デビットカード
デビットカードの選び方!おすすめのデビットカードも紹介

デビットカードはクレジットカードと違い、支払いをした直後に銀行口座等からお金が引き落とされますので、実際に現金で支払ったかのような感覚で使えるのが魅力です。

口座に入っているお金しか使えませんので、使いすぎの心配がなく、クレジットカードでは少し不安を感じるという人でも、使いやすいでしょう。

デビットカードにも色々な種類があるので、いざ作ろうとすると、どこの会社のカードがいいんだろうと迷ってしまうこともあると思います。

自分にあったデビットカードを見つけるには、どこを比較すれば良いのか、デビットカードの選び方のポイントについてまとめました。

これからデビットカードを作ろうと思っている人は、ぜひ参考にしてください。

デビットカードを選ぶ時に注目すべきポイント

それでは、デビットカードを比較するときに見て欲しいポイントについて、順番に解説していきましょう。

コスパも重視したいですし、特典についても自分が必要としているものがついているかどうかが大事です。

年会費はいくらか

年会費は無料のデビットカードが多いですが、中には1,000円程度の年会費がかかるものもあります。

年会費がかかるものがよくないというわけではなく、その年会費をかけただけのメリットがあるかどうかを考えることが大切です。

例えばポイント還元率が高く、買い物のほとんどをデビットカードで済ませるならば、そのポイントで年会費の元はすぐに取れるでしょう。

場合によって、年間の利用額等によって、年会費が無料になるものもありますから、割引要件などもしっかり確認する必要があります。また、年会費が無料のものよりも、年会費がかかっているものの方が、特典が充実している場合が多いです。

基本的には年会費無料のものをおすすめしますが、自分が求める特典がついているならば、年会費がかかっても問題ありません。

発行手数料がかかるか

年会費とは別に、発行手数料を取られることがあります。

年会費は無料だけれど、発行手数料が1,000円、などと書いてあることもあるので、ここもしっかり確認しましょう。

国際ブランドはどこが使えるか

主要な国際ブランドというと、

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB

国際ブランド

この3つです。これらが使えるカードなら、大抵のお店で買い物ができるでしょう。

最も使える店が多い(シェア率が高い)という点でいうと、VISAが一番。VISAがついたカードなら、どこへ行っても困ることはないと思います。

ポイントのつき方やポイントの交換先も大事

クレジットカードと比べると、デビットカードのポイント還元率はそれほど高くなく、0.5%程度のものが多いです。

少しでもポイントを貯めて、お得に使いたいという人は、いくらに対して何ポイントつくのかという点についても、しっかり比較したいところです。

デビットカードはクレジットカードと違い、その場で引き落とされるので、あとでまとめて支払額に対してポイントがつくのではなく、1回の利用金額に対してポイントがつきます。

ですから、200円で1ポイントと1,000円で5ポイントでは、還元率は同じなのですが、後者は小さな買い物では無駄になってしまう部分が多いです。

いくらに対してポイントがつくのか、できるだけ小さな単位でポイントをつけてくれるデビットカードの方がお得だといえます。

また、貯めたポイントを何に交換できるのか?という点も重視したいところです。

他社のポイントやマイルに交換できるのか、ギフトアイテムなどに交換するしかできないのかは、大きな違い。

交換先が多い方がお得になりますので、ポイントを貯めて何をしたいのか?という点もよく考えて、比較しましょう。

キャッシュバックがあるか

デビットカードは、ポイントを別のポイントに交換するのではなく、キャッシュバックという形で口座に振り込んでくれるものもあります。

還元率はそれほど高くないものが多いのですが、いちいちポイントに交換するのが面倒だとか、いつも交換する前に失効してしまうという人は、キャッシュバックしてくれるデビットカードの方が無駄が少ないでしょう。

付帯保険などがついているか

デビットカードは、クレジットカードと同じように、付帯保険がついているものもあります。ただ、その内容はカードごとに違い、補償される金額にも幅があります。

特に保険を重視しない人はいいのですが、できれば充実した保険が付帯しているカードがいいという人は、補償の内容もよく比較しましょう。

デビットカードって海外でも使えるのね!それなら、普通に現金を使っているような感覚で、海外でもお買い物ができていいわね!
そうだね、チップなど本当の現金が必要になった時でも、海外ATMが使えるデビットカードなら、さらに便利だよ。

これが便利!おすすめのデビットカード2選

それでは、数あるデビットカードの中でもおすすめの2枚をご紹介しましょう。

旅行保険が付帯する三菱UFJデビット

三菱UFJデビットは年会費が無料ですから、一切コストがかかりません。

国際ブランドはJCBとVISAのどちらかが選べますが、ブランドによって付帯特典が大きく変わります。どちらがより自分に合っているか、よく比較しましょう。

JCBブランド

  • JCBプラザラウンジ利用可能
  • 最高3,000万円の海外旅行保険付帯
  • 最高3,000万円の国内旅行保険付帯
  • 海外ショッピング保険保険付帯
  • ハワイでワイキキトロリー無料
  • ポイント還元率:0.3~0.5%(OkiDokiポイント)
  • OkiDokiランド経由のネットショッピングでポイントアップ
  • 提携ポイント、マイルへ交換可能
  • カード不正使用500万円まで補償

