クレジットカードの支払い
クレジットカードの返金ってどうするの?気になる疑問をまるっと解決

ショッピングの際に、購入した商品がイメージと違う、サイズが合わないなどの理由で返品をすることがありますよね。その場合、支払いを現金で行っていた場合はそのまま現金で返金してもらえば完了です。

しかしクレジット決済で購入していた場合は、どのように返金されるのかよくわからないという方も案外多いのではないでしょうか?

ここではそんなクレジットカードの返金の手順や気になる疑問について、詳しく解説していきたいと思います。

必ず購入店に連絡!クレジットカードの返金手続きの手順を確認

まずはクレジットカードの購入品の返品をしたい場合の手続きについて確認していきましょう。クレジット決済分の返品・返金の手順は基本的に以下のようになっています。

①購入店に返品・返金の申し入れをする

②購入店からカード会社に対し支払いキャンセルの手続きが行われる

③当月のクレジットカードの請求額からの差し引きまたはいったん引き落とし後、翌月以降の返金となる

ここで注意してほしいのが、返品はもちろんのこと、クレジットカード支払い分の支払いキャンセル・返金依頼についても購入した加盟店に対して行わなければならないということです。

クレジット決済分の支払いだからとカード会社に自分で連絡して返金手続きを行うことはできません。

クレジット決済によるお金のやり取りはあくまでもカード会社と加盟店との間で行われる契約になっているため、ユーザーがその間に入ってカード会社と直接返金に関するやり取りをするということはできない仕組みになっているのです。

キャンセル分がいったん請求されることも…気になる返金のタイミング

クレジットカードでの支払いを返金する場合、そのお金は原則としてクレジットカードを通して返ってくることになります。

具体的には、当月のクレジットカード請求額からの差し引きとなるのが基本です。ただ、加盟店からカード会社に対して返金手続きが行われるタイミングはお店によって異なります。

カード会社へとキャンセルデータが届くのが何らかの理由で遅れてしまうと、当月分で返金処理を完結させることができず、いったん返品前の請求額が引き落とされてしまうことになります。その後、キャンセルデータが送られてき次第、そのタイミングでの返金処理となるのです。

そのため、キャンセル分の金額もいったん引き落とされ、その後翌月以降の請求分からのマイナスという形で返金されるケースもあります。

いずれにせよクレジットカードの返金は、タイミングこそ多少ずれることはあっても必ず同じクレジットカードを通して行われることになります。返金があるときは特に月々の利用明細は必ず確認して返金処理がきちんとされていることを確認するようにしてください。
商品の返品などでクレジットカードで支払ったお金を返金してほしい場合は、必ず購入したお店に連絡をするようにしてね。お金の流れと契約上、ユーザーからカード会社に直接返金依頼をするということはできないんだ。

返金のタイミングは?手数料は?返金のよくある疑問を一挙解説

クレジットカードの返金手続きの基本的な仕組みや手順が確認できたところで、気になることはまだまだありますよね。

例えば返金依頼をしてから実際に返金が受けられるまでにかかる時間や、手数料が必要かどうか、現金での返金はなぜできないのか…など、実際にクレジットカードの返金という仕組みを利用することを考えると確認しておきたいことは多いと思います。

そんなクレジット決済の返金に関するよくある疑問について、ここからは解説していきましょう。

返金依頼から返金までどのくらいの時間がかかるの?

