Tポイント
Tポイントでふるさと納税ができる!期間固定Tポイントも使えてお得

利用する人が年々増えている「ふるさと納税」。応援したい自治体に寄付をすることで税金の控除が受けられ、しかもお礼の品がもらえるという、とってもうれしい制度です。

今回は、そんなふるさと納税で、Tポイントを使うことができるという情報をご紹介します。有効期限の短い期間固定Tポイントも使うことができるので、期限が迫っている人には特にオススメです。

ふるさと納税の概要についても合わせてご紹介しますので、ふるさと納税には興味があるけれど、ちょっと難しそうで二の足を踏んでいるという方は、ぜひご一読くださいね。

ふるさと納税とは!?応援したい自治体に寄付すれば控除と特産品がもらえる制度

ふるさと納税とは、お好きな地方自治体に寄付ができる制度です。お好きな自治体に寄付すると、ふるさと納税を行った年の所得税から一定額が還付され、翌年の住民税が控除されます。

控除の対象は、自己負担額2,000円を除いた全額となり、その上限は家族構成や年収により異なります。

ふるさと納税のメリット

ふるさと納税のメリットには、以下のようなものがあります。

  • 好きな自治体に寄付できる
  • 使い道を指定できる
  • 自己負担2,000円で負担額以上の価値の返礼品がもらえる
  • ワンストップ特例制度を使えば確定申告も不要

寄付した金額のうち2,000円を超える分が、一定の上限額はあるものの、所得税と住民税から原則として全額控除されることと、特産品などのお礼の品がもらえる自治体も多いというのが、ふるさと納税の最大のメリットでしょう。

自治体ごとに寄付額の使い道が明示されているので、特に力を入れてほしい分野に的を絞って寄付をすることができるのもうれしいポイントです。

近年は、豪華な特産品を用意する自治体もあり、その特産品目当てにふるさと納税をする人が増えたことが問題になっています。総務省からは良識ある対応が要請され、特産品を廃止する自治体も出てきました。

本来は、住んでいる地域以外でも、応援したい自治体や分野があれば寄付をすることができるという制度なのです。

専業主婦や扶養枠でパートをしている場合は要注意!

ふるさと納税は、最少2,000円の自己負担で住民税と所得税から控除が受けられる制度であることをお伝えしました。しかし、専業主婦の方や住宅ローンなど他の控除を受ける方などは、注意が必要です。

専業主婦の方、あるいは収入があっても扶養控除内で働いていて所得税や住民税を収めていない方は当然控除は受けられません。

この状況でふるさと納税を利用しても、結果として自腹で特産品を買っただけということになってしまいます。

このような場合は、配偶者の名義でふるさと納税をするようにしましょう。

控除額の上限に注意!

さらに、所得税を支払っている方であっても、控除額の上限に注意をする必要があります。

いくらまで控除されるかという上限は、年収・家族構成・その他の控除などによって変わってきます。

控除額の上限説明画像

住宅ローン控除や医療費控除などと併用する場合は、ふるさと納税による控除額の上限が少なくなります。

控除の上限の目安については、こちらの総務省サイトでご確認いただけますので、ふるさと納税を行う前に上限額をチェックしてくださいね。

ワンストップ特例制度を利用すれば確定申告が不要

ふるさと納税をしても、そのままでは控除が受けられません。

従来、ふるさと納税で所得税や住民税から控除を受けるためには、確定申告をする必要がありました。しかし、平成27年4月より、ワンストップ特例制度という、確定申告が不要になる制度がスタートしました。

下記の2つに当てはまる方は、ワンストップ特例制度が利用できます。

  • 寄付先の自治体が5つ以内
  • 確定申告をしない給与所得者

ワンストップ特例制度説明画像

ふるさと納税をしたら、翌年1月10日までにその自治体に「ワンストップ特例申請書」「本人確認書類」「マイナンバー確認書類」を郵送すれば、寄付先の自治体からお住いの自治体へ控除に必要な情報が連絡され、控除を受けることができるのです。

