高還元クレジットカード
【リクルートカード】nanacoチャージでもポイントがつく高還元カード

リクルートカードはポイント還元率が高いことで有名なクレジットカードです。その還元率は業界最高レベルの1.2%。高還元カードと言われると、なんだか使うのが難しそうな気がするかもしれません。

でもリクルートカードのプログラムは大変シンプルで、むしろ初心者向けなんですよ。そこで今回はカードを使い慣れない方にもよく分かるよう、リクルートカードの活用法を一から徹底解説したいと思います。是非ご一読ください。

リクルートカードは高還元で年会費無料!リクルートカードの魅力

  • 年会費無料
  • 基本還元率1.2%の高還元
  • 電子マネーチャージでポイントが貯まる
  • 海外旅行保険:最高2,000万円
  • 国内旅行傷害保険最高1,000万円
  • ショッピング保険:最高200万円付帯
  • 年会費無料
  • 基本還元率が高い
  • 特定店舗で高還元
  • スピード発行
  • 審査の間口が広い
  • 海外旅行傷害保険
  • 国内旅行傷害保険
  • 空港ラウンジ
  • 優待が豊富
  • ポイント期限なし
  • ETCカード
  • 電子マネー

リクルートカードは高還元で名の知れたクレジットカード。貯めたポイントの利用先も多く、使い勝手もいいですよ。また電子マネーnanacoチャージでポイントが貯まる貴重なカードでもあります。

これから詳細をご紹介しますので、あなたも是非この利用価値の高いカードを使いこなしてください。

リクルートカードは年会費無料で高還元カードを持ちたい方におすすめのクレジットカードだね。

リクルートカードは今も基本還元率1.2%をキープ!そのお得度の実態

クレジットカードの還元率に興味のない方は、1.2%と言われてもピンとこないかもしれません。一般的なクレジットカードの基本還元率は0.5%ですので、少しでもクレジットカードに詳しい方なら、これがどれほど貴重な数字かよくご存知のはず。

今や還元率1%以上のクレジットカードは貴重

近年のカード業界の改悪は相次ぎ、現時点で申し込める還元率1%以上のクレジットカードはもう数えるほどしか残っていません。今回ご紹介する還元率1.2%のリクルートカードは、そういう意味では大変貴重な存在なのです。

リクルートカードの1.2%というのは「標準還元率」を意味しています。つまり特定のショップや特別なプログラムで加算された還元率ではなく、基本の還元率そのものが高いんですね。リクルートカードの凄さは、この「標準還元率の高さ」に他なりません。

公共料金の支払いだけでもポイント獲得数に差が出る

こういった標準還元率の高いカードが最も力を発揮するのは、公共料金など固定払いの支払いに使った時です。そこで使用するカードによって、実際にどのくらい差がつくのか調べてみました。

下表は電気代や携帯電話料金などに年間50万円使う場合の、それぞれの獲得ポイント数を比較したものです。

クレジットカードの還元率 カード利用50万円に対する獲得ポイント数
0.5% 2,500ポイント=2,500円相当
1.0% 5,000ポイント=5,000円相当
1.2%(リクルートカード) 6,000ポイント=6,000円相当

ただ支払うだけで毎年これだけ差がつくんですから、クレジットカードの選択に手は抜けないということがよく分かりますよね。

ほとんどのクレジットカードの基本還元率は0.5%なんだ。今や基本還元率が1%以上のカードは希少な存在だよ。

リクルートカードをよりお得に!ポイントのお得な貯め方と使い方

どこで使っても常にお得なリクルートカードですが、さらにポイントを増やせる利用先があります。次に高還元をより高めるリクルートカードの利用法と、ポイント活用術も併せてご紹介しましょう。

