Pontaポイント
Ponta(ポンタ)コースならJAL便の搭乗でPontaポイントが貯まる

しょっちゅう飛行機に乗る方なら、当然マイルを貯めていることでしょう。でも、何年かに一度くらししか飛行機に乗らない方の場合、マイルをもらっても失効させてしまうケースが多いのではないでしょうか。

そんな方にオススメなのが、JALの飛行機を利用するとマイルのかわりにPontaポイントがもらえる「Pontaコース」です。フライトマイルとボーナスマイルの合計数の半数を、Pontaポイントとして受け取れるのです。

マイルは使えず終いになってしまう方も、Pontaポイントならきっちり使うことができるはずです。近々、飛行機に乗る機会がある方は、ぜひ参考にしてくださいね。

Pontaコースとは!?JALグループ便への搭乗でPontaポイントが貯まる

Pontaコース説明画像

ではさっそく、JALグループの飛行機に乗るとPontaポイントがもらえるというPontaコースについて、詳しく見ていきましょう。

マイルの代わりにPontaポイントがもらえる

通常、飛行機に乗るとマイルがもらえて、次に航空券を購入するときに利用できたりします。もちろん、JALの航空券についてもこのマイル制度があり、JALマイレージバンクの会員になると、JALおよびJALグループのフライトを利用することで、マイルがもらえます。

そして、Pontaコースというのは、JALマイレージバンク独自のサービスで、通常のマイルがもらえるマイルコースに代わって、Pontaポイントがもらえるというものなのです。

ただし、マイルコースとPontaコースは必ずどちらかを選ばなくてはならず、両方もらうことはできません。

PontaコースでもらったPontaポイントは、通常のPontaポイントと同様にローソンなどの提携店で支払いに使えます。当分飛行機に乗る予定がなく、マイルをもらっても使い道がないという方には、断然Pontaコースがオススメです。

もらえるマイルの半分をPontaポイントとして受け取れる!

では、JAL便に搭乗することでどのようにPontaポイントがもらえるのか、詳しく見ていきましょう。Pontaコースでも、まずマイルとして積算された後、有効期限の近いマイルから優先してPontaポイントに自動換算されて付与されるという流れになります。

したがって、マイルの対象にならない運賃でのフライトでは、Pontaポイントももらえませんのでご注意ください。そして、PontaコースでもらえるPontaポイント数は、以下の計算式によって決められます。

Pontaポイント=(フライトマイル+ボーナスマイル)×50%(小数点第1位切り上げ)

つまり、マイルコースでもらえるマイルの半分を、Pontaポイントとして受け取れるというわけですね。

マイルコースでマイルのまま貯める場合よりも、価値は半減してしまいますが、全く使えないまま失効させてしまうよりはずっとお得と言えます。

ハワイまでプレミアムエコノミーで往復なら約4,000ポイント!

上記の通り、マイルにはフライトマイルとボーナスマイルがあり、その合計がもらえるマイル数となります。

ボーナスマイルには、カード入会搭乗ボーナスや各種キャンペーン等、いろいろな種類がありますが、JALカードの入会搭乗ボーナス、毎年初回搭乗ボーナスのように、Pontaポイントを算出する際に対象外となるボーナスマイルもありますのでご注意ください。

一方、フライトマイルは、搭乗区間の区間マイル×利用運賃のマイル積算率で算出されます。

たとえば、東京からハワイのホノルルまで往復する際、プレミアムエコノミークラスで搭乗した場合(対象となるボーナスマイルはない設定)を例にとって、どれくらいのPontaポイントがもらえるのか考えてみましょう。

・東京‐ホノルルの区間マイルは片道3,831マイル、往復だと7,662マイル
・プレミアムエコノミークラスのマイル積算率は100%
 ↓
フライトマイル=7,662マイル×100%=7,662マイル

ボーナスマイルは0なので、(7,662+0)×50%=3,831

つまり、このケースでは、PontaコースでもらえるPontaポイントは、3,831ポイントとなります。

国内線など区間マイルが少ない目的地なら、その分もらえるポイントも少なくなりますし、行き先が同じでも、ファーストクラスならより多くのPontaポイントがもらえるなど、運賃等によってマイル数およびPontaポイント数は変わってきます。

Pontaポイントに自動交換されるのは搭乗によるマイルのみ!