ふるさと納税をするときに、ワンストップ特例制度を利用する旨を申告しただけでは、控除を受けることができません。忘れずに必要書類を寄付先の自治体まで送付するようにしてください。

Yahoo! 公金支払いならTポイントでふるさと納税ができる

ふるさと納税についてご紹介してきました。ふるさと納税は各自治体のホームページや、ふるさと納税ポータルサイトから行うことができますが、ここではTポイントが使える「Yahoo!公金支払い」によるふるさと納税についてご紹介します。

期間固定Tポイントの使い道に困っている方は、是非一度検討してみてはいかがでしょうか。

Yahoo! 公金支払いは税金や公共料金がネットで払える

まず、Yahoo!公金支払いについて、簡単にご紹介します。Yahoo!公金支払いとは、Yahoo! JAPANが運営するサービスのひとつで、インターネットで住民税・自動車税などの税金や、水道料金などの地方公共団体の料金を支払うことができるサービスです。

Yahoo!公金支払いの主なメリットには、以下のようなものが挙げられます。

  • パソコンやスマホから、いつでもどこからでも支払いができる
  • 支払った金額に応じてクレジットカードのポイントが獲得できる
  • 分割払いもできる
  • Tポイント(期間固定Tポイントも含む)が支払いに充当できる

Yahoo!公金支払いなら、カード決済にて税金を払うことになるため、クレジットカードの規定通りにポイントがたまります。Tポイントが貯まるクレジットカードであれば、税金を支払いながらTポイントがもらえるのです。

ふるさと納税なら誰でもYahoo!公金支払いが使える

このように、とても便利でお得なYahoo!公金支払いではありますが、残念ながら対応していない自治体や税目もまだまだ多いのです。
でも、ふるさと納税なら、お住いの地域に関係なく、誰でもYahoo!公金支払いを利用できます。

Yahoo!公金支払いふるさと納税説明画像

期間固定Tポイントでふるさと納税ができる!

先にもご紹介したように、Yahoo!公金支払いはTポイントを支払いに充当できるのが大きな特長です。そのTポイントには、期間固定Tポイントも含まれています。

期間固定Tポイントとは、1週間や1か月程度という短い有効期限が設定された、限られた提携先でしか使えない種類のTポイントのことです。

具体的には、Yahoo!JAPANの各種サービスやLOHACO、GYAO!ストアでしか使えません。

でも、Yahoo! JAPANサービスの中に、Yahoo!公金支払いも入っているため、ふるさと納税で支払う金額を期間固定Tポイントで払うことが可能なのです。

とっても簡単!Yahoo!公金支払いでふるさと納税をする手順をご紹介

Yahoo!公金支払いなら、誰でもTポイントを使ってふるさと納税ができることをお話してきました。では、いよいよ、Yahoo!公金支払いをする方法を、具体的に見ていきましょう。

Tポイントがたまるクレジットカードを用意しよう!

Tポイントを使って、Yahoo!公金支払いでふるさと納税をするために、以下のものを事前に準備しておきましょう。

  • クレジットカード
  • Yahoo!JAPAN IDの取得
  • Yahoo!JAPAN IDへのTポイントがたまるクレジットカードの登録

Yahoo!公金支払い自体は、Yahoo!JAPAN IDがなくても利用できますし、クレジットカード自体はTポイントがたまるものでなくても使えます。

Tポイントが貯まるクレジットカードを利用すれば尚お得

とはいえ、少しでもお得にふるさと納税をしたいならば、Tポイントが貯まるクレジットカードを利用すれば尚お得です。ふるさと納税で貯まったTポイントは、次のふるさと納税にも充当できますよ。

Yahoo!公金支払いでふるさと納税を行うなら、やはりおすすめはYahoo! JAPANカードですね。

Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPAN(ヤフージャパン)カードは基本還元率が1%と高く年会費も無料ですから、貯まったポイント分そっくりそのままお得という事になります。

①寄付したい自治体に申し込みをしよう

では、ここから、Yahoo!公金支払いによるふるさと納税の手順をご紹介していきます。事前準備が整ったら、Yahoo!JAPAN IDでログインし、Yahoo!公金支払いのサイトに行きましょう。