ポンパレモールなら4.2%以上のポイントが貯まる

ポンパレモール

まず最初にご紹介したいのが総合通販サイト「ポンパレモール」です。

【ポンパレモール】

・リクルート社が運営するオンラインモール
・購入金額の3%以上ポイントが貯まる
・リクルートカード決済でさらに1.2%上乗せ

ポンパレモール内の商品を購入すれば必ず3%以上のポイントが貯まります。そしてリクルートカード決済で1.2%が上乗せされ、合計4.2%分のポイントが獲得できます。ネットショッピングはポンパレモールに限るというのが、これでよくお分かり頂けたでしょう。

それに貯めたポイントは、ポンパレモール内のショップでそのまま1ポイント=1円として利用できるので、ポイント交換の手間もかかりません。

貯まるのはリクルートポイントとPontaポイントの2種類

ここでポイントの内訳についてご説明しましょう。実はポンパレモールでお買物すると、以下2種類のポイントが貯まります。

  • Pontaポイント→ ショップ利用に対して貯まる(3%)
  • リクルートポイント→カード代金に対して貯まる(1.2%)

4.2%の内訳は、3%分がPontaポイントで1.2%分はリクルートポイントなんですね。ただポンパレモール内ではどちらも1ポイント=1円相当として区別なく使えますから、この違いについては特に意識しなくて大丈夫です。

以下ポンパレモール以外のリクルートグループのWEBサービスでも、リクルートポイントとPontaポイントは同じように併用可能です。

WEBサービス 使えるポイント ポイント特典
ポンパレモール 1P⇒1円 商品代金の3%以上
ホットペッパーグルメ 1P⇒1円 人数1人につき50P
お食事券購入で2~10%
ホットペッパービューティー 1P⇒1円 利用代金の2%
じゃらん 1P⇒1円 利用代金の1~2%
じゃらんゴルフ 1P⇒1円 利用代金の1%

リクルートポイントはPontaに交換すると利用の幅が広がる

リクルートポイントとPontaポイント

リクルートポイントは共通ポイントではないため、利用先が限られているのです。

Pontaポイント利用先画像

より多くのサービスでリクルートポイントを使おうと思ったら、Pontaポイントへの交換がおすすめですよ。そしてそれには事前に以下の登録を済ませておかねばなりません。

  • リクルートID登録
  • Ponta会員ID登録

リクルートカード会員になったら、Ponta会員サイトの「Ponta Web(ポンタウェブ)」で必ず登録を済ませておきましょう。

今回初めてPonta会員になる方には、新たにPontaカードが発行されます。Pontaカードは提携店舗のほか、郵送での受け取りも可能ですよ。なおこれについての費用は一切不要です。

Pontaポイントへの交換はとても簡単

この登録さえ済めば、リクルートカードにおけるポイント管理は自由自在です。リクルートカードのポイント管理は、Ponta会員サイトのPonta Web(ポンタウェブ)で行います。

リクルートポイントからPontaポイントへの交換もとっても簡単!ポイント数を指定して交換を実行するだけです。手続きは24時間受け付けており、結果は瞬時に反映されます。Pontaポイントの方が使うには便利ですから、リクルートポイントはこまめにPontaに交換しておくといいすね。

実店舗でポイントを使うにはPontaカードが必要

もしもローソンなど実店舗でポイントを使いたい場合は、Pontaカードを使いましょう。リクルートポイントから交換したPontaポイントや、ショップで貯めたPontaポイントは、Pontaカードを通じてお店のレジでも利用できるのです。

リクルートカードで貯めたポイントは、以下のようなPonta加盟店で1ポイント=1円としてお買物に使えますよ。

実店舗 使えるポイント 貯まるポイント
高島屋 1P⇒1円 100円⇒1P
ローソン 1P⇒1円 100円⇒1P
ライフ
(店舗限定)
100P⇒100円
※金券と交換
200円⇒1P
ケンタッキー
フライドチキン
10P⇒10円 200円⇒1P

ポイント有効期限は最終利用日から1年間

リクルートカードではそのような心配はないと思いますが、長期間カードを使わずにいるとポイントが失効してしまうのでご注意ください。以下がリクルートカードで貯まる2種類のポイントの有効期限です。

