとして開発されたポケペイですが、だからといって余ってしまった独自マネーを捨てることになってしまっては、何のためにキャッシュレスにしたのかわからなくなります。

しかし、ポケペイは余っても大丈夫という安心感が、ユーザーにとっては導入しやすいポイントになっています。

今は、どこのキャッシュレス決済がお得なの?と比べてるユーザーも、小銭も無駄にしないポケペイの方が便利じゃない?と気づくと思うよ。余っても他の電子マネーに交換できるから、使い道が多いといのも嬉しいよね。

ポケペイの前身!余った外貨を電子マネーに交換できるポケットチェンジ

もう一つ、余った外貨を電子マネーに交換できるサービス、「ポケットチェンジ」をご紹介しましょう。

こちらは、ポケペイの前身となったサービスで、海外旅行などで余った外貨を普段使っている電子マネーに交換できるというサービスです。

ポケットチェンジ

海外旅行から帰って両替するのもったいない小銭が余ってしまったとき、そのまま保管している人は多いと思いますが、とてももったいないですよね。

また、両替はしたかったけれど、空港で時間がなくて、結局持って帰ってきてしまったという人も多いのではないでしょうか?

しかし、ポケットチェンジがあれば、1セント、1円から交換が可能なのです。ポケットチェンジの機械は、空港をはじめとして旅行会社やゲームセンターなどでも設置が進んでおり、現在は国内の約70カ所で利用できます。

意外な設置場所がゲームセンターで、日本でゲームをしよう!と来日した外国人が、そのままゲームセンターで自国の通貨をゲーム用の電子マネーに両替するのに使うのだそうです。

交換可能な電子マネーは以下のように多彩です。

  • Suica、PASMOなどの交通系電子マネー
  • 楽天Edy、WAON、nanacoなど街で使える電子マネー
  • Amazonギフト券、App Store&iTunesギフトなど

電子マネーだけでなくギフトカードにも交換できるのがありがたいですね。

ポケットチェンジで交換可能な電子マネー

日本の電子マネーだけでなく、アメリカや中国、韓国等の電子マネーにも対応しています。

ポケペイでキャッシュレス決済をもっと身近に、自由に、簡単に!

誰もが簡単に、独自の電子マネーを発行できる画期的なシステム、それがポケペイです。

単に支払いを便利にするだけではなく、お金の自由度を高め、キャッシュレス決済を身近にしてくれるシステムなので、もうお財布やクレジットカードを持ち歩かなくてもいい日が、すぐそこまで来ているのかもしれないですね。

ポケペイは、お店に良し、ユーザーに良し、そして地域に良しの三方良し。みんなが幸せになれる電子マネーだということが、お分りいただけたと思います。初期費用もかからないので、ぜひ導入を検討してみてください。

将来的には、好きな時に好きな通貨を選んで自由に買い物ができる、余った通貨はいつでも違う通貨に換えられる、そんな風に自由なお金の流れが出来ていくのかもしれません。

どのクレジットカードを選べばよいかお悩みのあなたへ

クレジットカードにはレストランやレジャー施設を割引価格で楽しめる優待が利用できるのをご存知ですか?
ポイント還元だけでなく、様々な優待で日常をお得に楽しめるのがクレジットカードなのです
起業してる方のビジネスサポートもしてくれます
ただし、クレジットカードを所有するには審査に通過する必要があります
あなたの状況から所有しやすいクレジットカードを最短2問・最高4問で提案
クレジットカードの種類が多すぎて、どのカードを選べばよいか分からないあなたにもおすすめ
1,000種類以上のクレジットカードの中から、あなたの目的に合った最強のクレジットカードが数十秒で見つかる

自分にあったクレジットカードを見つける自分にあったクレジットカードを見つける

クレジットカードを診断するクレジットカードを診断する
あなたへの最強のカードは?
最短2問であなたの目的にあった最強のクレジットカードが分かる!
PAGE TOP