Yahoo!公金支払いによるふるさと納税の画面

「ふるさと納税」をクリックします。Yahoo!公金支払いのふるさと納税に対応していない自治体もあるため、検索して対応していることを確認してください。

対応している自治体の中からお好きなところを選び、返礼品を選択し、寄付を申し込みます。確定申告をしない場合は、申し込み画面の「ワンストップ特例制度を利用する」のチェックボックスにチェックを入れます。

申し込みが完了すると、地方自治体からクレジットカードによる寄付に必要となる番号(「払込番号」「確認番号」など)が送られてきます。

②もう一度、Yahoo!公金支払いから寄付先を選択!

クレジットカードによる寄付に必要な番号が確認できたら、再びYahoo!公金支払いのふるさと納税のページを開きます。

Yahoo!公金支払いによるふるさと納税支払い画面

「お支払い画面へ」をクリックします。

③支払い番号などを入力しよう!

Yahoo!公金支払いによるふるさと納税支払い番号登録画面

画面に従って、確認番号などを入力していきます。正確に入力が済んだら、「次へ」を押します。

④支払額を確認!Tポイントを使うときはポイント数を入力

Yahoo!公金支払いによるふるさと納税支払い額確認画面

画面に表示された支払い金額が合っているか確認し、クレジットカード情報などを入力していきます。すでにクレジットカードを登録している方は、カード情報を確認します。

Tポイントを支払いに充当したい方は、あらかじめYahoo!JAPAN IDでログインしておくと、ここで使いたいポイント数を入力できます。

Yahoo!公金支払いによるふるさと納税支払い額とTポイント入力画面

入力が完了したら「次へ」のボタンを押します。

⑤内容を確認して支払いを完了!

Yahoo!公金支払いによるふるさと納税支払うボタン確認画面

確認画面が表示されますので、内容をよく確認してください。問題がなければ「支払う」ボタンを押します。これで支払い手続きは完了です。念のため、この画面を印刷しておくことをオススメします。

とはいえ、無事に支払い手続きが完了しているかどうかは、Yahoo!公金支払いのページからいつでも確認可能です。

ワンストップ特例制度を利用する方は、必要書類を寄付先の自治体に送付するのをお忘れなく!

期日までに必要書類を自治体に送付しないと、別途確定申告をしなければなりません。その場合、確定申告を行わないと控除が受けられませんので、必ず必要書類は送付してくださいね。

Yahoo!公金支払いのふるさと納税ならTポイントをお得に獲得&利用

税金の控除やうれしい返礼品で多くの人の関心を集めているふるさと納税ですが、Tポイントの獲得や利用ができるYahoo!公金支払いからふるさと納税をすれば、さらにお得になります。

期間固定Tポイントもふるさと納税の支払いに使えるので、失効間近のポイントがある方にも最適な使い道です。寄付先の自治体が5つ以下ならワンストップ特例制度を利用でき、確定申告も不要です。

Tポイントを貯めている人でふるさと納税をお考えの方には、Yahoo!公金支払いのふるさと納税が絶対オススメです。やってみれば意外と簡単なものですから、ぜひこのお得な制度を利用してみてくださいね!

どのクレジットカードを選べばよいかお悩みのあなたへ

クレジットカードにはレストランやレジャー施設を割引価格で楽しめる優待が利用できるのをご存知ですか?
ポイント還元だけでなく、様々な優待で日常をお得に楽しめるのがクレジットカードなのです
起業してる方のビジネスサポートもしてくれます
ただし、クレジットカードを所有するには審査に通過する必要があります
あなたの状況から所有しやすいクレジットカードを最短2問・最高4問で提案
クレジットカードの種類が多すぎて、どのカードを選べばよいか分からないあなたにもおすすめ
1,000種類以上のクレジットカードの中から、あなたの目的に合った最強のクレジットカードが数十秒で見つかる

自分にあったクレジットカードを見つける自分にあったクレジットカードを見つける

クレジットカードを診断するクレジットカードを診断する
あなたへの最強のカードは?
最短2問であなたの目的にあった最強のクレジットカードが分かる!
PAGE TOP