【リクルートポイント有効期限】

最終のポイント加算日から12ヵ月後の月末まで

【Pontaポイント】

最終利用日(最終のポイント加算日または、ポイント利用日)から1年間

両者とも比較的有効期限が短いので、リクルートカードで少なくとも年に1?2回はポンパレモールで買物するようにしてください。

リクルート限定ポイントはPontaに交換できない

ところでリクルートカード会員になると、不定期に「限定ポイント」が貰えることがあります。これはすべてリクルートポイントで、ホットペッパーなど利用先も限定されています。

使える期限も短いのですが、ポイント数が高くタイミングが合えばとてもラッキーなプレゼントです。ただ限定ポイントはPontaには交換できないので、すぐに使わない場合は、残念ですが利用を見送ることになるでしょう。

ポイント残高はPonta Webでチェックを

こういったポイントの内訳や残高は、すべてPonta会員サイトPonta Web(ポンタウェブ)の「Ponta通帳」で確認できます。

  • 通常ポイント残高
  • 限定ポイント残高
  • ポイント内訳
  • ポイント利用履歴
  • ポイント交換履歴

リクルートカード会員になったらPonta Webは定期的にチェックして、ポイントは期限内に使い切るようにしましょう。

ポンパレモールはポイントアップサイトが使えない

さて次にお話するのは、ポンパレモールに関連するちょっとした改変についてです。「ポイントアップサイト」が関係しますので、ご存知ない方のために以下簡単にご説明しておきましょう。

【ポイントアップサイト】

買物前に経由するだけでポイントが貯まるサイト。
ハピタス、セゾンポイントアップモールなど様々なポイントアップサイトがある。
付与率は随時変化する。

ポイントアップサイトは、ポイントをより多く貯めたい方にとっては欠かせないものです。ポンパレモールでのお買物も、ポイントアップサイトを経由すれば4.2%以上の還元も可能でした。過去形なのは、最近ポンパレモールが一斉に各ポイントアップサイトから引き上げてしまったからです。

その結果、これまでのようにポイントアップサイトを経由してポンパレモールへ行けなくなり、以前よりも獲得ポイント数がダウン。これにはガッカリしている方も多いでしょう。

他社カードなら今もポイントアップサイトが使える

他社のカードを見れば、今もこの通りポイントアップサイト経由で還元率の底上げが可能です。

セゾンポイントアップモール経由・・1%
Amazon.comで買物・・・・0.5%
Amazon Mastercardで決済・・・1%
ハピタス経由・・・・・1%
楽天市場で買物・・・・3%
楽天カードで決済・・・1%

ただポイントアップモールのポイント付与率は随時変わりますし、ポンパレモールのようにいつ経由できなくなるとも限りません。

クレジットカードにはこの通り改変が多いので、今あるサービスはお得な間にせいぜい活用しておきたいものですね。

リクルートポイントはPontaポイントに交換すれば利用先が広がるってことだけど、具体的にPontaポイントの使い道を教えて。
Pontaポイントは提携店で1ポイント1円として利用できるんだ。Pontaポイントの提携店は多いから利用の幅も広がるよ。Pontaポイントのお得な使い方も是非チェックしてみてね。

リクルートカード納税でポイントが貯まる!ワンランク上の活用術

リクルートカードは何と言っても標準還元率が高いので、「税金納付」や「保険料納付」でも大いに力を発揮します。あなたは固定資産税や自動車税を、毎年どんな方法で納めていますか?

もしも現金払いなら、これからは是非クレジットカードをご利用ください。リクルートカードならポイントを満額獲得できますよ。次にこのお得な納付方法についてご説明しましょう。

セブンイレブン収納代行でnanaco払いがおすすめ

といってもリクルートカードで直接納税すれば、納税者がカード手数料を負担しなくてはなりません。今回おすすめしたいのは、セブンイレブン収納代行でのnanaco納付です。

自治体によっても対応は異なりますが、納付用紙にコンビニ収納代行が利用可能との記載があれば、この方法が一押しです。以下のような支払いは利用金額が高いだけに、1.2%分のポイント還元には大いに期待できるでしょう。