クレジットカードの返金では加盟店からカード会社にキャンセルデータが届いて初めて必要な処理が行われるため、商品を購入したお店で返金依頼をしてから実際に返金が受けられるまでには多少のタイムラグが生じるということは上でもご説明しましたよね。

ここで気になるのが、具体的には返金依頼から返金までどのくらいの時間がかかるのか?ということだと思います。

返金に要する期間は最大2か月程度

これはカード会社によっても多少異なるのですが、一般的には遅くても2ヶ月以内には返金が受けられることになっています。

商品の購入と返品の間にカード会社の締め日を挟んでいるなどの理由で返金のタイミングが通常より遅れてしまうこともありますが、それを加味しても2ヶ月が目安と考えてよいでしょう。

したがって、もし実際に返金依頼をして、2ヶ月以上経過しても返金が確認できないという場合には、まずは加盟店の方に問い合わせをする必要があります。

中には、加盟店側の返品・返金の処理が遅れていたり、正常に進められていなかったりしてカード会社にキャンセルデータが回っていないというケースもあるからです。

例えばオンラインショップの場合、返品する商品をユーザーが発送して業者のもとに届くまでには多少の日数がかかりますよね。業者が返品処理をするのは商品の返送を確認してからということになるため、この段階ですでに遅れが生じることとなります。

また、これもオンラインショップに多いケースなのですが、返品に一定の条件を設けていて、その条件を満たしていないという理由で返品処理が滞っていることもあるのです。

遅れているなら加盟店にまず確認

クレジットカードの返金が遅れている場合には、まずはこうした加盟店側の事情によってキャンセルデータがカード会社に届いていないという可能性を考えるべきでしょう。

そして加盟店の方がすでに返金処理を済ませてカード会社側にキャンセルデータを送っていると確認できてはじめて、カード会社に問い合わせる必要が出てきます。

なお、カード会社によっては利用明細にマイナスの取引を掲載しないというところもあります。その場合は気づかないうちに適正に返金が完了していることもあるので注意してください。

請求額<返金額の場合は引き落とし口座に直接振り込みの可能性アリ

すでにご説明したとおり、返金処理のタイミングによっては返金が翌月以降の請求に回るケースもあります。その際、もしその月の請求額が返金される金額以下だった場合はどのように処理されるのでしょうか?

このようなケースでは請求額から返金額を満額差し引くことができないため、クレジットカードの利用分を通してではなく、カード会社から利用者の口座に直接お金が振り込まれるという形での返金となることがほとんどです。

返金分が振り込まれるのは原則としてクレジットカードの引き落としに普段利用している口座となります。返金の予定があるときには、口座残高の方も確認する習慣をつけておくとよいでしょう。

クレジットカード返金に手数料は不要!ただし返品手数料がかかるかも

返金というある種イレギュラーな手続きに対して、手数料が必要になるのではないか?と気になっている方もいるかもしれません。これに関しては、原則としてクレジットカードの返金手続きに関して、カード会社の方から手数料を請求されるということは原則としてありません。

ただしオンラインショップなどでは、ユーザー都合での返品など一定の条件に該当する返品に対しては、返品手数料がかかる仕組みになっているところもあります。

また、電車や飛行機、船などの公共の交通機関での利用に関しても、返品やキャンセルによって手数料が必要となるケースが多くみられます。例えばJRではきっぷのキャンセルに対して220円~の払い戻し手数料がかかるのです。

ただ、こうした手数料はあくまでも返品や払い戻しに対する手数料という扱いになっており、厳密にいえば、クレジットカードの返金によって生じる手数料というわけではありません。

したがって、クレジットカードの返金に手数料が必要かという問いに関しては、基本的にはノーと考えておけば問題ないでしょう。

要注意!返金したらクレジットカードのポイントも一緒に減算

返金に際して意外と忘れてしまいがちなのが、獲得したクレジットカードのポイントがどうなるかという点です。

結論から言えば、返金によって一度決済した利用分がマイナスされると、その分のポイントも一緒に減算されることになります。

返金はされるけれどポイントはそのまま…というわけにはいかないので、注意が必要です。ちなみに、もし獲得したポイントをすでに使ってしまったという場合には、ポイントが差し引かれて一時的にマイナスになるという現象が起こります。

一度獲得したポイントを失うというのは何となく損をしたように感じられるかもしれませんが、こればかりは仕方のないことなので、納得したうえで返金依頼をするようにしましょう。