PontaコースでどれくらいPontaポイントが貯まるかが分かったところで、Pontaコースを利用するうえでの注意点についても知っておきましょう。

  • 他社が運航するコードシェア便はJAL便名で搭乗した場合のみ積算対象
  • 飛行機への搭乗によるマイルのみ積算対象

コードシェア便に乗る場合は、JAL便名になっていることを確認しましょう。提携航空会社便名の予約や、JAL運航便の他社便名の搭乗は、マイルもPontaポイントも付きませんのでご注意ください。

また、JALマイルを貯める方法は、宿泊やカード決済などいろいろありますが、Pontaコースの対象となるマイルは、JAL便への搭乗によって得たマイルのみとなります。

Pontaポイントを貯めるために手続きが必要!いつでも切り替え可能!

マイルを貯めるには、JALマイレージバンクへの登録が必要ですが、そのままだと通常のマイルが貯まるコースとなっています。

したがって、JAL便への搭乗でPontaポイントを貯めるには、JALマイレージバンクへの登録に加えて、Pontaコースに切り替える手続きが必要です。ここからは、Pontaコースに切り替えるための手続き法をご紹介します。

JMB×Ponta会員登録をしよう!

まずは、JMB×Ponta会員登録が必要となります。ただし、クレジットカードの「JMBローソンPontaカードVISA」をお持ちの方は、自動的にJMB×Ponta会員登録されていますので、このステップは省略してください。

では、JMB×Ponta会員登録の手続き法を見ていきましょう。JAL公式サイト上部の「マイレージ」横のメニューをクリックし、表示される下位メニューから「JMB×Ponta会員について」を選択してクリックします。

JMB×Ponta会員について選択画面画像

表示されるページをスクロールして、「JMB×Ponta会員に今すぐ登録する」をクリックし、続けて次の画面の「JMB×Ponta会員に登録」をクリックします。

Ponta Webログイン画面画像

Ponta Webへのログイン画面が表示されますので、IDとパスワードを入力してログインします。

JALマイレージバンクにログイン画面画像

会員規約に同意します。JALマイレージバンクにログインします。

JMB×Ponta会員への登録が完了画面画像

これで、JMB×Ponta会員への登録が完了しました。

JMB会員ページからPontaコースを選択!

JMB×Ponta会員登録が済んだら、次はPontaコースへの申し込みをしましょう。初期設定はマイルコースになっていますので、Pontaポイントを直接貯めたい場合は必ずコース切替の手続きが必要です。

JMBローソンPontaカードVISA会員の方も、ここからは別途手続きが必要ですので、マイルではなくPontaポイントを貯めたい場合は、忘れずに申し込みをするようにしてください。

JALサイトのJALマイレージバンクのページから、「Pontaコースに申し込む」をクリックすると、JALマイレージバンクへのログイン画面が表示されます。お得意様番号とパスワードを入力してログイン後、Pontaコースを選択すれば切り替え完了です。

Pontaコースとマイルコースは1日単位で切り替え可能!

Pontaコースとマイルコース切り替え説明画像

搭乗直前、あるいは搭乗後でも当日中なら切り替えが可能ですので、期限が近付いているマイルがある場合は、空港などでササッと切り替えれば、失効間際のマイルをPontaポイントに代えて受け取ることができます。

また、近々再びJAL便に乗る機会があるという方は、Pontaコースからマイルコースに切り替えておくと、マイルとして受け取ることができます。

Pontaコースだと半分の価値になってしまいますから、マイルのままで使い切れそうな場合はマイルコースにするとお得です。

また、飛行機に乗る機会がある方なら、有効期限間近のマイルをe JALポイントに交換すれば有効期限を1年延長できますし、e JALポイントは航空券の支払いや燃油サーチャージ代に充当する事ができますよ。

マイルコースとPontaコースは1日単位で切り替えが可能ですので、ご自分のマイルの状況や有効期限、今後の搭乗予定などを総合的に考えて、その都度よりお得なコースを選ぶようにしましょう。

JALマイルとPontaポイントは相互交換可能!マイルの失効間際に便利!