VISAブランド

  • 話題のGarmin Pay(ガーミンペイ利用可能
  • 0.2%自動キャッシュバック
  • 最大100万円の国内ショッピング保険
  • 最大100万円の海外ショッピング保険
  • カードの不正使用100万円まで補償

三菱UFJデビットガーミンペイ

旅行好きの方なら、旅行保険が付帯するJCBブランドがおすすめです。

三菱UFJデビット

公式サイトへ

カードの詳細へ

PayPayユーザーに便利、ジャパンネット銀行Visaデビットカード

ジャパンネット銀行のデビットカードは、国際ブランドがVISAになっています。口座を開設すると、キャッシュカードについてきますので、デビットカードとキャッシュカードが一体になったカードが届きます。

年会費や発行手数料は無料で、VISAですから海外でももちろん使えますし、海外ATMでのキャッシングも可能ですから、海外旅行にも便利な1枚です。VISAのタッチ決済にも対応しているカードなので、お買い物もスムーズです。

また、買い物をすると、500円ごとに1JNBスターが貯まります。1JNBスターは1円相当として使えますので、ポイントが貯まったら現金に交換して口座に入金してもらえます。

旅行の保険はついていませんが、万が一カードを不正使用された時には500万円まで保障してくれますので、安心です。

もう一つ便利な点があります。PayPayマネーを使っている人は、出金の際に、ジャパンネット銀行を利用すると、出金手数料がかかりません。

PayPayをよく利用される方は、ジャパンネット銀行の口座を開設し、VISAデビットカードを紐付けておくと、ポイントも貯まりますし、PayPayマネーを現金化するときもお得になります。

ジャパンネット銀行Visaデビットカード

公式サイトへ

カードの詳細へ

クレジットカードよりデビットカードを使った方が良い方

現金を持たなくてもいいという意味では、クレジットカードも同じことです。

しかし、後払いか即時払いかという違いがありますので、クレジットカードよりはデビットカードの方がメリットが大きいであろうという人もいるのです。

クレジットカードの審査に通りにくい方

クレジットカードは、カード会社が支払いを立て替えてくれるシステムですから、使ったお金を後で返済しなくてはなりません。

ですから、カードを作るには返済能力が重視されます。当然ですが、審査があり、安定した収入がないと審査に落ちてカードを作れないこともあります。

その点、デビットカードなら、銀行口座があれば作れるので、審査の必要がありません。

通常はクレジットカードが作れない未成年、高校生でも、口座を持っていれば作れます。

クレジットカードの審査が不安だという人は、デビットカードの方が良いでしょう。

カードの使いすぎが心配な方

クレジットカードにも利用限度額がありますから、好きなだけお金を使えるわけではありません。しかし、銀行口座にあるお金以上の限度額が設定されることはよくあることです。

銀行には常に10~20万円しか入っていないけれど、利用限度額は50万円となっている場合、手持ちの現金以上に使えることになるので、うっかり使いすぎてしまう心配があります。

そんな心配がある人は、デビットカードの方が安心です。

デビットカードは銀行の残高以上に使うことはできませんので、万が一残高が足りない状態でお買い物をしても、支払いが完了しないのです。

デビットカードのメリットを紹介している記事もご用意してますので、是非あわせてご覧くださいね。

銀行口座にあるお金しか使えないというのは、やはり安心材料だよね。ないものは使えないから、使いすぎの心配もない。お財布のような感覚でカードを使いたいなら、クレジットカードよりもデビットカードの方がいいね。

デビットカードは自分が重視する特典で選ぼう

デビットカードのほとんどは年会費無料になってきていますし、ネット銀行ですと、キャッシュカードと一体になっていて、口座開設と同時に作れるものも多いです。

デビットカードを作る際には、自分がどの特典を重視したいかによって、よく比較して選びましょう。

少しでもポイントが多い方がいいか、それとも自動でキャッシュバックしてくれるシステムがいいか、またはショッピング保険など付帯している補償の手厚さで選ぶか。

デビットカードに求めるものは人それぞれなので、自分が何を重視するかをまず決めて、それから比較してみると、自分にあったデビットカードがきっと見つかります。

どのクレジットカードを選べばよいかお悩みのあなたへ

クレジットカードにはレストランやレジャー施設を割引価格で楽しめる優待が利用できるのをご存知ですか?
ポイント還元だけでなく、様々な優待で日常をお得に楽しめるのがクレジットカードなのです
起業してる方のビジネスサポートもしてくれます
ただし、クレジットカードを所有するには審査に通過する必要があります
あなたの状況から所有しやすいクレジットカードを最短2問・最高4問で提案
クレジットカードの種類が多すぎて、どのカードを選べばよいか分からないあなたにもおすすめ
1,000種類以上のクレジットカードの中から、あなたの目的に合った最強のクレジットカードが数十秒で見つかる

自分にあったクレジットカードを見つける自分にあったクレジットカードを見つける

クレジットカードを診断するクレジットカードを診断する
あなたへの最強のカードは?
最短2問であなたの目的にあった最強のクレジットカードが分かる!
PAGE TOP