現金での返金は加盟店にとって損!だから対応は不可能

急ぎで返金をしてほしい時など、現金での返金には対応してもらえないかと思いますよね。

ですが残念ながら、クレジットカード決済での支払いを現金で返金するということは基本的には不可能となっています。

というのも、クレジットカード決済での支払いに対しては、1件ごとに加盟店からカード会社に数%の手数料を支払う取り決めになっています。そしてもし返金をする場合には、その決済分に対して支払われた手数料は加盟店に払い戻されるという仕組みです。

ところが、もし加盟店がクレジット決済分を現金で返金してしまったとしたら、そこにカード会社が関知する余地はないので、当然カード会社に支払った手数料は1円たりとも戻ってきません。これでは、返金対応した加盟店が一方的に損をしてしまうということになりますよね。 

こうした事情を考えると、クレジット決済分の現金での返金に応じるお店というのはまずないと考えるべきでしょう。

海外購入品の返金は為替レート変動に注意!返金額が少なくなることも…

海外旅行の際に、旅先でクレジットカードで購入した商品を返品するということもあるかもしれません。そこで注意してほしいのが、海外でのクレジットカード利用には為替の変動が影響するという点です。

海外でクレジット決済で支払いをした場合、その利用分がカード会社で処理される際にその時点での為替レートを適用して日本円に変換し、請求されることになります。そして返金処理をする際にも、やはりその手続きをする時点での為替レートで換算されます。

そのため、場合によっては為替の変動が原因で支払い額よりも返金額が少なくなるなど、差額が生じてしまうケースがあり得るのです。

何となく損をしたように感じられるかもしれませんが、これはやむを得ないことなので、海外購入品の返金がある場合には承知しておくようにしてください。

クレジットカードだと返金ってどうなるのかと思ったけれど、意外と簡単なんですね。加盟店とカード会社におまかせできて、手数料もかからないんだ。
そうだね、基本的にはユーザーは返金依頼をしてしまえば、あとは何もしなくて大丈夫だよ。ただ、ちゃんと返金されているかどうかの確認は大事だよ。必ず明細で返金内容をチェックするようにして、あまりにも遅れているときにはちゃんと問い合わせできるようにしておかないとね。

加盟店に依頼するだけ!クレジットカード返金は難しくない

クレジットカードの返金をするというのはそう頻繁にあることではないので、手続きの進め方や仕組みなどがわからずに戸惑ってしまう方も多いことと思います。

とはいえ、手順自体は決して複雑なものではありません。返金をしてほしい場合はカード会社ではなく加盟店に依頼すること、返金は原則としてクレジットカードを通して行われること、この2点を抑えておけば、基本的には問題なく進められるでしょう。

ここでご紹介した情報を参考にしていただければ、きっと初めての方でもクレジットカードの返金手続きがスムーズに済ませられるはずです。

どのクレジットカードを選べばよいかお悩みのあなたへ

クレジットカードにはレストランやレジャー施設を割引価格で楽しめる優待が利用できるのをご存知ですか?
ポイント還元だけでなく、様々な優待で日常をお得に楽しめるのがクレジットカードなのです
起業してる方のビジネスサポートもしてくれます
ただし、クレジットカードを所有するには審査に通過する必要があります
あなたの状況から所有しやすいクレジットカードを最短2問・最高4問で提案
クレジットカードの種類が多すぎて、どのカードを選べばよいか分からないあなたにもおすすめ
1,000種類以上のクレジットカードの中から、あなたの目的に合った最強のクレジットカードが数十秒で見つかる

自分にあったクレジットカードを見つける自分にあったクレジットカードを見つける

クレジットカードを診断するクレジットカードを診断する

こちらの記事もおすすめです

人気記事ランキング

コメントはこちらから

コメント

表情を選ぶ

表情A
表情B
表情C
表情D

ハンドルネーム

PAGE TOP