  • 国民健康保険料
  • 固定資産税
  • 自動車税
  • 年金保険料

リクルートカードはnanaco納付できる貴重なカード

nanaco納付をおすすめする理由は、リクルートカードが以下3点をクリアできる極めて貴重なクレジットカードだからです。

  • nanacoにクレジットチャージできる
  • クレジットチャージでポイントが貯まる
  • 標準還元率が高い

下表を見て頂けると分かるように、他社カードはチャージできてもポイントが貯まらない場合もあります。楽天カードJCBも、2017年の改変でポイントがつかなくなりました。

クレジットカード nanaco
チャージ
チャージ
ポイント
還元率
楽天カードJCB
楽天カードVISA ×
Yahoo!JAPANカード 0.5%
リクルートカード 1.2%
セブンカードプラス 0.5%
TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO 1.0%

nanaco納付にはリクルートカード事前登録が必要

ではnanaco納付に必要な準備からご説明しましょう。nanacoカードをお持ちでない方は、まず入会手続きが必要です。以下手続きは、いずれも電子マネー[ナナコ]の公式サイトにて行います。

① nanacoへの入会
・nanacoカード:300円
・nanacoモバイル:無料

② リクルートカードの事前登録

nanacoカード発行手数料300円ですが、nanacoカードを無料で手に入れる方法もありますので、是非こちらもあわせてご覧くださいね。

さて会員登録が済んだら、次にリクルートカードをチャージ用に事前登録します。登録できるクレジットカードは1枚だけなので、カードを変更したい場合は一旦登録を取り消し、再度登録し直してください。

チャージ後セブンイレブンで残高確認が必要

さて、ここまで解ればチャージ手順は簡単です。まず電子マネー[ナナコ]のサイトで「チャージ(入金する)」メニューを選びますチャージは現金でも可能ですが、今回は「クレジットカードからチャージ」を選びましょう。

後は金額を設定して、チャージを申し込めばOKです。しかしこの時点ではまだnanacoは使えません。この後、セブンイレブンのレジで「残高確認」することで、ようやくnanacoでの支払いが可能となります。最後にここまでをまとめておきましょう。以下がnanaco入会から支払いまでの手順です。

1. nanacoに入会する
2. リクルートカードをチャージ登録する
3. チャージを申し込む
4. セブンイレブンで残高確認する
5. 電子マネーnanacoで支払う

nanaco(電子マネー)チャージによる注意点

2018年4月16日より、以下の電子マネーへのチャージによるポイント付与対象が月間3万円までと、上限が設定されました。

先にご紹介したnanaco納税も、納税額3万円未満であれば問題ありませんが、3万円を超える場合2カ月に分けてチャージした方がいいですね。また、固定資産税なら4分割で支払えますので、分割で払うのも1つの方法です。

リクルートカードはブランドでサービスが違う

リクルートカードって、本当に利用価値の高いクレジットカードですよね。そこでいざ入会しようとなったとき、選択に迷うのが国際ブランドです。

大概はどれを選んでも同じですが、実はリクルートカードにおいてはブランド選択が大きな意味を持ちます。さてMasterCard、Visa、JCBの3ブランドのうち、一体どれを選べばいいのでしょうか?

ブランドによってチャージできる電子マネーが異なる

リクルートカードは4種類の電子マネーチャージに対して1.2%ポイントがつくので、電子マネーユーザーにとっては大変貴重なクレジットカードです。でもブランド選びを間違えると、お使いの電子マネーにチャージできないこともあるので気をつけてくださいね。

下表に一覧にまとめましたが、これを見るとJCBブランドは、楽天EdyとSMART ICOCAのチャージに対応していません。この2つの電子マネーをご利用なら、リクルートカード入会時にはMasterCardかVisaをお選びください。