ここまで、JAL便に搭乗することで直接Pontaポイントを貯めることができる、Pontaコースについてご紹介してきました。

さらに、JALには、マイルとPontaポイントの総合交換によってPontaポイントを貯める方法もあるのです。最後に、マイルとPontaポイントの交換についてご紹介します。

9,000マイルまでは50%でPontaポイントに交換可能!

JMB×Ponta会員であれば、JALマイルとPontaポイントの相互交換が可能です。

JALマイルとPontaポイントの相互交換可能説明画像

まず、JALマイルからPontaポイントに換える場合のレートを見てみましょう。

交換するマイル数 交換レート
3,000マイル~9,000マイル 1マイル=0.5Pontaポイント(1,000マイル単位)
10,000マイル 1マイル=1Pontaポイント(10,000マイル単位)

9,000マイルまでの交換だと価値が半分に減ってしまいますが、10,000マイルあれば等価交換が可能です。マイルの期限切れが近いときには、Pontaポイントに交換すれば有効活用できますね。

Pontaポイントからマイルへも50%で交換可能!

では次に、PontaポイントからJALマイルに替える場合について見てみましょう。こちらは、Ponta Webからの手続きになります。JALサイトからもリンクできるようになっています。

項目 内容
交換レート Pontaポイント2ポイント=1マイル
交換単位 2ポイント単位(上限なし)

Pontaポイントからマイルに交換する場合も、マイルの方が価値は高いので、やはり半分になってしまいますが、手持ちのマイルにあと少し足せば特典航空券に代えられるというようなケースには、便利な交換方法と言えます。

交換申込からマイルとして反映されるまで1週間ほどかかりますので、日程に余裕をもって申し込みをしましょう。

Pontaポイントがもらえるキャンペーンも随時展開!

ここまでご紹介してきたものの他にも、JALでPontaポイントがもらえるキャンペーンや特典が随時行われています。これらはそれぞれ期間限定で、時期によって入れ替わりますが、これまで行われていたキャンペーンの実績をご紹介します。

Pontaポイントがもらえるキャンペーン説明画像

  • フジドリームエアラインズ(FDA)とのコードシェア便に搭乗で100万Pontaポイント山分け
  • 東京(羽田)-札幌(新千歳)・旭川・函館・帯広・女満別・釧路線の搭乗で1回につき400Pontaポイントプレゼント
  • 東京(羽田)-小松線の搭乗で1回につき400Pontaポイントプレゼント

このように、主にJAL国内線に搭乗することでPontaポイントがもらえるキャンペーンが、いろいろあります。事前にキャンペーン参加登録が必要なものも多いですから、対象路線を利用する際には、ぜひエントリーしてから搭乗してくださいね。

滅多に飛行機にのらない人には最適!JAL便でPontaポイントを貯めよう

JALマイレージバンクのサービスとして、飛行機に乗ればPontaポイントが貯まるPontaコースというものについてご紹介してきました。

JMB×Ponta会員ページにて、マイルコースからPontaコースに切替申し込みをしておけば、JAL便に搭乗することでマイルの50%分のPontaポイントがもらえます。

マイルのまま受け取るよりも価値は半減してしまいますが、いつもマイルは使えないまま失効してしまうという、滅多に飛行機に乗らない方々にはとてもお得なシステムです。

マイルコースとPontaコースはいつでも切り替えができますので、その都度お得な方に切り替えればもっとも効率的なポイントやマイルの使い方が実現できますよ。

どのクレジットカードを選べばよいかお悩みのあなたへ

クレジットカードにはレストランやレジャー施設を割引価格で楽しめる優待が利用できるのをご存知ですか?
ポイント還元だけでなく、様々な優待で日常をお得に楽しめるのがクレジットカードなのです
起業してる方のビジネスサポートもしてくれます
ただし、クレジットカードを所有するには審査に通過する必要があります
あなたの状況から所有しやすいクレジットカードを最短2問・最高4問で提案
クレジットカードの種類が多すぎて、どのカードを選べばよいか分からないあなたにもおすすめ
1,000種類以上のクレジットカードの中から、あなたの目的に合った最強のクレジットカードが数十秒で見つかる

自分にあったクレジットカードを見つける自分にあったクレジットカードを見つける

クレジットカードを診断するクレジットカードを診断する
あなたへの最強のカードは?
最短2問であなたの目的にあった最強のクレジットカードが分かる!
PAGE TOP