電子マネー JCB Visa MasterCard
楽天Edy ×
nanaco
モバイルSuica
SMART ICOCA ×

JCBブランドならETCカード発行手数料が無料

またETCカードを利用する方も注意が必要です。この通りETCカードの発行手数料が無料なのは、JCBブランドだけだからです。

ETCカード JCB Visa MasterCard
代金 無料 発行手数料1,000円 発行手数料1,000円

ETCカードをご希望の方は、リクルートカード入会時には是非JCBブランドをお選びください。

ブランドが違うとカード会社が違う

このようにブランドによって差があるのは、リクルートカードを発行しているカード会社がブランドによって異なるからです。従って、ブランドが違えば支払い先や会員サイトの種類も異なります。

リクルートカードのブランド JCB MasterCard、Visa
カード会社 JCB 三菱UFJニコス
会員サイト名称 MyJCB NEWS+PLUS

入会時審査もリクルート社ではなく各ブランドに対応するカード会社が行います。ブラック経験者の方は、ブランドを選ぶ際にはご注意くださいね。

過去に金融事故を起こしたことのあるカード会社だと、審査に落ちる可能性がありますよ。

海外・国内旅行保険とショッピング保険が付帯

さて最後になりましたが、リクルートカードの付帯保険についてご説明しましょう。リクルートカードは海外・国内旅行保険に加えてショッピングガードまでつくという、付帯保険の大変充実したクレジットカードです。

保険もブランドによって引き受け会社は異なるものの、その補償内容は同じです。従って付帯保険については、どのブランドを選んでも特に変わりはありません。

旅行保険は利用付帯、ショッピングガードは海外国内対応

以下がリクルートカード付帯保険の一覧表です。なおいずれの保険も、リクルートカードで費用を決済した場合のみ適用されます。

補償項目 金額
死亡・後遺障害 【海外】最高2,000万円
【国内】最高1,000万円
傷害/疾病治療費用 【海外】100万円限度
賠償責任 【海外】2,000万円限度
携行品損害 【海外】20万円限度
救援者費用 【海外】100万円限度
ショッピングガード 【ショッピング】年間200万円
国内・海外適用、90日間補償

リクルートカードの基本情報をご紹介します

リクルートカード

公式サイトへ

リクルートカードのご説明は以上です。下にリクルートカードの基本情報をまとめましたのでご覧ください。こうして見ると、リクルートカードは高還元だけでなく、バランスの取れた優良カードだということがよく分かります。特に3種類もの付帯保険は注目に値しますよ。

カード情報 内容
年会費 完全無料
申込資格 18歳以上
家族カード 無料
ETCカード MasterCard、Visa 発行手数料1,000円
JCB 無料
海外旅行傷害保険 最高2,000万円 利用付帯
国内旅行傷害保険 最高1,000万円 利用付帯
その他付帯保険 ショッピング保険 年間200万円
電子マネー チャージ可能
ポイント付与あり
還元率 1.2%~

リクルートカードは還元率が高いだけでなくバランスの良いカード

リクルートカードというと高い還元率で有名ですが、付帯保険や電子マネーへの対応を見ると、バランスの良いカードとして初心者の方にも是非おすすめしたい逸品です。

ポイントプログラムは極めてシンプルですし、どこで使っても必ず1.2%還元という安定感は他のカードには得られないものです。

よりお得な利用には、Pontaポイントやnanacoの活用法も是非マスターしてくださいね。

どのクレジットカードを選べばよいかお悩みのあなたへ

クレジットカードにはレストランやレジャー施設を割引価格で楽しめる優待が利用できるのをご存知ですか?
ポイント還元だけでなく、様々な優待で日常をお得に楽しめるのがクレジットカードなのです
起業してる方のビジネスサポートもしてくれます
ただし、クレジットカードを所有するには審査に通過する必要があります
あなたの状況から所有しやすいクレジットカードを最短2問・最高4問で提案
クレジットカードの種類が多すぎて、どのカードを選べばよいか分からないあなたにもおすすめ
1,000種類以上のクレジットカードの中から、あなたの目的に合った最強のクレジットカードが数十秒で見つかる

自分にあったクレジットカードを見つける自分にあったクレジットカードを見つける

クレジットカードを診断するクレジットカードを診断する
PAGE TOP